梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!

梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!

甘くて美味しい梨、時々酸っぱいものに当たったりすることありませんか?

そんな時、そのまま食べるよりコンポートにしたら美味しく食べられる上に、日持ちもさせることだって可能になるのです。

それならたくさん作っちゃおうと思う人もいるのではないでしょうか?

でも、いくら日持ちするとはいえ、必ず賞味期限があるもので。

うっかりすると、傷ませてしまったなんてこともありえるのです。

今回は、梨のコンポートの賞味期限がどのくらいなのか、賞味期限が過ぎても食べても大丈夫なのか、腐るとどうなるのかや保存方法など詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

梨のコンポートの賞味期限はどれくらい?

梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!

梨のコンポートの賞味期限はどのくらいなのでしょう。

あまり気にしたことがなかったという人も多いのではないでしょうか。

手作りで作ったものと、市販のものでは多少変わってきますよ。

手作りの場合は、防腐剤など一切入っていないので、傷みやすいです。

保存状態によっても賞味期限が左右されるほど。

手作りの場合

  • 冷蔵庫: 1週間から2週間ぐらい。
  • 冷凍した場合: 1ヶ月。

市販のもの

  • 未開封の場合: 半年〜(メーカーにもよる。)
  • 開封ずみ: 1週間ぐらい。

となっています。

例として

  • 山形 まぼろばの里 梨のコンポート : 製造日より360日。
  • たかはた果樹園 洋梨のコンポート. 製造日より360日。
  • 千疋屋 洋梨のコンポート:  製造日より365日。

市販のものは、意外と長く持ちますよ。

この日数は未開封の時に有効です。

開封した場合は、賞味期限内であっても傷む可能性はあるのでなるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

賞味期限切れの梨のコンポートはいつまで食べられる?

梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!

賞味期限が過ぎた梨のコンポートって食べても大丈夫なのでしょうか?

市販のもので、賞味期限が記載されているものは、多少すぎても食べても大丈夫です。

余裕を持って日にちが設定されているので、すぐに腐ったりすることはありませんよ。

日がたつにつれて、味や風味が落ちて劣化してしまうということはあるかもしれません。

手作りで作った場合は、食べないほうが良いでしょう。

防腐剤とか一切使われていないので傷んでいる可能性は大きですよ。

賞味期限が過ぎたものを食べるときは、必ず、傷んでいないかチェックをしてから食べるようにしてくださいね。

ちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて処分しましょう。

梨のコンポートって腐るとどうなるの?

梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!

梨のコンポートって腐るとどのようになるのでしょうか?

  • 変なニオイがする。
  • 変な味がする。
  • 色が変になっている。
  • カビが生えている。
  • 糸が引いている。
  • 粘りが出ている。
  • 冷凍焼けを起こしている。
  • コンポートの汁が濁っている。
  • 酸っぱいニオイがする。
  • 舌に刺激を感じよるよなピリピリした感じになっている。

このような感じになっていたら食べるのをやめて処分してくださいね。

梨のコンポートの保存方法は?

 

梨のコンポートの保存方法はこちら。

手作りの場合

冷蔵保存

煮沸した瓶または、密封できる容器に汁ごと入れて、冷蔵庫へ保存してください。

小分けにしておくと便利ですよ。

食べる分だけ取り出すようにしましょう。

取り出すときは、必ず綺麗なお箸またはスプーンなどを使ってくださいね。

冷凍保存

ジップロックまたは、密封できる容器に汁ごと梨のコンポートを入れます。

しっかり封をして冷凍庫へ入れましょう。

一度解凍したものは、再度冷凍することはできないので注意してくださいね。

食べるときは、自然解凍で大丈夫ですよ。

市販のもの

開封前

基本常温保存で大丈夫です。

直射日光の当たらない涼しい場所を選んで保存してください。

開封後

密封できる容器に入れ替える、または瓶の蓋をしっかり締めて冷蔵庫で保存しましょう。

約1週間くらい。

なるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

梨のコンポートの賞味期限は?どれくらい日持ちするのかや保存方法も!のまとめ

梨のコンポートの賞味期限がどのくらいなのか、保存方法なども含めてご紹介いたしました。

梨のコンポートは、手作りのものと、市販のものでは賞味期限も変わってきます。

手作り

冷蔵庫で1週間から2週間、冷凍庫で1ヶ月。


市販のもの

未開封なら常温で半年から1年、開封ずみなら冷蔵庫で1週間ぐらい。

となっています。

どちらも、美味しいうちになるべく早めに食べ切るようにすると良いでしょう。

常温なら直射日光の当たらない冷暗所を選んで保存してください。

賞味期限が過ぎたものを食べるときは、必ず食べる前に傷んでいないかチェックしてから食べるようにしましょう。

美味しい梨、もし甘くないとか、たくさんもらったので、賞味期限を伸ばしたいというときは、ぜひコンポートにしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です