おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

お正月に余ったお餅を使っておしるこを作って楽しむ方もいるのではないでしょうか。

手作りの場合だと、手間もかかるので一回に大量に作って食べるというのが多いかと思います。

ただ、たくさん作り過ぎてしまうと問題になるのが、余った分の保存方法や賞味期限などですよね。

そこで、今回はおしるこの賞味期限や正しい保存方法などご紹介していきます。

おしるこの賞味期限はどれくらい?

おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

おしるこの賞味期限は大体どのくらいもつでしょうか。

保存方法別に賞味期限を見ていきましょう。

常温保存

手作りのものである場合、基本的に常温保存は向きません。

常温で保存すると、衛生上悪く菌の繁殖などにつながってしまい食中毒の危険性が高まってしまい注意が必要です。

どうしても常温でしか保存出来ないという場合は、1~2時間程度にとどめ食べきるかその後は破棄する必要があるでしょう。

 

市販のものであれば、常温で保存出来るものもあります。

缶で売られているタイプなどでは、賞味期限が半年~1年程度持つものもあります。

パッケージを確認してみてくださいね。

 

冷蔵保存

冷蔵庫で保存した場合には、2~3日程度持ちます。

冷蔵保存する場合には、必ずお餅や白玉など取り除いた状態で保存します。

 

冷凍保存

冷凍庫で保存した場合には、1ヶ月程度持ちます。

 

ただし、冷凍保存すると、若干あんこの風味が落ちてしまうので、食べるのであれば1~2週間以内に食べきることをオススメします。

 

賞味期限切れのおしるこはいつまで食べられる?

おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

賞味期限が切れてしまったおしるこは基本的に食べない方が良いでしょう。

というのも、おしるこは傷みが分かりづらく、さらに菌の繁殖などの危険性も非常に高くなってきます。

特に豆類や穀物に付きやすいセレウス菌の影響を受けやすくなっています。

セレウス菌は非常に熱に強く、一定時間加熱しても死滅しません。

菌が繁殖してしまうと、増殖して芽胞を作りおしるこの中は一気に汚染されてしまいます。

セレウス菌に感染すると、下痢や嘔吐といった消化器症状を主に発症することとなります。

また、保存方法を間違えたり、常温で保存しておく時間が長いと、黄色ブドウ球菌やノロウイルスなどの影響を受ける可能性もあり、食中毒の危険性が極めて高くなるので、期限が切れてものについては、食べることなく、破棄するようにしてください。

 

おしるこって腐るとどうなるの?

おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

おしるこは、もともと色が濃いので傷みはじめは非常に分かりにくかったりします。

腐敗が進むと比較的分かりやすいですが、少しでも変だと思ったら食べるのは止めてくださいね。

では、おしるこが腐ったときの状態を見ていきましょう。

腐ったおしるこの状態

・悪臭がする

 

・糸をひく

 

・カビが生える

 

・へんな味がする

などの状況が見られます。

先ほどもお話したとおり、このような状況になると既に傷んでから時間が経過しているので、注意しましょう。

おしるこが余ったときの保存方法は?

おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

おしるこが余ったときに保存する方法は、冷蔵か冷凍保存が基本となります。

次に食べる時のことを考えて保存方法を選択するようにしてみてくださいね。

 

ちなみに、冷蔵・冷凍どちらを選んでも必ず共通して行ってほしいことがあるので、先にお話してしまいますね。

 

保存するまえに行う2つのこと

①粗熱はしっかりとる

出来たてのおしるこをそのまま保温すると、蓋などに水蒸気が付いてしまいそれが傷みの原因となってしまいます。

また、熱い状態で入れると、冷蔵庫に入っている他の食品を傷めるだけでなく、庫内の温度を上げてしまうので、なかなか冷えることが出来なくなってしまいます。

 

ですので、必ず熱い場合には、人肌程度まで冷ましてから保存の工程に取りかかりましょう。

 

②お餅や白玉は必ず取り除く

おしるこにお餅が入っている場合には、しっかり取り除いてください。

そのまま入れておくとお餅の美味しさがなくなってしまいますし、冷凍して解凍するとドロドロに溶けて原型がなくなってしまいおしるこが不味くなってしまいます。

 

 

2つのポイントを実践したら早速保存開始です。

 

冷蔵保存の仕方

①密閉出来るタッパーなどにおしるこを入れる

②蓋をしっかりとしめて空気が入らないようにする

③冷蔵庫に入れて完成

 

タッパーがない場合、ジップロックなどの密閉出来る袋でもOKです。

ジップロックを使う場合には、量を少なめにしてしっかりと空気を抜いて保存するようにしましょう。

 

冷蔵したものを食べるとき

冷蔵保存しておいたおしるこを食べるときには、必ず鍋に入れてしっかりと加熱してから食べるようにしましょう。

鍋で温める場合には、しっかりとかき混ぜて全体が温まるようにしてくださいね。

 

冷凍保存の仕方

①ジップロックなどの密閉袋に小分けにしておしるこを入れる

②しっかりと空気を抜き、封をしめる

③金属トレーの上にジップロックを置き冷凍庫へ入れる

④急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

 

 

解凍方法

解凍する場合には、自然解凍がオススメです。

おしるこを食べたいと思ったら、前日より冷凍庫から取り出し冷蔵庫へ移してゆっくり時間をかけて解凍するようにしましょう。

 

解凍が出来たら、鍋にいれて再加熱すると、出来たてのおしるこを楽しむことが出来ます。

 

おしるこの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?のまとめ

おしるこの賞味期限などをご紹介しました。

 

・常温保存の賞味期限:手作りのものは、1~2時間、市販のものは1年程度

・冷蔵保存の賞味期限;2~3日

・冷凍保存の賞味期限:1ヶ月

 

・期限が切れたおしるこは菌が繁殖している可能性があるので食べない

 

腐ったおしるこの状態

・悪臭がする

・糸をひく

・カビが生える

・へんな味がする

 

・おしるこの保存をする前には、粗熱・お餅を取り除き冷蔵または冷凍保存する

 

大量に作ってしまったおしるこもきちんと保存することが出来れば、冷蔵で数日、冷蔵で1ヶ月は保存が出来ます。

是非今回ご紹介したことを参考にしておいしいおしるこを楽しんでくださいね。

また、いろんな料理の賞味期限、おしることぜんざいの違いなどについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です