【モグワン】子犬の給餌量【年齢別、体重別の一覧表あり】

 

 

子犬にモグワンを与えても、良いのかなぁ…

 

どれぐらいの量が適切なんだろう…。

 

子犬に与えるモグワンの量を知りたいな?

このような疑問に答える記事です。

 

 

この記事の内容は、次のとおり。

  • 子犬に与えるモグワンの量がわかる
  • 活動量によって調整する方法がわかる
  • モグワンと他の子犬用ドッグフードの比較

モグワンは子犬にも対応した、ドックフードです。もちろん成犬と子犬では、与える量が違います。

 

子犬は成長が、とても早いです。体重の変化に合わせて、与えるドッグフードの量の調整が必要になります。

 

この記事では、子犬に与えるモグワンの量について詳しく解説しています。

 

この記事を読むことで、年齢別、体重別、活動量別のモグワンの量が分かります。

 

子犬に与えるモグワンの量に、迷うことなくなるメリットがります。

 

ぜひ最後まで、読み進めてください。

 

 

 

 

\ 累計販売数350万個突破! /

 

 

【モグワン】子犬の給餌量【年齢別、体重別の一覧表あり】

子犬の年齢と体重に応じたモグワンの適切な量をまとめました。

 

1日あたりの量です。

 

成犬時の体重(kg) 2~3ヶ月 4~5ヶ月 6~7ヶ月 8~9ヶ月 10~11ヶ月
1~4kg 60~70g 80~90g 80~90g 60~70g 50g~成犬
5~10kg 140~150g 160~170g 170~180g 160~170g 140~150g
11~15kg 170~180g 190~200g 210~220g 210~220g 200~210g
16~20kg 210~220g 230~240g 250~260g 250~260g 230~240g

 

上記の表に記載しているモグワンの量を参考にして、成長に合わせてドッグフードの量を調整してください。

 

食事の回数は、成長時期により異なります。食事のスケジュールは次の項目で詳しく説明します。

 

1日の食事回数とタイミング:子犬に合わせたスケジュール作り

子犬の食事回数とタイミングは、成長段階によって異なります。

 

適切なスケジュールを作成することで、子犬の健康と成長をサポートできます。

 

【新生児~3ヶ月】子犬の食事回数

この時期の子犬は、1日に4回程度の食事が適切です。また、食事のタイミングは、朝・昼・夕方・夜の4回に分けると良いでしょう。

 

子犬の成長は早いため、新生児から3か月までの間に適切な栄養を摂取させることが重要になります。

 

【3ヶ月~6ヶ月】子犬の食事回数

この時期の子犬は、1日に3回の食事が適切です。食事のタイミングは、朝・昼・夜です。

 

生後3ヶ月~6ヶ月の子犬は、成長はピークを迎えます。

 

適切な量のモグワンを与えることで、栄養バランスを保ちます。

 

【6ヶ月~1歳】子犬の食事回数

この時期の子犬は、1日に2回の食事(朝と夜)が適切です。

 

成長が落ち着くこの時期には、以下のようにモグワンの量を調整します。

  • 体重5~10kg … 170~180g
  • 体重11~15kg … 210~220g
  • 体重16~20kg … 250~260g

随時、食べ残しが無いかを確認しながら、量を調整してください。

 

食事のタイミングは、同じ時間で!

子犬の食事タイミングは、できるだけ一定に保つことが大切です。

 

しかし、飼い主の都合によっては、食事のタイミングを調整する必要があります。

 

その際は、子犬の様子をよく観察し、適切なタイミングで食事を与えてください。

 

【モグワン】与える量の調整方法【活動量によって微調整】

年齢や体重を基準として、子犬の活動量によってモグワンの量を微調整してください。

 

「活発な子犬」と「落ち着いた子犬」の調整方法を紹介します。

 

【活発な子犬】食事量の調整方法

活発な子犬は、消費エネルギーが多いため、通常よりも多めにモグワンを与えてください。

 

具体的には、次のとおり。

  • 目安量よりも、10%程度多く与える
  • 体調や体重の変化に、注意して調整する

 

活発な子犬は、食欲が旺盛です。過食にならないように、注意してください。

 

