もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

今日はお赤飯を炊こうと思うんだけど^^

ママ

お赤飯大好き!だけどカロリーが高そうだからわたしは少しでいいや…

お赤飯やおこわを炊く時に使用するもち米。

食感がもちもちしているからか、お腹が膨れやすいからか、なんとなくカロリーが高そうなイメージではありませんか?

そこで、もち米のカロリーはどのくらいあるのか、白米と比較してどのくらいカロリーが違うのか、などについて調べてみました!

ダイエット向きの食べ方などもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

もち米のカロリーや糖質は1合・1食でどれくらい?

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?
もち米とは、お米の一種。普段白米として食べているのは「うるち米」という種類のお米です。

もち米は粘りが強いのが特徴で、炊き上げるともちもちした食感が感じられ、お赤飯・おこわ・餅などに使用されます。

もち米の栄養成分

もち米 炊飯前 (100g) 炊飯後 (180g) 炊飯前(1合150g) 茶碗1杯 (150g)
エネルギー(kcal) 343 338 514.5 282
糖質(g) 77.2 79 115.8 65.8

表の中は、米の状態なのか飯の状態なのかわかりやすいように、赤字で示しています。

もち米は炊飯すると、量が約1.8倍になります。(重量変化率180%)

わかりやすいように、炊飯前のもち米100gの栄養成分を基本にして考えます。100gのもち米を炊飯して出来上がったご飯量は180g、水分を吸った状態で重量gを計るため、炊飯前より重量は減ります。

1合の米粒は150gですので、炊飯後の1合量は約270gとなります。

ちなみに1食分は茶碗1杯150gで計算すると、約282kcalとなります。

【出典】日本食品標準成分表2020年版(八訂)

もち米と白米はどちらが太りやすい?

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

もち米の栄養成分はわかりましたね。

では普段食べているうるち米と比べて、どちらが太りやすいのでしょうか?

ここではわかりやすいように、炊飯前100gと茶碗1杯150g分のエネルギー・糖質量について比較してみたいと思います

もち米・白米(うるち米)の栄養成分比較

もち米 うるち米
炊飯前 (100g) 茶碗1杯 (150g) 炊飯前 (100g) 茶碗1杯 (150g)
エネルギー(kcal) 343 282 342 234
糖質(g) 77.2 65.8 77.6 55.7

この表を見てわかるように、カロリーや糖質自体はうるち米の方が低くなっています。よってそのまま食べると、もち米の方が太りやすいと言えます。

 

しかし中身に注目してみると、少し変わってきます。

米には「アミロペクチン」という成分が含まれているのですが、皆さんは聞いたことがありますか?

このアミロペクチンが、実はもちもち食感に関わっています。

うるち米はアミロペクチンが80%(後の20%はアミロースという成分)なのに対し、もち米はアミロペクチンが100%

だからあんなにももちもちした食感になるんです。

アミロペクチンはアミロースに比べてゆっくりと消化されるため、血糖値は上がりにくいと言えます。

消化がゆっくりなので、腹持ちも良くなります

またその食感から、必然的によく噛んで食べる必要性があるため、満腹感も感じやすくなるというわけです。

もち米のダイエットに効果的な食べ方は?

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

カロリー・糖質:うるち米<もち米

アミロペクチン含有量:うるち米<もち米

上でご説明した内容を踏まえて考えると、

もち米単体で白米と同じ量を食べてしまうと、摂取カロリーは上がってしまいますが、もち米を白米に混ぜて食べれば、満足感が上がり消化スピードも抑えられます。

食べ方を工夫すればとてもダイエットに向いている食材と言えますね!

 

混ぜる割合はお好みですが、参考程度に、お赤飯とおこわの割合をご紹介します。

お赤飯→うるち米1:もち米2〜3

おこわ→うるち米2:もち米1(※レシピによって違い、うるち米100%のものなどもあります)

普段食べている白米に近い食感が良いならうるち米多め、もちもち食感が良いならもち米多めで、お好みの分量を見つけてください^^

もち米の栄養素はダイエット向き?

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

先にご説明した内容から、アミロペクチンがより多く含まれているもち米は、食べ方によってはダイエット向きだと言えます!

全量をもち米にするのではなく、うるち米と混ぜて食べてくださいね^^

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?のまとめ

もち米のカロリーは1合でどれくらい?白米とどっちが太る?ダイエット効果は?

わたしも今回調べてみるまでは「もち米は絶対にダイエットには向かないだろう」と思っていました。

うるち米よりもカロリーが高いことは確かですが、消化をゆっくりにしたり満腹感を持続させてくれるアミロペクチンという成分は、うるち米よりも多く含まれています。

白米と混ぜて食べることでダイエット効果が期待できそうなこともわかりました。

これからはぜひ取り入れてみたいと思います^^♪

まとめ

・もち米:うるち米よりもカロリー・糖質は多い

・アミロペクチンの含有量100%

・アミロペクチンは消化がゆっくりなため満腹感が持続しやすい

・よく噛まなければならない食感のため、満腹感を感じやすい

ぜひご参考になさってください。

もち米の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です