ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

しっかりとしたお肉のボリュームにピーマンのほろ苦さが加わって食べ応えのあるおかずと言えばピーマンの肉詰めですよね。

お肉も野菜もとれるのでバランスも良いですし、ご飯のおかずには最適です。

そんなピーマンの肉詰めですが、一度にたくさん作って保存出来たら便利だと思いませんか。

期限が持つなら是非とも保存してご飯やお弁当のおかずなどとして使いたいですよね。

そこで、今回はピーマンの肉詰めの賞味期限や正しい保存方法などご紹介していきます。

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどのくらい持つのでしょうか。

保存方法によって異なるのでそれぞれみていきましょう。

常温保存の賞味期限

ピーマンの肉詰めは基本的に常温保存は出来ません。

1~2時間ほどの短時間でしたら置いておいても問題はありませんが、あまり長く放置しておくのは衛生上よくありません。

ですので、出来れば直ぐに食べる以外は、他の保存方法を試すようにしてください。

 

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存した場合の賞味期限は2~3日ほどとなっています。

もともと傷みやすい挽肉を使っているので、火を通したとしてもあまり長くは持たないでしょう。

出来るだけ早めに食べきるようにしてくださいね。

 

冷凍保存の賞味期限

冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度となっています。

ただし美味しく食べるのであれば冷凍庫内の環境も考えて、冷凍してから1~2週間程度を目安に食べきるようにしましょう。

賞味期限切れのピーマンの肉詰めはいつまで食べられる?

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

賞味期限の切れたピーマンの肉詰めですが、常温や冷蔵は食べることは出来ません。

特に注意してほしいのですが、ピーマンの肉詰めを焼く前の段階の話しになってしまうのですが、生のピーマンに挽肉を詰めてから焼くまでに時間がかかっているものほど、食べられる可能性はほとんどありません。

というのもやはり挽肉は傷みやすい食材です。

時間が経つと旨み成分がドリップとして流れ出したり、肉に含まれる細菌などが増殖してきてしまいます。

もちろんしっかりと加熱すれば細菌などの菌は死滅するものもあるので危険はグッと減りますが、傷みやすいという点では変わりません。

ですので、焼く前にタイムラグがあると大分衛生的に良くないということを覚えておいてください。

こういったことも踏まえると常温や冷蔵は止めて置いた方が良いでしょう。

一方、冷凍に関してです。

冷凍の場合には、期限が切れても1週間程度は食べられる可能性があるでしょう。

ただしあくまでも目安ですので状態をしっかり確認したうえで自己責任で御願いします。

ピーマンの肉詰めって腐るとどうなるの?

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

ピーマンの肉詰めは傷みやすいとお話ししましたが、実際に腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐ってしまったピーマンの肉詰め

・カビが生える

 

・変色する

 

・ネバネバした糸を引く

 

・肉がボロボロになる

 

・変な色の水分が出る

 

・鼻をつくような悪臭がする

 

・食べると酸っぱさや苦み舌がピリピリする

などの状態になります。

こういった状態が見られる場合には食べることは出来ませんので、速やかに破棄するようにしてくださいね。

ピーマンの肉詰めが余ったときの保存方法は?

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!

ピーマンの肉詰めが余った時の保存方法は、冷蔵または冷凍です。

早めに食べる時には冷蔵、長く取って置きたい場合には冷凍を選択するようにしてください。

冷蔵保存の仕方

①ピーマンの肉詰めの粗熱をしっかりとる

②粗熱が取れたらタッパーなどの密閉容器に肉詰めを入れる

③しっかりと蓋をしめて冷蔵庫へ入れる

冷蔵保存するときには、タッパーなどの密閉容器を使うことで汁漏れやニオイ移り乾燥から守ることができます。

 

粗熱を取ってから蓋をしないと水滴でカビが発生しやすいので注意してくださいね。

 

冷凍保存の仕方

①ピーマンの肉詰めの粗熱をしっかりとる

②ピーマンの肉詰めを1つずつラップでしっかり包む

③②をジップロックなどの密閉袋に入れて空気を抜き封をする

④金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑤急速モードまたは通常モードで冷凍開始して完成

冷凍する時には、1つずつラップで包んで袋に入れて二重保存することでパサつきにくくなります。

 

また、パサつきを気にするのであれば、肉汁ごと一緒に冷凍するとしっとりさがキープされますよ。

解凍方法

凍ったピーマンの肉詰めを解凍する場合には、食べたい前日に冷蔵庫へ移してゆっくり解凍するようにしてください。

そして解凍した後は、電子レンジやトースターで十分に再加熱するようにしてください。

ピーマンの肉詰めの賞味期限はどれくらい?保存方法や腐るとどうなるかも調査!のまとめ

ピーマンの肉詰めの賞味期限などご紹介しました。

・ピーマンの肉詰めは基本的に常温保存は出来ない

・冷蔵保存した場合の賞味期限は2~3日

・冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度

 

腐ってしまったピーマンの肉詰め

・カビが生える

・変色する

・ネバネバした糸を引く

・肉がボロボロになる

・変な色の水分が出る

・鼻をつくような悪臭がする

・食べると酸っぱさや苦み舌がピリピリする

 

・余ったピーマンの肉詰めは冷蔵または冷凍保存する

ピーマンの肉詰めは余ってしまうと分かったら早めに冷凍保存した方がより鮮度を保って保存することが出来ます。

正しく保存して期限を守りながら美味しく召し上がってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です