マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

マンゴスチンはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB5のパントテン酸とカリウムなどのミネラルと、ポリフェノールが入っている果物なのです。

とても甘くて、見た目はライチに似ているのですが柔らかくて口に入れるととろけてしまう感じが大好きです。

そんなマンゴスチン、たまに手にすると、賞味期限ってどのくらいだったかしら、保存方法はどうしたら良いの?って迷うこともしばしば。

そんな時に役に立つ情報をご紹介いたします。

頭の片隅に入れておくと便利ですよ。

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

マンゴスチンの賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

果物の女王と呼ばれているマンゴスチン。

トロピカルフルーツの代表的なものなのです。

マンゴスチンはあまり日持ちしない食べ物です。

  • 冷蔵庫に入れて買ってから3日から5日
  • 冷凍庫で保存したら1ヶ月

となっています。

なるべく美味しいうちに早めに食べ切ることをオススメします。

どうしても食べきれない時は、冷凍すると良いですよ。

そうすると長く保存することができます。

常温保存することはできません。

必ず冷蔵庫または冷凍庫に入れてくださいね。

賞味期限切れのマンゴスチンはいつまで食べられる?

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

賞味期限が過ぎたマンゴスチンは食べることができるのでしょうか?

多少すぎても食べることはできます。

ただ、食べる前に傷んでいないかしっかりチェックする必要がありますよ。

色が紫色になってきたら、鮮度が落ちてきています。

もともと、マンゴスチン は少し押すと皮に弾力があって柔らかくなっています。

古くなってくると皮が固くなってくるので触ってもわかりやすいので見分けがつきますよ。

ちょっとでも変だなぁって感じたら食べるのをやめて処分してくださいね。

マンゴスチンって腐るとどうなるの?

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

マンゴスチンが腐ってしまうとどうなるのでしょうか?

  • 皮の部分の色が変わってきている。
  • 皮が紫色ぽくなっている。
  • 果肉の部分が変色している。
  • 変なニオイがしている。
  • じゅくじゅくになってきている
  • カビが生えてきている。
  • 味が変になっている。
  • 酸っぱい味がしている。
  • 水気が出てヌルヌルになってきている。
  • 皮がすごく固くなっている。
  • 霜がついていて冷凍やけをしている。

というような感じになっていたら食べるのをやめて処分しましょう。

見た目は大丈夫でも、中の果肉の部分がすでに傷んでいたなんてこともあるのでよくチェックしてくださいね。

乾燥してくると、シワシワに皮がなってくるのですが、少しだけシワシワしているなぁというぐらいなら、まだ傷んでいないので食べても大丈夫ですよ。

ポリフェノールの影響で少しだけ実の部分が茶色くなっていることもあるのです。

その場合は、食べても大丈夫です。

ただ、気になる時は、その茶色の部分だけ取り除いてから食べるようにしましょう。

あまり日持ちする果物ではないので、なるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

マンゴスチンを長持ちさせる保存方法は?

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

マンゴスチンの保存方法はこちら。

マンゴスチンは乾燥にとても弱く傷みやすい果物です。

なるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

常温保存はできません。

冷蔵保存

濡らした新聞紙またはキッチンペーパーでマンゴスチンを包みます。

ビニール袋など密封できる容器に入れてしっかり留めてから、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

冷凍保存

皮の剥き方

  1. まずマンゴスチンの皮を取ります。
  2. 皮の取り方はこちら
  3. ヘタの部分をぐっと果実の方に押します。
  4. 皮に先目ができたら、そこから皮を剥がします。
  5. ヘタを取り除いて、実を取り出します。

手でむくときの方法の動画です。

冷凍保存の仕方

  1. 果肉のみを1つずつラップで包みビニール袋に入れます。
  2. 冷凍庫へ入れましょう。
  3. 食べるときは、自然解凍で大丈夫ですよ。

たくさんマンゴスチンがあって消費に困ったら、マンゴスチンゼリーやマンゴスチンのフルーツブランデーを作っておくのも良いですよ。

マンゴスチンブランデー

材料: ブランデー、マンゴスチン、煮沸した瓶

作り方

  1. マンゴスチンの実を取り出しておく。
  2. 煮沸した瓶に好きなブランデーとマンゴスチンを入れてつけておく。
  3. 3日つけておいたら出来上がり。

そのまま食べたり、お料理の香りづけに使ったりと色々使えるので良いですよ。

マンゴスチンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?のまとめ

マンゴスチンの賞味期限や保存方法、腐るとどうなるのかなど詳しくご紹介いたしました。

果物の女王と呼ばれているマンゴスチン。

甘くてとろけてしまうぐらい柔らかな実なのでついつい食べすぎてしまいそうになりますよ。

マンゴスチンは日持ちがあまりしません。

買ってきたらなるべく早めに食べ切ることがオススメです。

乾燥にも弱いので、湿らしたペーパーや新聞紙で包んでからビニールに入れて冷蔵庫の野菜室で保存してくださいね。

どうしても食べられない時は、冷凍保存しましょう。

美味しいマンゴスチン、上手に保存して美味しく食べてくださいね。

また、いろんな果物の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です