梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?

梨はみずみずしくて美味しい果物ですよね。

しかし、そのみずみずしさは水分が多いということでどうしても傷みが進むのが早いのが難点ですよね。

食べようとしたら変色してしまったり、ぶよぶよしてしまったりなんてことも多くありますよね。

少し変化してしまうだけで食べられないのではと思いがちですが、実際はどうなのでしょうか。

そこで、今回は梨に変化が起きたときに食べられる状態と食べられない状態の目安などご紹介していきます。

梨が変色してるけど食べられる?

梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?

まず、梨で多いのが変色です。

切った断面や傷などがついて線状に変色がみられることがあります。

この変色に関してですが、結論からお話ししてしまうと変色だけで特に他に変わりがなければ食べることが出来ます。

しかし、なぜこの変色が起こるのか疑問に思いますよね。

ですので、この変色が起こる原因を少しお話ししていきます。

変色の原因

変色の原因はポリフェノールです。

ポリフェノールが梨には含まれていて、断面を切ったときなどに断面に空気が触れるとポリフェノールが酸化して色が変色していきます。

変色は薄い茶色です。

 

切ってから数分から数時間後に変化が起こります。

 

色が変化してしまったとしても見た目が悪いだけで味に特に変化はないので食べられます。

ただなんとなく美味しそうには見えないので変色した部分だけカットというのももちろんありです。

 

ちなみにですが、先ほど変色した梨は食べられるとお話ししましたが、変色は変色でも食べられないものもあります。

それは、最初から変色していたものです。

例えば、梨を半分に切ったときに既に中が黒く変色しているものや、切ってから放置する時間が長く翌日以降に食べるような変色梨は残念ながら食べることは出来ませんので注意してください。

切った時に既に変色しているものは腐っていますし、放置時間が長く翌日以降に食べるような場合には傷みが進んでいます。

梨は傷みが早い果物なので食べようとしたときに既に変色していて腐っているというケースもゼロではないのでよく中を確認してみてくださいね。

梨の変色を防ぐ方法は?

梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?

梨の変色は防ぐことが出来ます。

いくつかあるのでその方法をみていきましょう。

1、塩水につける

リンゴの変色対応と同じことで変色を防ぐ事が出来ます。

梨を切ったあとに塩水にさっとくぐらすだけでOKです。

目安は塩分濃度が0.5~1%程度になるようにします。

200ccの水に塩をひとつまみ~ふたつまみ程度入れる程度の塩水で大丈夫です。

あまり、塩分濃度を上げてしまうと梨の水分が抜けてしまいブヨブヨしてしまったり塩辛くなってしまったりするので、塩は入れすぎないようにしてください。

また長時間つけてしまうのもあまり良くないので、20秒程度~最高でも10分以内にするようにしてくださいね。

 

2、レモン水につける

レモン水につけても変色が抑えることが出来ます。

方法はとても簡単です。

水200cc程度の水にレモン汁を1滴~2滴垂らすだけです。

レモン水に塩水の時同様の時間つけておくだけでOKです。

 

3、ラップでしっかり包む

酸化によって梨が変色してしまうので、酸素を遮断する必要があります。

直ぐに食べないときには、カットしたものをしっかりラップで包み断面を空気に触れさせないようにしましょう。

またより変色を防ぐのなら、塩水やレモン水につけたとラップでしっかり包むとより良いですよ。

 

4、切ったらすぐに食べる

やはり、変色を防ぐのなら直ぐに食べることに限ります。

上記の方法を試しても変色は一時的にしか抑えることが出来ません。

ですので、酸化を抑える、鮮度を保つという意味でも切ったあとは時間をあけずに食べきってしまいましょう。

 

梨がぶよぶよしてるのは食べられる?

梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?

次に梨がぶよぶよしているケースです。

これも梨にはよくあることですが、果たして食べられるのでしょうか。

先に結論からお話してしまうと、残念ですがぶよぶよしている状態は食べられません。

外側や中も全てぶよぶよしている状態は、すでに腐っているまたは腐り始めている状態です。

ぶよぶよしているということは、中の実が崩れていたり腐って溶けている状態です。

このような状態になると皮がシワシワになっていたり、中の水分が抜けてスカスカになっていることもあります。

ぶよぶよの程度に限らず、少し柔らかくなってきたりなんとなく歯ごたえがなくなっているというときには食べるのは良くないので、食べずに破棄するようにしてくださいね。

 

食べられない梨の見極め方は?

梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?

食べられない梨の見極め方はいくつかありますので、以下の状態になっていたら食べないようにしてください。

・皮がシワシワになる

 

・全体的にブヨブヨしていて柔らかい

 

・切った時に芯の中心部などが黒っぽくなっている

 

・酸っぱいような悪臭がする

 

・カビが生えている

 

・果肉がドロドロしている

など、明らかに見た目やニオイなどに異常があるときには食べることが出来ません。

このような状態になっているときには腐っているので、食べずに破棄するようにしてくださいね。

 

梨の変色やぶよぶよは食べれる?食べられない梨の見極め方法は?のまとめ

梨が変色したときなど食べられるかどうかをご紹介しました。

・変色した梨は基本的に食べられる

・切ったときに既に変色していた梨は腐っているので食べられない

・ぶよぶよしている梨は食べられない

 

梨の変色を防ぐ方法

1、塩水につける

2、レモン水につける

3、ラップでしっかり包む

4、切ったらすぐに食べる

 

食べられない梨の状態

・皮がシワシワになる

・全体的にブヨブヨしていて柔らかい

・切った時に芯の中心部などが黒っぽくなっている

・酸っぱいような悪臭がする

・カビが生えている

・果肉がドロドロしている

梨は傷みが早い果物です。

長期的に置いておくと変色したりぶよぶよしたりすることがあるので早めにおいしくいただいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です