レモン汁の代用に使えるものは?すだち・かぼす・みかん・ライムはOK?

レモンの代用品は?

お菓子や揚げ物、肉料理を作る時、レモン汁を使いたいのに、スーパーに買いに行っても、レモンが品切れ。

なんてがっかりしたことありませんか?

または、一個買ったけど、使い切れずにラップして冷蔵庫に保存していたら、すぐに傷んでしまって使えなくなっていたなんてことも、たまにあります。

いざ使いたいと思った時にレモンがない。

なんて困った時に役立つ、レモン汁の代用として使えるものをご紹介したいと思います。

良かったら参考にして下さいね。

レモン汁の代用に使えるものは9つ!

レモン汁の代用品は?

お酢にも酸味があり、レモン汁の代用として使えます。

ですが、レモンのような風味はありませんので、香り付けに使いたい場合の代用には向きません

例えば、お菓子作りの時にレモン汁を使うのは、さっぱりとした風味をつけるのが目的です。

お酢を使うと、イメージと違ったお菓子が出来上がるのでそれ以外の料理に使うときに代用できると言えます。

酢には、レモンにも含まれるクエン酸が含まれています。

食材の変色を抑えたり、お肉を柔らかくする効果がありますので、レモンと同じように使えそうです。

ポッカレモン

ポッカレモンは、凝縮されたレモン果汁です。

ですので、レモン汁の代用として一番最適なものといえます。

手軽に購入できますし、保存可能期間も長めですので、ご家庭に常備されている方も多いのではないでしょうか?

ポッカサッポロのホームページを見ると、次のように書かれています。

 

「ポッカレモン100」は保存料無添加・濃縮還元100%のレモン果汁です。

生のレモンと同じように、さまざまな料理や飲み物にご利用いただけます。

 

ポッカレモン100を使う場合の目安

・レモン1個分:約30ml(大さじ2杯)

・レモンスライス1枚分:約3ml

ポッカサッポロのホームページ

濃縮100%ですので、簡単に生レモンを搾ったように使えそうですね。

ほかには、保存料無添加ですので、開栓後は冷蔵庫に保存し、1~2週間を目安になるべく早く使い切ることも推奨されていました。

ライム

レモンと同じ柑橘系で、代用品として使えそうです。

ただ、レモンとは香りが少し違う為、少し味は変わりそうです。

カクテルや飲み物でも、レモンとライムを使ったもので名前が違ってくるので、風味が違うのが分かりますよね。

ですが、ライムも爽やかな風味を感じられますので、代用品としておススメです。

焼き魚や唐揚げなどにライムを添えると、美味しいですよ。

ゆず

ゆずもレモンと同じ柑橘系ですので、代用品として使えます。

ですが、香りや味がレモンとは少し異なります。

ですので、まったく同じ仕上がりにはなりませんので、料理によって使い分けた方が良さそうです。

クエン酸

クエン酸はレモンにも含まれている成分です。

お菓子作りなどに、レモン汁の代用としてクエン酸を加えたりでき、代用できます。

クエン酸をレモン汁の代用として使うときの目安量は、レモン汁小さじ1杯であれば、クエン酸小さじ1杯。

レモン汁と同量で良さそうです。

ただし、食品用として売られているものと、掃除用として販売されているものがあります。

違いは純度の違いで、一般的に掃除用には『口にしないで』などの注意書きがされています。

料理に使う場合は、必ず食用のクエン酸を選びましょう。

100均でも気軽に購入できますが、間違って掃除用のものを使わないよう、表記をチェックしましょう。

グレープフルーツ

グレープフルーツは、お菓子作りなどにレモンの代用品として使えます。

果汁100%のグレープフルーツジュースなら、絞る手間も省け、簡単で便利ですよ。

ですが、グレープフルーツには苦みもあるので、加える量を調整した方が良さそうです。

お子様向けの味に仕上げる場合は、加える量を減らしてみると良いと思います。

シークワーサー

沖縄の柑橘系で有名なシークワーサーも、酸味がありレモン汁の代用として使えます。

シークワーサーを使ったドリンクやお菓子は、さっぱりしていて美味しいですよね。

他の柑橘系と同じく、レモンとは風味は異なりますので、仕上がりも違います。

レモン汁の代用として使うときは、少しずつ加えながら、風味を確認しながら使う事をおススメします。

すだち

同じ柑橘系のすだちは、爽やかな風味をプラスしたい場合の代用に向いています。

すだちもレモンと風味は全く違うので、同じにはなりません。

すだちは、すがすがしい香りと酸味が特徴です。

すだちならではの香りと酸味が料理の味を引き立ててくれるので、焼き魚や煮物、松茸料理など和風の料理に使うのがおススメです。

また、香り成分は皮の部分に多く含まれていますので、皮ごと料理に使うと、風味がより広がりますよ。

かぼす

かぼすも柑橘系のひとつで、レモン汁の代用として使えます。

やわらかい酸味が特徴です。

控えめな酸味なので、料理に合わせやすく、レモンの酸味が苦手だという人に向いています。

ほどよく爽やかでサッパリさせたいときにレモン汁の代用として使うといいかもしれません。

ポン酢に使われたり、かぼすも和風の料理によく合います。

レモン汁は料理やお菓子作りでどんな役割があるの?

