プレッツェルの賞味期限や日持ちはどれくらい?保存方法は?

プレッツェルの賞味期限や日持ちはどれくらい?保存方法は?

ドイツが発祥である焼き菓子パンのプレッツェル。

形が結び目のような感じになっていて、独特なデザインですが、可愛いですよね。

大きいものから、クラッカーのような食べやすい大きさのものまで幅広くあります。

味も素朴な感じでついつい、食べだすと止まらないということもありませんか?

スティック状のも売っていて、日本ならではの味も。

今回は、プレッツェルの賞味期限がどのくらいなのか、賞味期限が切れたプレッツェルをいつまで食べても大丈夫なのか、腐るとどうなるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

プレッツェルの賞味期限はどれくらい?

プレッツェルの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

例として

  • 沖縄限定プレッツェル: 製造日より360日。
  • 北海道山わさびプレッツェル: 製造日より365日。
  • 北海道海老塩プレッツェル: 製造日より365日。
  • サヴァ缶プレッツェル: 製造日より12ヶ月。
  • オーガニック クヌスパリプレッツェル: 製造日より1年3ヶ月。

となっています。

パンタイプのものは、常温で賞味期限3日ぐらいですよ。

どのメーカーのものも大体1年ぐらい賞味期限がありますよ。

この日数は未開封の時に有効です。

開封した後は、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

目安としては、2週間ぐらいです。

賞味期限切れのプレッツェルはいつまで食べられる?

賞味期限が切れたプレッツェルはいつまで食べても大丈夫なのでしょうか?

賞味期限が記載されているので、多少過ぎたとしても食べることができますよ。

余裕を持って日付が設定されています。

すぐに傷むことはありません。

ただし、味や風味は劣化している可能性は大きいです。

できるだけ早めに食べ切るのが良いでしょう。

賞味期限が過ぎたものを食べるときは、食べる前にしっかり傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてくださいね。

ちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて処分するようにしましょう。

こんなコメントも。

賞味期限切れを食べるときは、自己責任においてお願いします。

プレッツェルって腐るとどうなるの?

プレッツェルの賞味期限や日持ちはどれくらい?保存方法は?

プレッツェルが腐るとどうなるのでしょうか?

  • 変な味がする。
  • 変な匂いがする。
  • 湿気てシナシナになっている。
  • 水分を含んでいる。
  • カビが生えている。
  • 虫がついている。
  • 酸化したような感じになっている。
  • 油が浮いた感じになっている。

というような感じになっていたら、食べるのをやめて処分してくださいね。

プレッツェルが余ったときの保存方法は?

プレッツェルの賞味期限や日持ちはどれくらい?保存方法は?

プレッツェルが余った時の保存方法はこちら。

常温保存

しっかり口を閉じ、密封できる容器などに入れて常温で保存しましょう。

高温多湿にならない場所を選んでくださいね。

乾燥剤があれば、一緒に入れておくと良いですよ。

匂いがきついものと一緒にしないようにしましょう。

湿度の影響を受けやすいので、できるだけ、少ない場所を選んで保存してくださいね。

冷凍保存

パンタイプのプレッツェルの場合は、冷凍保存することができます。

それぞれ1つずつ、ラップでしっかり包み、その後、ジップロックなど密封できる容器に入れてから冷凍しましょう。

食べるときは、サッと軽く温めてあげるだけでOKです。

パンタイプで食べ切れなかった時に利用してみてくださいね。

プレッツェルの賞味期限や日持ちはどれくらい?保存方法は?のまとめ

プレッツェルの賞味期限がどのくらいなのか、日持ちはどれくらいするのか、保存方法など詳しくご紹介いたしました。

プレッツェルの賞味期限は、味によらず、大体1年ぐらい持つものがほとんどです。

この日数は未開封の時に有効ですよ。

開封した後は、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

時間と共に、味や風味も落ちていってしまうので気をつけてくださいね。

湿度の影響を受けやすいので、しっかりと密封できる容器に入れ、高温多湿にならない場所を選んで保管してください。

小腹がすいた時、おつまみとして、美味しいプレッツェル。

本場ドイツの味と一緒に、日本のご当地の味も楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です