桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃は皮を剥いて食べるというのが多いかと思いますが、実は皮ごと食べられる果物だということはご存じでしょうか。

皮ごと食べれば剥く手間が省けて正直楽な気もしますが、皮ごと食べると農薬の付着などによる安全性やそもそも皮に栄養があるのかどうか疑問に思う事もありますよね。

そこで、今回は桃を丸ごと食べるとき注意点や皮の栄養などについてお伝えしていきます。

桃は皮ごと食べられるの?毒や農薬の心配はない?

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃は皮ごと食べられるかということですが、これは食べることが出来ます。

実際に桃農家さんの間では、皮ごと丸ごと食べるというのが常識となっています。

では、丸ごと食べられるということは知っていただけたかと思いますが、気になるのは皮に付着しているであろう農薬などですよね。

それについては、今からお話ししていきますね。

毒はないけれど、農薬には注意!!

まず、桃の皮には毒は含まれていないので、安心してください。

しかし、農薬には注意です。

みなさんもお分かりの通り、桃は非常にデリケートな果物です。

生育段階でもそれは同じで、害虫や病気などに罹りやすく農薬が使われていることがほとんどです。

ただ、その農薬も出荷する際には洗い流されていることがほとんどですが、微量に残っているケースが多いです。

どうしても皮の内部などに入り混んでしまうと落としきることが出来ずに付着したままとなっています。

しかし、付着はしているのですが、きちんと出荷される場合には検査しているので、安全基準値を下回っていれば残っていても問題はないとされています。

とはいえ、皮を食べるときにはいきなり食べるのは良くないので、水洗いなどする必要があるのでその方法は下記でご紹介していきますね。

ちなみに、農薬が気になるという場合には、農園直売所やインターネット販売などでは無農薬の桃なども売られているので探してみるというのも1つの手ですね。

桃の皮に栄養はあるの?

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃の皮にも栄養があります。

・ペクチン

 

カテキン

 

・カリウム

 

・ビタミンE

 

・ナイアシン

などが含まれています。

その中でもペクチンとカテキンの量が多く、私たちの身体に良い影響を与えてくれます。

ペクチンは水溶性の食物繊維であり、腸内で便をやわらかくして便秘を改善したり、下痢気味の時には逆に腸内の粘膜を守って悪化を防ぐ効果をもたらします。

便通改善や善玉菌などを増やして腸内環境を整えてくれるのです。

また、便通だけでなく、コレステロールを抑えることによって動脈硬化などの予防にも効果を発揮してくれるのです。

カテキンは、お茶などに含まれているので効果などご存じの方も多いかと思いますが、抗菌作用や抗酸化作用などを発揮して身体を守る効果があります。

皮と身には違った効果があるので、丸ごと食べることでよりよい栄養をとることが出来るのです。

 

栄養以外にも優れていること!!

栄養ももちろんありますが、それ以上に皮付近には甘み成分がたくさんあります。

実は、桃は皮の下の実が一番甘いとされています。

桃の皮は結構剥きにくいので厚めに切ってしまう人がいますが、実は甘い部分も切り落としている可能性が非常に高くなっているのです。

甘くておいしい桃を食べるのなら、皮付きのまま丸ごと食べるのが一番美味しいということになるのです。

桃を皮ごと食べるときの洗い方は?

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃を皮ごと食べる時には、必ず水洗いをする必要があります。

桃を洗うときには非常に簡単です。

流水を使って桃を洗うだけです。

桃を水につけながら、手で軽く擦るようにして汚れやうぶ毛をなどを取り除くようにしてください。

強くこすってしまうと食べる前に桃が傷んでしまうことがあるので、必ず優しくなでるような感じで水洗いするようにしましょう。

もちろん水で洗うだけでも大丈夫なのですが、念入りに洗いたいという方は、果物や野菜専用のつけ置き洗剤など使うとなお良いでしょう。

桃を皮ごと食べるときの注意点は?

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!

桃を皮ごと食べる時の注意点はいくつかあるのでお話ししていきますね。

①うぶ毛を取り除く

桃には新鮮なものほどうぶ毛がたくさん生えています。

このうぶ毛なのですが、食べてもとくに問題はないのですが、なんとなく食感に影響してきたり、中には口腔内に痒みなどのアレルギー様の症状を引き起こす方もいるので、取り除くようにしましょう。

うぶ毛を取るときには、乾いた布巾などで優しく桃の皮をぬぐったり、水をつけながら手で優しく擦り洗いをすると簡単に取り除くことが出来ます。

 

②新鮮な桃や減薬、無農薬の桃を選ぶ

皮ごと丸ごと食べるのであればやはり安心安全のため、新鮮なものを選んだり、農薬を出来るだけ使っていないものを選ぶのが大切です。

 

③小さい子や高齢者など飲み込む力が弱い人は注意

実は柔らかいので簡単噛んで飲むことが出来ますが、皮はなかなかかみ切れず口に残ってしまうことがあります。

上手く飲み込むことが出来ないと誤嚥などの可能性が高くなるので、そういった場合にはミキサーなどで皮と実を全て細かくしてしまったり、最初から皮は与えないなどするようにしてください。

 

桃は皮ごと食べられるの?栄養はある?丸ごと食べるときの洗い方や注意点もご紹介!のまとめ

桃は皮ごと食べられるのかどうかなどご紹介しました。

・桃の皮は食べることが出来るが、農薬に注意する

 

桃の皮に含まれる栄養

・ペクチン

カテキン

・カリウム

・ビタミンE

・ナイアシン

 

・桃を洗うときには流水を使って優しく擦るようにあらう

 

桃を皮ごと食べるときの注意点

①うぶ毛を取り除く

②新鮮な桃や減薬、無農薬の桃を選ぶ

③小さい子や高齢者など飲み込む力が弱い人は注意

桃は皮ごと食べると栄養も取れますし、甘さも感じられるのでとても良い食べ方です。

ただし、食べるときには注意することもありますので、注意点を守っておいしく食べるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です