【あさイチ】なすの冷やし鉢のレシピ・作り方!和食の荻野聡士シェフ直伝

【あさイチ】なすの冷やし鉢のレシピ・作り方!和食の荻野聡士シェフ直伝

あさイチ2020年7月14日で放送された「なすの冷やし鉢」のレシピ・作り方をご紹介します。

和食の荻野聡士シェフが教えてくださいました。

高級料亭の一品という感じですが、お家でも簡単に再現できます。

ぜひ参考にしてくださいね。

【あさイチ】なすの冷やし鉢の材料

【あさイチ】なすの冷やし鉢のレシピ・作り方!和食の荻野聡士シェフ直伝

材料は2人分です。

賀茂なす 1個(普通のなすでも5~6個で代用可能)

エビの頭 2匹分

 

【荻野流だし】
水 1リットル

昆布1枚

削り節 70g

 

みりん 大さじ3

しょうゆ 小さじ1.5

薄口醬油 小さじ1.5

みょうが 1個分

柚子の皮 適量

賀茂なすは京都の伝統的な食材なんですね。

通販サイトでお取り寄せ可能です。

【あさイチ】なすの冷やし鉢の作り方

  1. なすを「ねじむき」にします。普通の主婦には難しいですが、動画も参考にしてみてください。家庭で作る場合はピーラーを使ってできるだけ薄く皮をむけばOKです!
  2. なすは4等分に切って水にさらして水気をしっかりふき取り、170℃の油で竹串がすっと通るまで揚げたらざるにあげて、お湯をかけて余計な油を取ります。
  3. エビの頭を火であぶります。
  4. 鍋に荻野流だし、みりん、あぶったエビの頭、揚げたなすを入れて沸騰させ、しょうゆ、薄口醬油を入れ、真ん中に穴を開けたペーパータオルを落し蓋として弱火で15分ほど煮ます。
  5. 粗熱を取ってから冷蔵庫で3時間ほど冷やします。
  6. 器に盛りつけみょうがの千切りを乗せ、出汁を回しかけ、柚子の皮をすりおろして散らしたら完成!

あさイチでなすの冷やし鉢を教えてくれた荻野聡士シェフってどんな人?

荻野聡士シェフは1981年1月、荻野家の三男として東京で生まれました。

小さいころからお寿司が大好きな子どもだったそうです。

高校卒業後18歳で京都の超有名老舗料亭で修行を積み、26歳の時銀座の和の名店で腕を磨きました。

30歳になると姉妹店で料理長に抜擢されました。

師匠である奥田透さんは

  • 手先が器用で包丁使いが上手
  • 盛り付けのセンスがピカ一
  • とにかく努力家

とほめていらっしゃいます。

33歳で自身のお店をオープンさせました!

プライベートでは7歳と4歳のパパ、趣味は日本料理の食べ歩き。

カラオケで米津玄氏さんやミスターチルドレンの歌を歌うのがお好きだとのこと。

荻野聡士シェフのお店

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目3−13 一階

電話番号:03-6277-8274

営業時間:17:30~23:00

店休日:日曜日

>>webサイト

>>Facebookページ

>>インスタグラム

【あさイチ】なすの冷やし鉢のまとめ

あさイチで放送されたなすの冷やし鉢のレシピや作り方をご紹介しました。

とても上品な感じですよね。

ぜひ我が家でも作ってみたいと思います。

旬の野菜を使った料理って本当に美味しいですよね。でも、農薬が少ない安全な食材って自分で選ぶの大変じゃないですか?

私は食材宅配サービスを利用しています。

買い物の手間暇も省けるうえに全国の厳選食材が手に入るので使ってみてとても良かったと思っています。

まずはお試しからやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です