レモン汁の代用品は?

臭みを取る。

レモンの香り成分であるリモネンは、食材の臭みを和らげる効果があります。

肉の下準備の際にレモン汁を揉みこんだり、焼き魚やステーキなどの肉料理の仕上げにかけると、魚や肉独特の臭みを和らげてくれます。

肉を柔らかくする。

レモンに多く含まれるクエン酸には殺菌効果があり、他にも肉の繊維をほぐし柔らかくしてくれる効果があります。

肉を加熱する前にレモン汁に浸したり、煮込む際にレモン汁を加えると、柔らかくジューシーに仕上がります。

また、レモン汁には肉の保水性を高める効果もあります。

肉の水分が抜けると硬くなる原因の一つでもありますが、パサつきやすい鶏胸肉や豚ヒレ肉などにレモン汁を使うと、レモンの効果を感じられ、おススメです。

変色を抑える。

レモンに含まれるビタミンCには、酸化反応を抑制する働きがあり変色を抑えてくれます。

りんごやごぼう、アボカドなど、変色しやすい食材にレモン汁をかけておくと、変色を防げます。

味や風味を良くする。

ジャムなどにレモン汁を加えると、フルーツの甘みをレモンの酸味が引き立ててくれます。

また、マヨネーズやドレッシングなどに数滴レモン汁を加えたり、焼き魚や唐揚げにレモン汁をかけると、爽やかな香りが広がり、すっきりとした味わいになります。

レモン汁は、アジア料理から西洋料理、デザートやジャムなど幅広い料理の香り付けに活用できます。

レモン汁の代用品は?

お菓子作りの時

レモン汁の代用として使うときは、ポッカレモン、クエン酸がおススメです。

created by Rinker
¥162 (2021/05/12 12:34:30時点 楽天市場調べ-詳細)

甘さ控えめのジャムも、お菓子作りの際にはレモン汁の代用として使えます。

ジャムは果物が持つクエン酸やビタミンCが含まれています。

レモン汁の代用として効果を得るには、果汁量が多く、砂糖をあまり使用していないジャムを使いましょう。

ジャムはお菓子作りのほか、肉料理との相性も良いですので、レモン汁の代わりというより、置き換えとして使ってみてください。

チーズケーキであれば、酸味のあるヨーグルトやサワークリームを使うのもおすすめです。

同時に生クリームの分量を控えれば、カロリーも抑えられますし、さっぱりとしたさわやかなチーズケーキが作れます。

レモン汁の代用として適さないものは?

レモン汁の代用品は?

みかん

レモンと同じ柑橘系ですが、みかんは程よい酸味と甘みがあります。

みかんをレモン汁の代用として使うと、どうしても甘みが先行してしまう為、味が変わってきてしまい代用品としては向きません。

(みかんのものによって、酸味や甘みも違いますが)

レモンとは別物として、代用品ではなく置き換え品として使うならいいかもしれません。

レモン汁を使った飲み物やお菓子を作りたいけど、酸味が苦手。

だけれど柑橘系のさわやかさが欲しいという方には、別物として使うには合っているかもしれません。

キレートレモン

ポッカレモンと同じ、ポッカサッポロから販売されているレモン味の飲料です。

飲むとレモンの風味もあり、かなり酸っぱく感じ、代用として使えそうな気もします。

ですが、キレートレモンは果汁20%、キレートレモンCは果汁10%未満です。

砂糖や添加物も入っていますので、レモン汁の代用としては使えないかと思います。

レモン汁の代用に使えるものは?すだち・かぼす・みかん・ライムはOK?まとめ

レモン汁の代用品は?

レモン汁の代用として、おススメはポッカレモンです。

その他、お酢、クエン酸、すだち、かぼす、ライムなどの柑橘系も代用品として使えます。

ですが、レモンの風味とは異なりますので、使用する用途や料理によっては合わなかったり、量を調整して代用しましょう。

みかんは、甘みの少ないものなら代用出来そうですが、どうしても甘みがありますので代用としてではなく、置き換えとして別料理としてなら使えそうです。

レモンがない!!なんて時に、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です