マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?

今話題のマリトッツォ。

たっぷりの生クリームがインパクト大で、SNS上などでは映えると大人気のスイーツとなっています。

そんなマリトッツォですが、お菓子屋さんだけでなく、スーパーやコンビニなど気軽に買えるところが多くなってきました。

買ってきて直ぐに食べるのが理想ですが、そうじゃないときももちろんあるかと思います。

時間をおいてしまうと気になるのが、賞味期限などですよね。

そこで今回は、マリトッツォの賞味期限や正しい保存方法などご紹介していきます。

マリトッツォの賞味期限はどれくらい?

マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?

マリトッツォの賞味期限は、保存方法別に変わってきます。

それぞれみていきましょう。

常温保存の賞味期限

常温保存の賞味期限は、1~2時間程度です。

基本的には、持ち帰る時間や食べるまでの間の時間しか常温で保存することは出来ません。

マリトッツォは、常温で保存しておく時間が長いと、生クリームが緩くなりドロドロ溶け出してきてしまうので、食べることは難しくなってきます。

ですので、常温で置いておくのは止めるようにしましょう。

ただし、商品によっては常温で置いておけるものもあります。

必ずパッケージなどで保存法など確認してくださいね。

 

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存の賞味期限は、3~5日ほどとなっています。

パン屋さんや洋菓子店などで売られているものは、当日~翌日などわりと短いものがありますが、コンビニやスーパーなどで売られているものは5日ほどと若干長くなっています。

とはいえ、マリトッツォは生クリームが原料なので早めに食べきるようにしましょう。

また、期限はお手元のパッケージなどしっかり確認してくださいね。

 

冷凍保存の賞味期限

冷凍保存の賞味期限は、1ヶ月程度となっています。

マリトッツォは、冷凍で売られているものも多いのですが、その商品によって期限も様々です。

おおよそ1ヶ月ほどはもつものも多いですが、中には、数日、1~2週間程度など短いものもありますので、冷凍したとしても出来るだけ早めに食べきるようにしましょう。

賞味期限切れのマリトッツォはいつまで食べられる?

マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?

賞味期限の切れたマリトッツォですが、まず常温や冷蔵で保存していたものは食べることは出来ないでしょう。

マリトッツォはパンに挟まれていますが、分類的にはケーキのような生菓子に近い状態です。

ケーキでも分かるように、生菓子の場合には日に日に劣化が進んでしまうので、期限切れ後などは食べられる状態のものはほぼないかと思います。

生クリームを原料にしているので、どうしても傷みやすいので期限をしっかり守って食べきるようにしてください。

ちなみに、冷凍の場合には期限が切れても少し食べられることがあります。

 

目安ですが、冷凍後期限が切れてから1週間程度でしょう。

ただし保存状態によっては食べられないということもあるので必ず状態を確認してから自己責任で食べるようにしてくださいね。

マリトッツォって腐るとどうなるの?

マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?

マリトッツォは傷みやすいですが、完全に腐ってしまうとどのようになるのでしょうか。

腐ってしまったマリトッツォの状態

・カビが生える

 

・生クリームがドロドロになる

 

・生クリームが固くなる

 

・ネバネバした糸をひく

 

・パンの部分が固くなる

 

・全体的にパサパサになる

 

・酸っぱいようなニオイがする

 

・食べると酸っぱさや苦みなどを感じる

などの状態が見られます。

物によっては、買ってきた翌日には傷み始めてしまうものもありますので、少しでもおかしいと思ったら破棄するようにしましょう。

マリトッツォが余ったときの保存方法は?

マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?

マリトッツォが余った時には、冷蔵または冷凍保存となります。

それぞれの保存方法の仕方についてみていきましょう。

冷蔵保存の仕方

①タッパーなどの容器を用意する

②今回はタッパーの使い方を上下逆にする

③蓋の部分にマリトッツォをのせる

④上からゆっくりと容器の部分を蓋にはめる

⑤冷蔵庫へ入れて完成

 

冷蔵保存するときには、タッパーを上下逆にするのがオススメです。

 

お皿にラップでも良いのですが、この方法のほうがより乾燥やニオイ移りから守ることが出来ます。

 

容器を使うとしっかり密閉出来るので良いですよ。

 

冷凍保存の仕方

①マリトッツォを1つずつラップに包む

②ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり封をする

③金属トレーの上に乗せて冷蔵庫へ入れる

④急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

冷凍するときには、ラップで1つずつしっかりしたうえで密閉袋に入れた方が場所も取らず保存がしやすいでしょう。

 

ただし、冷蔵保存のように容器を使うことも出来ますので、お好みの方法で保存してくださいね。

解凍方法

解凍する場合には、食べる半日ほど前に冷蔵庫へ移して自然解凍するようにしましょう。

また急いでいる場合には、常温で30分ほど置いておくとちょうど食べ頃にはなりますが、暑い時期などは傷みやすいので冷蔵庫で解凍するようにしましょう。

マリトッツォの賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったときの保存方法は?のまとめ

マリトッツォの賞味期限などご紹介しました。

・常温保存の賞味期限は、1~2時間程度

・冷蔵保存の賞味期限は、3~5日ほど

・冷凍保存の賞味期限は、1ヶ月程度

 

腐ってしまったマリトッツォの状態

・カビが生える

・生クリームがドロドロになる

・生クリームが固くなる

・ネバネバした糸をひく

・パンの部分が固くなる

・全体的にパサパサになる

・酸っぱいようなニオイがする

・食べると酸っぱさや苦みなどを感じる

 

マリトッツォが余った場合には冷蔵や冷凍保存する

マリトッツォは日持ちはあまりしません。

買ってきて直ぐに食べるのが良いですが、難しい場合には冷凍してしまうと長く楽しめるので是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です