メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

メロンといえば高級なイメージがありますね。

子供のころ食卓に出てくるとテンションが上がりました。

でも食べてみると、もうちょっと熟してからの方が良かったなとか、逆にもっと早く食べれば良かったなとか感じたことないですか?

せっかくならおいしいタイミングで食べたいものです。

そこで、メロンの食べごろを知るためにも傷みの目安や正しい保存方法など詳しく調べてみました。

また、いろんな果物の賞味期限についてこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

メロンの賞味期限はどれくらい?

メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

そもそもメロンの賞味期限ってどのくらいなのでしょうか。

丸ごとのメロンなら収穫後5~7日が食べごろのようです。

カットメロンの場合は、冷蔵庫に入れてから2~3日程度が賞味期限となります。

このおいしいタイミングを逃してしまうと発酵が進んでおいしくなくなってしまい、やがて腐っていきます。

詳しい保存の仕方は後ほど詳しくご紹介しますが、食べごろになったメロンはできるだけ早く、2~3日の間に食べてしまうのが良いでしょう。

メロンの底を軽く押してみると柔らかくなっており、そしてメロン特有の甘い香りが感じられるようになれば食べごろのサインです!

メロンは腐ると苦いって本当?

メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

では賞味期限が切れて腐ってしまったメロンはどうなるのでしょうか。

まず見た目としては中がドロドロになったり、種が黒くなったりします。

そして食べると苦味を感じ、舌がピリピリすることがあります。

メロンなどのウリ科の植物はククルビタシンという苦味成分が含まれていて、苦味を感じる原因になります。

またメロンにはたんぱく質分解酵素が含まれていて熟しすぎるとこれが原因で舌がピリピリと感じます。

ククルビタシンは場合によっては食中毒を起こすとも言われています。

苦味を強く感じた時は食べるのを控えた方が良いですね。

メロンの傷みを見分ける方法は?

メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

メロンがどこまで熟しているのか、また傷んでいるのかどうか見分けることができるのでしょうか。

ポイントをいくつかご紹介します。

まずマスクメロンなどの網目のあるメロンですが、網目の間隔が均等デコボコと盛り上がっているものがおいしいメロンです。

網目の大きさがバラバラで、盛り上がりの少ないツルツルしたものは選ばないほうが良いです。

そしてプリンスメロンなどといった網目のないメロンは、表面の皮がきれいなものがおすすめです。

黒いぶつぶつやスジが入っているものは避けましょう。

他にも明らかに匂いがおかしいものや、変な汁が出ていたり、指で触った時にかなりへこんでしまうものは傷んでいる可能性が高いです。

メロンの正しい保存方法は?

メロンの賞味期限はどれくらい?腐ると苦いって本当?

皆さんはどのようにしてメロンを保存していますか?

メロンを一番おいしいタイミングで食べるために正しい保存方法を知りましょう。

メロンを追熟させる

まずメロンは食べごろになるまで追熟させる必要があります。

熟していないメロンは硬く、甘さもないためおいしく食べることができません。

丸ごとのメロンは収穫後5~7日かけて追熟させます

メロンによっては収穫日が記されたシールが貼られていたりチラシが入っていたりするので確認するようにしましょう。

冷暗所で保存

そして風通しがよく、直射日光の当たらない冷暗所で保存します。

20~25℃の範囲で追熟させるのが理想のようです。

そして食べごろになったら冷蔵庫に入れて冷やして食べましょう。

冷蔵庫で保存

切ってから冷蔵庫に保管する場合は種を取りラップに包んで冷やしましょう。

カットしたメロンは果肉の水分が失われないようにしっかりと密閉する必要があります。

ラップで切り口をぴったりと覆い、さらにポリ袋に入れて保管することで冷蔵庫での乾燥を防いでくれます。

メロンを冷蔵庫に入れるときに気を付けること

ここで気を付けなければならないのが、メロンは一旦冷蔵庫に入れてしまうと追熟が止まってしまうということです。

しかも一度冷やしてしまうと、外に出しても追熟が進まなくなってしまいます。

必ず追熟が終わり食べごろになるのを待ってから冷蔵庫に保管するようにしましょう。

メロンは冷凍保存も可能

完熟して食べごろを迎えたメロンは2~3日くらいで味が落ちてきてしまいすぐ食べれなくなってしまいます。

でもどうしても食べきれない時もありますよね。

そんな時は腐ってしまう前に冷凍してしまうのも良いでしょう。

冷凍保存の方法としては、完熟して食べごろになったメロンの皮と種を取り除き、適当な大きさに切ってからプラスチック容器やフリーザーパックに入れて冷凍します。

さらにおいしく冷凍するには急速に冷凍する必要があります。

金属トレイにラップを敷いて、その上にカットしたメロンを並べ、さらにラップをかけ冷凍します。凍ったらフリーザーパックなどに入れます。

凍ったままや半解凍の状態でシャーベットなどにして食べることができます。

冷凍保存が可能な期間は1~2カ月程度です。

まとめ

メロンの食べごろや保存の仕方を見てきましたが、今まで知らずに食べていたと思うと少し損した気分になりました。

すぐに冷蔵庫に入れないとと思いがちですが、おいしいタイミングが来るまで常温で保管することが大切だったんですね。

冷凍保存のやり方もわかったので、賞味期限が短いメロンを少しでも長く味わうことができるのは嬉しいですね。

シャーベットなど子どもも喜びそうです。

今度メロンを食べる機会があれば、食べごろになるまできちんと待ってから一番おいしいタイミングで味わいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です