もずくの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

もずくの賞味期限は?

天然のもずくは、他の海藻(藻=も)に付着して生息することから、『藻に付く』という意味で、『藻付く』から『もずく』と呼ばれるようになったそうです。

もずくは居酒屋メニューでも定番となっていますが、酢の物にしても天ぷらにしても美味しい海藻ですよね。

美味しいうえに、たくさんの栄養が含まれている食材です。

もずくの賞味期限や、腐るとどうなるのか?保存方法についてご紹介したいと思います。

良かったら参考にして下さいね。

もずくの賞味期限はどれくらい?

もずくの賞味期限は?

未開封の場合

・生もずく、、、常温で1~2日ほど。冷蔵で2週間程度。

 

・生の塩漬けもずく、、、常温で約半年。

 

・生の塩抜きもずく、、、冷蔵保存で10日。冷凍保存で1ヶ月程度。

 

・もずく酢、、、冷蔵保存で3週間程度。

 

・乾燥もずく、、、製造から1年ほど。

 

・冷凍もずく、、、1年程度(冷凍保存)

常温保存は、直射日光を避け、冷暗所で保存した場合です。

生もずく

生もずくは、旬を迎える4~6月にしか出回らず、流通量も少ないです。

弾力があり、加工したもずくとは比べ物にならないくらいの磯の香りがします。

この季節ならではの味が楽しめますので、生のもずくをみかけたら、冷凍保存するのもおススメです。

・冷蔵保存する場合は、2週間程度。

・冷凍保存なら、半年ほど日持ちします。

もずくは、冷凍保存してもあまり風味が変わりません。

すぐに食べない場合は、冷凍がおススメです。

塩漬けもずく

常温保存で半年ほど

 

日持ちが長いのがメリットですが、生のもずくと比べると、味や香りや食感が多少落ちるのがデメリットでもあります。

流通されている大半は、この塩蔵タイプで、食べる際には塩抜きをして調理する必要があります。

塩抜きもずく

・冷蔵保存で10日程度。冷凍すれば1ヶ月ほど日持ちします。

 

塩蔵もずくを、塩抜きしたもずくで、スーパーなどで販売されています。

塩抜きの手間が省けるので、調理の時に便利ですね。

もずく酢

・3週間程度

 

ですが、メーカーによって味付けも違いますし、日数の設定も違います。

購入する際に、確認してくださいね。

乾燥もずく

・製造から1年が目安です。

 

乾燥もずくは、生のもずくに冷風をあてて時間をかけて乾燥させたものです。

水で戻すと3~5倍の量に膨らみます。

乾燥したままでも、天ぷらの具材として調理したりなど利用できます。

もずくの賞味期限は?

賞味期限切れのもずくはいつまで食べられる?

もずくの賞味期限は?

賞味期限が切れていても、腐っていなければ食べられます。

(*賞味期限が切れていなくても、保存状態が悪ければ腐って食べられないこともあります。)

 

具体的に〇〇日は食べられる。とは、言えません。

1、2週間すぎて食べても大丈夫だったという話も聞きます。

 

ですが、免疫力の低い方や、小さいお子様の場合は、少々の菌が体内に入っただけでも体調を崩すこともあります。

見た目や匂いや味を確認して、違和感を感じたら食べるのは控えましょう。

 

もずくは栄養価が高い食材ですが、開封すると湿気や光、雑菌などで劣化しやすく、賞味期限まで持たないことも多いです。

腐っている場合は、賞味期限に関係なく食べるのはやめましょう。

 

腐っているとどのような状態になるのでしょうか?

詳しくご紹介したいと思います。

もずくって腐るとどうなるの?

もずくの賞味期限は?

・白いカビが生える。

 

・ドロドロに溶けている。

 

・悪臭がする。

 

・パックがパンパンに膨らんでいる。

 

・もずくの色が濃すぎる。

 

・水につけると濁る。

一つでもこのような特徴がみられたら、腐っている可能性が高いです。

食べると、食中毒などを起こす場合もあるので、食べずに廃棄処分するようにしましょう。

 

また、乾燥もずくは開封後はカビが生えたり、虫が湧くことがあります。

 

保存方法が悪い、直射日光に当たっている、湿気がひどい場所で保管していた。

このような場合は、虫が付いてしまうことが多いので注意が必要です。

食べずに廃棄するようにしましょう。

 

保存方法についても、ご紹介したいと思います。

もずくの正しい保存方法は冷蔵庫?冷凍もできる?

もずくの賞味期限は?

・生もずくは、開封したら密封容器に入れて保存しましょう。

 

空気、光、湿気の影響を受けやすく劣化しやすい食材です。

・開封したものは、冷蔵保存しましょう。

 

・もずくは冷凍保存も出来ます

冷凍保存の方法をご紹介します。

①流水で30秒ほどもずくを洗う。

(洗いすぎると、栄養成分が流れてしまうので注意しましょう。)

 

②ジッパー付きの保存袋に、薄く平らにして入れる。

 

③空気をしっかりぬいて、密封し、冷凍庫へ。

もずくは再冷凍しても風味があまり変わらないようです。

 

使い切れなかったら、再冷凍できますが、出来るだけ使う分に小分けにして冷凍した方が、使いやすいかもしれませんね。

 

また、カップに入ったままで冷凍することも出来ます。

 

ただし、一度箸を入れると、驚くほど雑菌の繁殖が早いです。

三杯酢などで味が付いているもずくも、殺菌効果のあるお酢が入っているといっても、例外ではありません。

 

一度食べかけたものは、保存することはおススメできません。

なるべく早く食べきるようにしましょう。

 

乾燥もずくも、開封後は空気、光、湿気の影響での劣化以外に、虫が付く可能性があります。

保存場所にも注意が必要です。

・虫が入ってこれない固くて密封できる容器に入れる。

・風通しの良い、涼しい場所に保存する。

上記のような適した場所がなければ、冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。

もずくの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?まとめ

もずくの賞味期限は?

もずくには、色々な種類で販売されています。

・生もずく、、、常温で1~2日。冷蔵で2週間程度。

 

・生の塩漬けもずく、、、常温で約半年。

 

・生の塩抜きもずく、、、冷蔵で10日。冷凍で1ヶ月ほど。

 

・もずく酢、、、冷蔵で3週間程。

 

・乾燥もずく、、、製造から1年程度。

 

・冷凍もずく、、、1年ほど。(冷凍保存)

塩漬けもずくや、乾燥もずくは開封前なら常温保存できます。

常温保存の場合は、直射日光、高温多湿を避け冷暗所で保存しましょう。

 

開封後は、密封容器に移し替え、冷蔵保存しましょう。

 

冷凍保存をすれば、日持ちも長くなります。

ジッパー付きの保存袋に薄く平らに入れ、空気を抜き冷凍庫で保存しましょう。

 

・白いカビが生える。

 

・ドロドロに溶けている。

 

・悪臭がする。

 

・パックがパンパンに膨らんでいる。

 

・もずくの色が濃すぎる。

 

・水につけると濁る。

このような場合は腐っていると思われます。

乾燥もずくに虫が付いているときや、上記のような状態の場合は、食べるのをやめて廃棄処分するようにしましょう。

 

味付きのもずくも、カップのまま冷凍できますので、冷凍してストックしておけば、一品欲しい時に食卓にさっと出せるのでいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です