レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

食物繊維や鉄分、ビタミンを摂るのに、手っ取り早いレーズン。

簡単に口に入れることができるのでとても便利ですよね。

またお菓子作りやパン作りなどにもさっと使うことができて、あるととても重宝します。

小腹が空いた時にさっと食べられるのでお家でいつも常備させてあるのですよね。

でも、食べているとどうしても途中で飽きがきてしまうこともありませんか?

その結果、気づいたら賞味期限がすぎていたなんてこともあるのです。

賞味期限を過ぎたものを食べていても大丈夫なのかって迷いませんか?

今回は、レーズンの賞味期限や、いつまで食べても大丈夫なのかなど詳しくご紹介いたします。

レーズンの賞味期限はどれくらい?

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

レーズンの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

普段あまり気にしたことがない人も多いのではないでしょうか?

私も気にしたことがなく、乾燥しているし、大丈夫かなって思って食べていたりするのです。

通常、1年ぐらいになっているものがほとんどです。

これは未開封の時に有効な日数です。

メーカーによっては、180日と設定しているものもありますよ。

買った時にどのくらいの日数になっているのか、確認しておくと安全ですね。

開封した場合は、日がたつにつれて味も風味も落ちて行ってしまいます。

だからできるだけ早めに食べ切るのが良いのです。

開封した後はだいたい2週間ぐらいとなっています。

例として

  • レーズン カリフォルニアレーズン850g: 製造日より245日。
  • アリサン オーガニック 有機JAS認定ゴールデン・サルタナレーズン: 1年。
  • たまちゃん しあわせのドライフルーツ(レーズン): 製造日から5ヶ月。

レーズンの賞味期限

  • 未開封: 1年ぐらい(メーカーにもよる)
  • 開封ずみ: 2週間ぐらいが目安。なるべく早めに食べ切る!
  • ラム酒づけ: 半年から1年。
created by Rinker
SUNRISE
¥1,080 (2021/11/29 21:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

通販で購入するときは、販売ページに書いている賞味期限をよくチェックしてくださいね!

賞味期限切れのレーズンはいつまで食べられる?

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

レーズンには、賞味期限が記載されているので、この日をすぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

余裕を持って設定されているので、多少すぎても食べても大丈夫なのです。

ただし、賞味期限がすぎたものを食べるときは、自己責任においてお願いします。

食べる前に傷んでいないかチェックして、ちょっとでも変だと感じたときは処分するようにしましょう。

賞味期限を過ぎたものは、味や風味が落ちているので、美味しさは変わっていると思いますよ。

賞味期限を2ヶ月すぎたものを食べたことがあるのですが、問題なく食べることができました。

そのまま食べることはもちろん、お料理に使ったりする方が美味しく食べられるかもしれません。

レーズンって腐るとどうなるの?

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

レーズンが腐ると次のような感じになりますよ。

  • 変なニオイがしている。
  • 変な味がする。
  • カビが生えている。
  • ヌルヌルしている。
  • 糸を引いている。
  • 虫が湧いている。

このようになっていたら捨ててくださいね。

長くおいて置くと、表面が白くなっていたり、触った時にベタベタしていることもあります。

このようなときは、傷んでいるわけではないので食べても大丈夫ですよ。

糖分が溶けてそのようになっているだけなのです。

でも、カビが生えているときは、その部分だけとって食べるということはできません。

見えないところまでカビの菌は浸透している可能性があるので、必ず捨てるようにしてくださいね。

レーズンの正しい保存方法は?

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

レーズンの正しい保存方法はどのようにすると良いのでしょうか?

基本、常温保存で大丈夫なレーズンです。

未開封なら、直射日光が当たらない涼しい場所で保存しましょう。

湿度の影響が少ない場所で保存するのが望ましいですよ。

開封したものは、しっかり密封できる容器に入れてくださいね。

開封したものも、常温保存で大丈夫です。

夏場の暑いときで、心配なときは、冷蔵庫に入れて保存することも可能ですよ。

その場合もしっかり密封できる容器に入れてから保存するようにしてください。

すぐに使い切れそうにないときは、レーズンのラム漬けなどを作ってから保存するのもオススメですよ。

ラムレーズン

材料: レーズン50g、ラム酒80cc

作り方

  1. 煮沸した瓶を用意する。
  2. お鍋でお湯を沸かし、沸騰した中にレーズンを入れ、10秒湯がく。(植物油脂という言葉が書かれていないレーズンはこの工程をとばす)
  3. ざるにあげた脂分を落としたレーズンをもう一度お鍋に入れて乾煎りし、水分を飛ばす。(植物油脂が書かれていないものは必要ありません。)
  4. レーズンを煮沸した瓶に入れてラム酒をひたひたに入れて密封します。
  5. 涼しい場所でつけて置く。1週間後が食べごろ。

この方法で、半年から1年保存することが可能ですよ。

取り出すときは、綺麗なスプーンで取り出して食べてくださいね。

レーズンが水面から出てきていたらさらにラム酒を足してください。

保存方法

  • 未開封: 直射日光の当たらない涼しい場所で保存。
  • 開封ずみ: 密封容器に入れて、直射日光の当たらない涼しい場所で保管。夏場の暑いときで心配なときは、冷蔵庫で保存。
  • レーズンのラム酒漬けを作って保存。

レーズンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!のまとめ

レーズンの賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどのようになるのか、保存方法はどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

レーズンはメーカーによって賞味期限が変わってきます。

通常は1年ぐらいのものがほとんどです。

賞味期限が記載されているので、すぎてもすぐに傷むことがなく、食べることが可能です。

ちょっとでもいつもと違うと思ったら、食べるのをやめて処分してくださいね。

未開封も開封ずみも直射日光の当たらない涼しい場所で、常温保存で大丈夫です。

ラム酒漬けにしたら、開封した後の賞味期限を伸ばすことができますよ。

栄養がたっぷりのレーズン。

上手に保存して美味しく食べてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です