梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

甘くてみずみずしい梨。

美味しくてついつ食べすぎてしまうということありませんか?

夏にはもってこいの果物で、水分補給にもなるし、疲労回復にもやくに立ちますよね。

でも、実は梨を食べ過ぎるといろいろな問題があるそうなのですが、聞いたことありますか?

下痢になったり、太ってしまったり。

えっ!そうなの!?って思った方もいるでしょう。

梨を食べ過ぎると本当によくないのかなど、詳しくご紹介いたします。

特にたくさん梨を食べる人に必見ですよ。

梨の食べ過ぎは太る?

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

梨の食べ過ぎで太ってしまうのは本当なのでしょうか?

水分をたくさん含んでいる感じを受けるのでカロリー的に低そうなイメージってありませんか?

全体の90%が水分でできており、カロリーも糖質も低く、脂質もほとんど含まれていないので、ヘルシーな果物と言えるのです。

だから、食べる量を守れば、太ることはないですよ。

ただし、なんでも食べ過ぎればそれだけカロリーを取ることになるので、太ってしまいます。

カロリーや糖質が低いとはいえ、食べ過ぎれば、それだけ取ることになるのですぎにオーバーに。

油断すると危ないですよ。

気をつけてくださいね。

梨の食べ過ぎで下痢やアレルギー症状などの心配はある?

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

梨は栄養素もたくさん入っていて体にもとても良い果物なのですが、食べ過ぎると害になってしまうこともあるのです。

食べ過ぎると

  • 腹痛や下痢を起こしてします。
  • 体を冷やしてしまう。
  • 口腔のアレルギーを起こしてしまう。

ということが稀に起こるのです。

ネットでもこんな意見がありました。

 

梨の中に含まれているソルビトールは、たくさん食べるとお腹がゆるくなってしまったり、下痢を起こしてしまったり、腹痛になったりすることがあるので注意が必要なのです。

このソルビトールは腸で消化されにくいのが原因だとか。

そして、水分を多く含んでいるので取りすぎると体も冷やしてしまうのです。

妊婦さんや冷え症の人は特に気をつけてくださいね。

そして、稀に、アレルギーを起こしてしまうこともあるのです。

  • 口や喉のかゆみ、イガイガ。
  • 鼻水、鼻づまり。
  • 目が赤くなる。涙が出る。
  • 蕁麻疹が出る。
  • 嘔吐、腹痛などが出る。

このような症状を引き起こし、ひどいとアナフィラキーショックになってしまうこともあるのです。

美味しいからといって食べ過ぎは禁物ですよ!

1日の食べられる量をしっかり守ってくださいね。

ちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて様子を見ましょう。

あまりひどい時は、病院にいってくださいね。

梨のカロリーや糖質はどれくらい?栄養素は?

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

梨のカロリーや糖質はこのようになりますよ。

100g中の梨の カロリーは 38kcal、糖質は 8. 3g になっています。

リンゴでは、56kcal、糖質は12.9gなので、これに比べると低めですね。

梨の水分量は90%あり、ほとんどが水分でできているようなものなのです。

含まれている栄養素はこちら。

  • 糖質 ソルビトール
  • 食物繊維
  • カリウム
  • アスパラギン酸

砂糖などの糖分に比べると、とてもカロリーが低いソルビトールが入っているのです。

虫歯にもなりにくいとか。

でも、食べ過ぎると、お腹がゆるくなってしまうことがあるのです。

食物繊維である、ペントースと、リグニンという物質が含まれています。

これらも、腸壁を刺激してくれるので、腸の動きを活発にしてくれお通じにも良いのです。

さらに、体の塩分のバランスを整えてくれるカリウムも入っていて、嬉しいですね。

そして、疲労回復を促してくれるアスパラギン酸も。

嬉しい栄養素がたくさん含まれている梨なのです。

ヘルシーな上に体に良い栄養素も取ることができるので、たくさん食べたくなってしまいますね。

梨の太らない健康的な食べ方は?

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!

梨の太らない健康的な食べ方はどのようにすると良いのでしょうか?

1日に食べられる量の目安はこちら。

1日200g : だいたい梨1個。

です。

梨の種類によって大きさも変わってくるの注意しましょう。

  • 幸水1個250g〜300g :   大人 2/3個〜4/5個、子供 2/3個〜2/5個
  • 豊水1個350g〜500g :   大人 1/2個〜2/5個、子供 1/4個〜1/5個

子供の場合は、大人の半量に止めておきましょう。

健康的に食べる方法としては、

  • 生のまま食べる。
  • できれば皮ごと食べる。
  • 朝食の時に食べる。

です。

アスパラギン酸は熱に弱いので、加熱しないで生のまま食べるのが疲労回復にもとても効果的ですよ。

特に皮のそばに栄養素が多く含まれているので、できれば皮ごと食べるのが良いでしょう。

朝に食べることによって、エネルギーに変わり、消化することができますよ。

夕方や夜に食べるよりはオススメです。

梨の食べ過ぎは太る?カロリーや糖質と太らない食べ方も徹底調査!のまとめ

梨の食べ過ぎは太るのか、カロリーや糖質がどのくらいなのか、太らない食べ方はどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

梨は、カロリーも糖質も低い果物で、全体の90%が水分でできているのです。

栄養素もたくさん含まれており、水分補給や疲労回復にもとてもやくに立つ果物ですよ。

体に嬉しい要素ばかりなのでついつい食べすぎてしまいますが、必ず1日の量を守ってくださいね。

食べ過ぎると、太ってしまったり、下痢を起こしたりアレルギーになったりすることもあるので注意が必要ですよ。

美味しい梨を上手にとって暑い夏を乗り切ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です