ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

手軽に野菜の補給ができて、色合いも可愛いミックスベジタブル。

野菜嫌いのお子様もこれなら食べてくれる!というご家庭も多いのでは?

ドライカレーやシチュー、ピラフ、ポトフなど何かと使い勝手が良い冷凍食品ですが、栄養はあるのでしょうか…?

いつも疑問に感じながらなんとなく食べていたので、生野菜と比較したミックスベジタブルの栄養について、調べてみました!

ミックスベジタブルの栄養価は高いって本当?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?ミックスベジタブルだけでなく、加工済みのカット野菜や冷凍野菜は、なんとなく栄養価が低い気がする…と思っている方も多いのではないでしょうか。私もその1人でした。

このイメージはおそらく、「青果じゃないということは新鮮ではなさそうだから、栄養価も低そう」という考えから来ているのではないかと思います。

しかし結論から言うと、実はミックスベジタブルの栄養価は、青果と変わらないんです!

ビタミン・ミネラルはもちろん、食物繊維量などもそう大きくは変わりません。

意外と栄養価は変わらないのね!なぜかしら??

ママ

それは、製造方法にヒントがありました!順に見てみましょう^^

①使っている素材は

いろんなメーカーさんから発売されているミックスベジタブルですが、どのホームページを見ても、「野菜の旬を使用している」と記載されている場合がほとんど。

中には、「朝採れのものを使用」と書いてあるメーカーさんもありました!

冷凍するからといって旬が過ぎたり状態の悪いものを加工使用しているというわけではなく、こだわって作られているのですね^^

安価で、安定した価格でスーパーで手に入れられるのはそのためです。

②製造方法は

旬のおいしさ・栄養をギュッと閉じ込めるための一番のポイントは、やはりその製造方法にあります。

ミックスベジタブルは以下のような方法で製造されます。

工程:皮や繊維の除去 →  洗浄 →  ブランチング(96~100℃、90秒)→ 冷却 → 洗浄 → 水切り → 急速冷凍 → 選別 → 包装

【参考】株式会社フィールド 冷凍ミックスベジタブル

中でもこのブランチングと急速冷凍の2工程がとても大切です。

<ブランチング>

野菜や果物を瞬間加熱し、その後冷やす作業のこと。加熱することで、色や味わいの変化に影響する酵素を不活性化することができ、冷凍した時の耐性を上げることができる。(解凍したときにしなっとしたり、水分でべちゃっとなるのを防ぐことができる)

 

熱湯で茹でる、蒸気で加熱するなど様々な方法があり、熱湯で茹でる方法だと水溶性の栄養素が失われやすい欠点があるが、工場などでは蒸気式で加熱していることが多く、栄養素も失われていないと考えられる。

 

<急速冷凍>

急速凍結とは、食品にマイナス30℃以下の低温の冷気を強く吹きつけ、おおむね30分以内のできるだけ短時間に最大氷結晶生成温度帯を通過して凍結させ、マイナス18℃以下まで冷却すること。

 

食品中の水分はマイナス1℃から徐々に凍結が始まり、マイナス5℃以下でほぼ凍結するが、この間の温度を早く通過すればするほど、鮮度が良いまま凍結することができる。

冷凍食品の製造工程では、この手法をとっていることがほとんどであるため、鮮度・栄養価ともに青果と変わりないものを食べることができるというわけです!

③添加物は

先に紹介したような、ブランチング・急速冷凍という手法で保存性を高めているため、無駄な保存料や添加物は入っていないのが、冷凍野菜のいいところ♪

安心して食べることができますね^^

野菜を冷凍すると栄養が落ちるのはウソ?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?上記でご説明したブランチングや急速冷凍はあくまで業務用

家庭で野菜を冷凍するときには、栄養が落ちる可能性があるので注意が必要です。

ブランチングは茹で・蒸気加熱など様々な方法があるので家庭でも実践可能ですが、茹で加熱をすると、水溶性のビタミンなどは茹で汁に溶け出してしまいます。

この場合は「栄養が落ちる」と言えるでしょう。

 

また、家庭用の冷凍庫での冷凍は「急速冷凍」とはいえません

さらにドアの開け閉めがあると、必然的に庫内温度が上がってしまうため、マイナス1℃〜マイナス5℃を通過するのに時間がかかってしまいます。

そうなると、食材の中の氷結晶の大きさは大きくなってしまうため、味や食感を損ないやすくなります。

ミックスベジタブルは野菜不足を補えるの?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

栄養価が青果と変わらないとなると、ミックスベジタブルで野菜不足を補うことは可能と言えそうですね^^

青果は、食材をカットする大きさによって満足度が変えられたり、食べやすかったりするのがメリットですが、

ミックスベジタブルはなんといっても手軽に使えることがメリットですよね。

食材が小さくカットされている分、噛む回数が減りやすいと思いますので、よく噛んで食べることを心がけましょう!

ミックスベジタブルを使った野菜嫌いにおすすめのレシピは?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

①キーマカレー

私の一番のおすすめはこれ!なんといっても、下味冷凍ができてとっても楽なのがおすすめポイントです!

<レシピ4人分>

材料:

合い挽きミンチ 300g(生のままでOK)

ミックスベジタブル お好きな量

ケチャップ 大さじ3

中濃ソース 大さじ2

カレー粉 大さじ3

コンソメ 小さじ2

 

作り方:

材料を全てジップロックなどに入れ、菜箸でよくかき混ぜる。

そのまま平たく形を整えて冷凍OK。

食べるときは凍ったままフライパンにあけ、溶かしながら加熱していく。ミンチに火が通れば完成。

 

②卵焼き

彩りの可愛いミックスベジタブルは、卵焼きの黄色と合わせればさらに可愛くなります^^

お子様も食べやすくなるのでは??

普通の厚焼き卵を作る卵液の中に、ミックスベジタブルを入れるだけの簡単レシピ♪

卵に火が通るのが早いので、ミックスベジタブルは事前に解凍しておく方が良いですよ。

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

ミックスベジタブルの栄養価は高い?野菜不足を補えるの?

ミックスベジタブルの栄養価などについてご紹介しました。

ミックスベジタブルはじめ冷凍野菜が、実は栄養価がしっかり高いとは驚きでしたね^^

下処理が済んでいるのでお料理の時短にもなるし、彩りもよく、好きな分量だけ使いやすく、本当にいいことづくしです!私も改めて、お料理に積極的に取り入れようと思いました♪

ぜひ皆さんもご参考になさってください!

<まとめ>

・ミックスベジタブルと青果の栄養価は変わらない

・冷凍しても栄養価は落ちない ただし処理の仕方による

・加熱するブランチング作業、急速冷凍をしているため、市販の冷凍食品は栄養素が残っている

・自宅で行うときは、茹で加熱でなく蒸し加熱をしてから冷凍保存すると、栄養が残りやすい

また、ミックスベジタブルの賞味期限や保存方法については、こちらにまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です