れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!

れんこんがおいしい時期になってきましたね。

れんこんを調理していると、切ったあとに色が黒ずんできてしまったり変色してしまってビックリしたという経験をしたことがあるという方もたくさんいるかと思います。

色が黒っぽくなってしまうのは、れんこんあるあるなのですが、なぜ変色してしまうのでしょうか。

また変色してしまったものは食べられるのでしょうか。

そこで今回は、れんこんが変色してしまう理由や食べられるかどうか、変色防止法などをご紹介していきます。

れんこんが黒や紫に変色したものは食べれる?

れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!

れんこんが変色してしまったものが食べられるかどうかということですが、結論からお話ししてしまうと、

皮を剥いた後や切った後に黒や紫色っぽく変色したものに関しては食べることは問題はありません。

ただし、すでに最初から黒く変色しているものは食べることは出来ません。

 

もう一度お伝えしますが、切った後や調理中に変色したものは、多くのれんこんにおこる自然現象なので全く食べても問題はありません。

変色してしまうとどんどん変色が進んでいってしまいますので、見た目的に良くないので変色を止めるまたは防止する必要があります。

また進んでしまった変色を食べることに問題はありませんが、見た目的に食べたくないと思ったらその部分を切り取って取り除くようにしてくださいね。

変色原因や防止法などは下記で説明していきますね。

れんこんが変色する原因って何?

れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!

れんこんが変色してしまう理由ですが、それはれんこんに含まれるポリフェノールが原因です。

レンコンに含まれるポリフェノールはタンニンという成分です。

れんこんはアクが多い野菜で、このアクはタンニンです。

タンニンが多く含まれているれんこんは切った後にそのままにしておくと、空気に触れて酸化が始まり黒っぽく変色していきます。

変色はれんこんの表面だけでなく、れんこんの穴の中まで変色が起こります。

黒くなるのは、主にタンニンの酸化が原因なのですが、紫色っぽくなると鉄が影響してきます。

実はタンニンですが、鉄と反応すると紫に変色する性質をもっています。

例えば、鉄製のお鍋やフライパン、包丁などを使用してれんこんを調理すると、たちまち色が紫っぽく変色してしまうことがあるのです。

黒や紫に変色することはよくあることなので、あまり気にせずそして防止する方法もあるので試してみてくださいね。

れんこんの変色を防ぐ方法は?

れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!

れんこんを変色させないためにする方法は主に2つです。

酢水にさらす、または水にさらすだけでOKです。

より変色を抑えたいのなら酢水につけるほうが効果はあります。

それぞれの方法をみていきましょう。

酢水にさらす方法

①ボウルに水1リットル、お酢小さじ1程度入れよく混ぜる

②れんこんの皮を剥き食べやすい大きさに切る

③切ったれんこんを①の中に入れて5~10分ほどさらす

④ザルなどにあげて水分をしっかりときり完成

酢水につけるのは長くても10分以内にとどめるようにしてください。

 

あまり長くなってしまうと、れんこんの栄養成分などが抜けてしまうので注意してください。

 

また、サラダなどにれんこんを使いたい場合には、茹でるときにお酢を入れて茹でるのも効果的ですよ。

方法は酢水につけるときとほぼ同じで、大きめの鍋に水を1リットルほど入れてお酢を小さじ1入れてかき混ぜてから切ったれんこんを入れて、火にかけて茹でるだけです。

 

茹で時間は大きさにもよりますが、8分程度です。

 

茹でるのはれんこん単体だけで他のものは一緒にしないでくださいね。

私もよくこの方法でれんこんを茹でるのですが、茹で上がったあった後に変色はしたことはないですし、サラダなどにしたあともきれいな白いままのれんこんでとても美味しいです。

茹でたあとは少しお酢のツーンとしたニオイが残っている気はしますが、味は特に分からないですし、ニオイも次第に消えているので、茹でれんこんを使う時には時短にもなっておすすめですよ。

 

水にさらす方法

①ボウルなどに水をいれる

②れんこんの皮を剥き食べやすい大きさに切る

③切った物を水にさらしながら軽く擦り洗いをする

④全体的に擦り洗いをしたら5~10分水に浸す

⑤ザルなどにあげて水分をしっかり切って完成

水につけて擦り洗いをすることで、れんこんのデンプンやアクが取れやすくなります。

食べられないれんこんの見分け方は?

れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!

れんこんは、切った後に変色する場合には食べられますが、既に切ったときに変色などしていた場合には食べることができません。

ですので、ここでは食べられないれんこんの状態をみていきましょう。

食べられない腐ったレンコン

・切ったときに既に黒く変色している部分がある

 

・グニャグニャしている

 

・ヌメヌメしている

 

・変色部分がドロドロしている

 

・酸っぱいような悪臭がする

 

・カビが生える

などの状態が見られているときには腐っている可能性が高いので食べることなく破棄するようにしましょう。

れんこんが変色して黒いのは食べれる?防ぐ方法や原因も詳しくご紹介!のまとめ

れんこんの変色する原因などご紹介しました。

・皮を剥いた後や切った後に黒や紫色っぽく変色したものは食べることは出来る

・切る前から既に黒く変色しているものは腐っている可能性がある

 

・れんこんが変色するのはタンニンが酸化するから

・変色防止するには酢水または水にさらす

 

食べられない腐ったれんこん

・切ったときに既に黒く変色している部分がある

・グニャグニャしている

・ヌメヌメしている

・変色部分がドロドロしている

・酸っぱいような悪臭がする

・カビが生える

れんこんはタンニンが多く含まれているので調理中容易に変色します。

きれいな白色をキープするならやはり酢水または水につけるのが良いので一手間ですが是非試すようにしていてくださいね。

また、れんこんの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてください。

>>レンコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるかの見分け方や保存方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です