じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもは、皮付きのまま食べることもありますが、そんなときに気になることがありますよね?

皮には毒はないのか、また皮に栄養などはあるかなど疑問に思うことも多々あるでしょう。

皮付きで食べる時に最低限知っておかないといけないこともありますよね。

そこで今回はじゃがいもの皮の毒の有無や栄養素、洗い方までご紹介していきます。

じゃがいもの皮に毒や農薬はある?

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもの皮にまず毒があるかということですが、これは微量にあります。

もともと、じゃがいもの芽の部分には毒があります。

この毒は天然のものでソラニンやチャコニンといった毒素なのですが、芽の部分には多く含まれているので食べると中毒症状を起こす可能性があります。

実は、その毒素は芽だけではな成長過程で皮にも微量に残ってしまうのです。

芽の部分よりは毒性も少なく食べたとしても特に問題はないのですが、皮の部分に毒を持つと皮が緑色っぽくなってしまったり、固くなってしまうので、その部分は取り除いて食べる必要があるでしょう。

他に何もなければしっかり洗い落として皮付きのまま食べることは可能です。

 

そして、農薬についてですが、農薬についても多少付いていることは予想されます。

しかし、出荷するさいには必ず農薬は洗い流され残留検査も行われているので、安全基準をクリアしているのでそこまで神経質に考えなくても大丈夫でしょう。

大抵の場合、食べるときにしっかり洗い落とせば農薬については落とすことも出来ますので下記でご紹介する洗い方を是非参考にしてみてくださいね。

じゃがいもの皮に含まれる栄養素は?

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもの皮にも実は栄養が含まれています。

皮にはじゃがいもの全体の20%くらいの栄養が含まれているとされていて食べないのは結構もったいなかったりするんですよ。

では、どんな栄養素が含まれているかというと・・・・

・ビタミンB2

 

・ビタミンC

 

・鉄

 

・カリウム

 

・マグネシウム

 

・カルシウム   など・・・・

皮には、ビタミンやミネラルなどが多く含まれていて、実の部分と一緒に食べるとより栄養が取れるので、是非一緒に食べることをオススメします。

じゃがいもを皮ごと食べるときの洗い方は?

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもを皮ごと食べるときには、しっかりと洗い汚れや農薬などを落とす必要があります。

落し方はとても簡単ですが、じゃがいもは凸凹した部分が多いのでそこに汚れや土などが溜まりやすくなってしまうので、手で擦るだけでは少し難しいかもしれません。

そこで、使うのはスポンジです。

じゃがいもを水で濡らしたあと、柔らかめのスポンジを使ってじゃがいも全体をなでるようにしていきます。

そして最後に流水をかけて汚れを落として完成です。

土汚れがヒドいところには、スポンジではなくタワシでもOKです。

ただし、この方法には注意点があります。

注意点①水につける時間を長くしない

ついつい水を流しっぱなしにしてじゃがいもを洗ったり、ボウルなどにつけて洗ってしまいがちですが、じゃがいもに含まれる栄養素のほとんどは水溶性です。

水につけている時間が長いと栄養素が水に流れ溶け出してしまうので、水につける時間は最小限にとどめておくようにしてください。

注意点②品種によっては手だけ使って洗う

新じゃがなどがそうなのですが、皮が柔らかいものだとスポンジなどで洗うと力が強く加わってしまい皮が剥けてボロボロしてしまうことがあります。

そういうことを避けるためにも品種によってはスポンジは使わず手でさっと洗うようにしてください。

じゃがいもを皮ごと食べるときの注意点は?

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!

じゃがいもを皮ごと食べる時の注意点はいくつかあるのでそれぞれお話ししていきましょう。

①変色している部分や芽の部分は取り除く

先ほどもお話ししましたが、皮に緑色の部分や芽があったら、それは毒なので注意です。

その部分や周囲の皮を出来るだけ厚めにむき、緑色の部分や芽を完全に取り除くようにしましょう。

②水洗いをする

洗い方でご紹介した方法でしっかり汚れなどを落としきるようにしましょう。

③家庭菜園などで作った小さめのじゃがいもの皮は剥き食べない

実は、小ぶりなじゃがいもほど毒素をため込みやすく食中毒になってしまうというケースが多いのです。

家庭菜園や学校の授業などで栽培されたじゃがいもなどは小ぶりなものが多く、皮にも毒素が強く残っています。

ですので、市販のもの以外は皮を食べない方が安心でしょう。

④無理に食べない

じゃがいもの皮は品種や時期によって固さが違ってきます。

固いものは食べた時にかみ切れなかったり飲み込みずらかったするので小さい子や高齢者の方には不向きです。

そういった場合には無理に食べないようにしましょう。

また、どうしても皮も食べたいと言うときには比較的柔らかく食べやすい新じゃがの皮を食べるようにしましょう。

じゃがいもの皮に毒はある?皮ごと食べるときの洗い方や栄養素も徹底調査!のまとめ

じゃがいもの皮に毒があるのかどうかなどご紹介しました。

・じゃがいもの皮には微量に毒があるがあまり過剰に気にしなくても大丈夫

・農薬も付いている可能性はあるが、安全性はクリアしておりさらに洗い流せば問題はない

 

じゃがいもの皮に含まれている栄養素

・ビタミンB2

・ビタミンC

・鉄

・カリウム

・マグネシウム

・カルシウム

 

・じゃがいもを皮ごと食べるときにはスポンジを使って水洗いする

 

・じゃがいもを皮ごと食べるときの注意点

①変色している部分や芽の部分は取り除く

②水洗いをする

③家庭菜園などで作った小さめのじゃがいもの皮は剥き食べない

④無理に食べない

じゃがいもの皮にも栄養がありますが、それと同時に毒も微量にあります。

しかし食べることは出来るので、食べるときには、注意点を守りつつ美味しく食べましょう。

また、じゃがいもの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です