【落ち着いた子犬】食事量の調整方法

落ち着いた子犬は、消費エネルギーが少ないです。通常の目安量を与えるか、やや少なめに調整して与えてください。

 

具体的には、次のとおり。

  • 目安量を守るか、5%程度少なく与える
  • 体調や体重の変化に、注意して調整

 

落ち着いた子犬は、少食な場合が多いです。栄養不足にならないように、注意してください。

 

子犬の健康状態に注意

子犬の食事量は、健康状態を示すバロメーターです。

 

子犬の変化に注意してください。

 

  • 体重が急激に増減する → 量の調整が必要
  • 食欲が落ちる場合 → 病気の可能性も考慮
  • 適切な量を与えても、成長が遅れる場合 → 獣医師に相談

特に注意するのは、食欲が無い場合と成長が遅れる場合です。

 

適切な対応を行ってください。

 

【3つの項目で比較】モグワンと他のドッグフード

モグワンと他の子犬用ドッグフードを比較して、選ぶ際のポイントを解説します。

 

比較しているのは、次の3点です。

  1. 栄養バランス
  2. 原材料
  3. コストパフォーマンス

順に詳しく説明します。

 

比較ポイント①:栄養バランスの違い

成長期の子犬には、バランスの良い栄養が必要です。

 

モグワンは、他の子犬用ドッグフードと比較して、以下の特徴があります。

  • 高品質なたんぱく質が豊富
  • 穀物不使用で消化に優れる
  • 必要なビタミン・ミネラルが適切に配合

モグワンでは牛肉や鶏肉など、良質な動物性たんぱく質を使用しています。筋肉や内臓の発達に必要なアミノ酸を、摂取することができます。

 

また、穀物不使用であるため、消化器系に負担をかけず、敏感な子犬の腸内環境も配慮されています。

 

さらにカルシウムや鉄、ビタミンAとDなどが適切なバランスで配合されています。

 

子犬の骨や歯の発育、免疫力の向上をサポートしてくれます。

 

比較ポイント②:原材料の違い

原材料の品質も、ドッグフード選びのポイントです。

 

モグワンは、以下の特徴があります。

  • 自然素材にこだわり
  • 保存料・着色料・香料不使用
  • アレルゲンを排除した配慮

モグワンは自然素材を使用し、保存料、着色料、香料などの添加物を使用していません。子犬にも安心して、与えることができます。

 

また、アレルゲンを排除する配慮がされているため、食物アレルギーを持つ子犬にも適しています。

 

小麦や大豆などの一般的なアレルゲンを含まないレシピが採用されています。

 

比較ポイント③:コストパフォーマンス

価格もドッグフード選びにおいて重要です。

 

モグワンは、他の子犬用ドッグフードと比較して、以下の特徴があります。

  • 高品質ながらリーズナブルな価格
  • お試しサイズがあるため、手軽に試せる

モグワンは高品質な素材が使用されているにも関わらず、リーズナブルな価格になっています。

 

また、お試しモニターが用意されているため、大量購入する前に少量から始めることができます。

 

子犬の好みや体調を見ながら、試すことができます。

 

モグワンに関するQ&A

子犬に与えるモグワンの適切な量は?

子犬の食事量は、その年齢や体重によって異なります。適切な量を知るためには、パッケージに記載されている推奨量が参考になります。

 

子犬には1日に何回食事を与えれば良いですか?

子犬は1日に3回~4回の食事が理想的です。成長するにつれ、食事の回数は減っても良く、成犬になると1日2回程度が適切です。

 

子犬の食事のタイミングは?

子犬の食事のタイミングは一定に保ち、できるだけ同じ時間に与えてください。子犬の体内時計が整い、消化や栄養吸収がスムーズになります。

 

まとめ

子犬は成犬と違い、日々成長しています。給餌量の表を目安にして、モグワンの量を調整してください。

 

成長期の間に適切な栄養を摂取することが、子犬の健康な成長と発育に非常に重要です。

 

モグワンは成長期の子犬に必要な栄養素が、豊富に含まれているおすすめのドッグフードです。

 

 

\ 累計販売数350万個突破! /