黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

体にとても良い黒酢。

お料理にも使えるし、炭酸やお水などに割って飲むことができるのでとても良いのです。

栄養がたくさん入っているので、健康のためには、取りたいお酢の1つですね。

黒酢は、玄米や大麦を使って、1年から3年と長い間じっくり発酵させて熟成させて作られています。

玄米や大麦を使っているので栄養素がぎゅーっと詰まっているのです。

そんな黒酢ですが、どのくらい持つものか知っていますか?

普段あまり気にしたことがないかもしれないですよね。

お酢だからすごく長く持つのでは!?と思っている人もいるのではないでしょうか?

しっかり保存したりしなければ、すぐに傷んでしまうこともあるのです。

これから黒酢の賞味期限や、保存方法など詳しくお伝えしたいと思います。

参考にしてみてくださいね。

また、いろんな調味料の賞味期限についてはこちらに詳しくまとめているので、合わせて参考にしてください。

黒酢の賞味期限はどれくらい?

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

黒酢の賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

一応製造されてから、2年となっています。

でも黒酢は発酵食品なので、ワインのようにおけばおくほどまろやかになっていくのです。

涼しい場所でしっかり保管する必要がありますよ。

温かくなる場所においておくと、どんどん発酵が進んでいってしまうのです。

開封後は、常温で置いておくどんどん発酵が進んでいくので冷蔵庫で保管する方が良いですよ。

冷蔵庫に入れた場合は、やく半年で使い切るようにしましょう。

冷暗所などの場所で常温で置いたなら、3ヶ月いないには使い切りましょう。

  • 未開封: 製造から約2年
  • 開封後: 涼しい場所で常温保存 約3ヶ月
  • 開封後: 冷蔵庫 半年

という風になっています。

未開封なら長く持つものです。

開封後は味や風味が落ちていくのでなるべく早めに使い切るのが良いですよ。

賞味期限切れの黒酢はいつまで使える?

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

そのまま常備してあった黒酢が賞味期限が切れていたなんてこともありませんか?

誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

そのまま使って良いのか、捨てた方が良いのかって迷いますよね。

黒酢の場合は、発酵食品なので腐ることはないのです。

でも、味や風味は落ちて、酸味が抜けて美味しくなくなってしまうこともあります。

黒酢の場合は、賞味期限がついているので、期限がすぎても使えないわけではありません。

多少日数がすぎていても使うことができるので大丈夫ですよ。

半年過ぎていたものでも大丈夫な時があります。

でも未開封の場合に限ります

開封後は、空気に触れているのでどんどん劣化していってしまうので、美味しいうちになるべく早めに使う方が無難です。

賞味期限が切れているものを使うときは傷んでいないか、変になっていないかをチェックしてから使うようにしてくださいね。

賞味期限から1年過ぎたものは使わない方が良いですよ。

黒酢って腐るとどうなるの?

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

発酵食品なので、腐ることはないのですが、空気に触れればお酢の中の成分が劣化していってしまいます。

だから味も落ちて美味しくなくなってしまうのです。

酢酸には、強い殺菌作用があるので、菌も酢の中では生きていられないそうですよ。

  • 酸味が抜けている
  • 味が変になっている
  • 匂いが変になっている
  • 白い膜のようなものが浮いている

ちょっとでも変だなぁとかいつもと違うと感じたら、無理して食べないで処分するまたは、別な用途に使うようにしてくださいね。

黒酢を開封後の正しい保存方法は?

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?

黒酢の正しい保存方法はどうしたら良いか知っていますか?

  • 未開封: 直射日光が当たらない涼しい場所で常温保存
  • 開封ずみ: しっかり封をしめて冷蔵庫で保存しましょう。

開封済みもしっかり蓋をしめて常温保存することもできますが、長くもたせたいときは、冷蔵庫に保存する方が良いですよ。

高温になる場所には絶対に置かないでくださいね。

発酵が進んでしまったり、劣化するスピードが早まったりしてしまいます。

酢をできるだけ劣化させないように保存して美味しく使えるようにしましょう。

黒酢が賞味期限切れ!いつまで使える?腐るとどうなるの?保存方法は?のまとめ

黒酢の賞味期限や保存方法などについてお伝えしました。

未開封なら製造から約2年、開封したものは、常温で3ヶ月、冷蔵で半年です。

常温で保存するときは、直射日光が当たらない場所で、涼しいところにおくようにしてくださいね。

高温になるところだと、発酵が進んだり、劣化のスピードが早まったりしてしまうので注意が必要ですよ。

お酢は腐るというよりは劣化していくのです。

開封した後で、ちょっとでも長く保存しておきたいときは、冷蔵庫がおすすめです。

しっかりと口を閉めて保存してくださいね。

期限が切れてもすぐに使えなくなるわけではないので、使う前にしっかりと傷んでいないかチェックしてから自己責任の元で使うようにしましょう。

ちょっとでも変だなぁとか、いつもと違うなぁって感じたときは、使うのをやめてくださいね。

もし、食べられなくなってしまっていたら、お掃除とかにも使うことができるので、別な用途に役立てましょう。

また、黒酢がないときの代用や、他の酢とのちがいについてはこちらに詳しくまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です