ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

ライチは南国の果物で、みずみずしくて甘くてとても美味しいですよね。

赤い厚い皮の中から白い実が出てきて特徴的で見た目も可愛い!

色合いにどことなく惹かれてしまいます。

そんなライチの賞味期限ってどのくらいか知っていますか?

いつまで食べても大丈夫なのか、腐ったらどうなるのかなど詳しくご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

ライチの賞味期限はどれくらい?

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

ライチの賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

生のライチの賞味期限は基本1週間ぐらいです。

  • 常温保存: できません。
  • 冷蔵保存: 1週間ぐらい
  • 冷凍保存: 1ヶ月から1年

になっています。

保存方法によって賞味期限も変わってくるのです。

冷凍するときは、なるべく新鮮なうちに入れておくと1年持つこともありますよ

常温保存は残念ながらできません。

そのまま置いておくと、皮の色が変わったり味が落ちたり傷んだりするのが早くなってしまうので、必ず冷蔵庫または冷凍庫に入れて保存してくださいね。

賞味期限切れのライチはいつまで食べられる?

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

賞味期限が過ぎたライチを食べても大丈夫なのでしょうか?

傷んでいなかったら多少すぎても食べることができます。

冷凍庫に入れておくと上手に入れないと冷凍焼けを起こしていたということもあるので注意が必要です。

ただし食べる前にしっかり傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてくださいね。

見た目が綺麗でも中だけすでに傷んでいたなんてこともあり得るので注意が必要です。

ちょっとでも変だなぁとか、いつもと違うと感じたら食べるのをやめましょう。

時間とともに味も風味も劣化していってしまうのでなるべく美味しいうちに早めに食べ切る方が良いですよ。

ライチって腐るとどうなるの?

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

ライチって腐るとどうなるのでしょうか?

  • 皮の部分が赤や茶色以外の色に変色している。
  • 変なニオイがしている。
  • カビが生えている。
  • 水分が出てベチャベチャになっている。
  • 中の実の部分が変色している。
  • 味が変になっている。
  • 冷凍焼けをしている。

と言うような感じになっていたら傷んでいるので食べないでくださいね。

見た目は綺麗でも中の実が傷んでいたと言うこともあるので気をつけてください。

カビが生えている部分だけ取り除いて食べようなんて思わないでくださいね。

次のような場合は、ギリギリセーフです。

でも早めに食べないとダメですよ。

  • 皮の部分がシワシワになってきている。
  • 中の実の色が茶色くなってきている。

と言う感じになっていたらまだギリギリ食べられるラインです。

ライチって乾燥にすごく弱い果物なんです。

乾燥に気をつけて保存しないといけません。

中の実が茶色くなってしまうのは、ポリフェノールが原因。

ポリフェノールが空気に当たることで茶色く変色してしまうのです。

そのまま食べても大丈夫ですが、気になるときは、茶色くなった部分だけとって食べるようにすると良いですよ。

ライチを長持ちさせる保存方法は?

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

ライチを長持ちさせる保存方法はこちら。

ライチの保存方法には、冷蔵庫と冷凍庫があります。

冷蔵庫保存

ライチを皮のついたままビニール袋に入れて野菜室に保存しましょう。

ビニールに入れる前に新聞紙で包んでから保存する方法もありますよ。

軽く水洗いしてから冷蔵する方が、乾燥からも守ってくれるのでオススメです。

ライチってすごくデリケートな果物。

ちょっとでも傷がついたらそこから傷んでしまいます。

新聞紙で包んでからビニール袋に入れる方が皮を保護してくれますよ。

冷凍保存

長くもたせたいときは、冷凍保存が1番。

買ってきたばかりの新鮮なライチをラップで包み冷凍用のジップロックなどに入れて冷凍庫に入れます。

なるべく重ならないように入れてくださいね。

瞬間冷凍があるならそれを利用しましょう。

なるべく新鮮なうちに冷凍してください。

そのほうが冷凍焼けの被害にもあいにく、長く持ちますよ。

1年大丈夫だったということも。

味も風味も劣化せずに大丈夫だったという経験があります。

ただ冷凍庫の温度の変化にも左右されることもあるので1年完全に大丈夫というわけではありません。

食べるときは自然解凍で食べてくださいね。

再冷凍することはできませんよ!

必ず食べられる分だけ解凍するようにしてください。

ライチの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?のまとめ

ライチの賞味期限がどのくらいなのか、腐ったらどうなるのか保存方法など詳しくご紹介いたしました。

ライチは乾燥に弱くとても繊細な果物です。

生のライチは1週間ぐらいが賞味期限です。

  • 冷蔵庫: 1週間
  • 冷凍庫: 1ヶ月から1年

ちょっとでも皮の傷がつくとそこから傷んでしまいます。

生のライチが手に入ったら、美味しいうちに食べ切るのが1番良いですよ。

もしどうしても食べられないときは、手に入ったときにすぐに冷凍保存することをお勧めします。

常温保存はできません。

すぐに食べるときは、水洗いをしてから、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

美味しいライチ上手に保存して堪能してくださいね。

またいろんな果物の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です