さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

甘酸っぱくてさっぱりと食べられるのがさくらんぼですよね。

さくらんぼを子どもにも食べさせてみたいけれど、どの時期から初めて良いか分からないというパパやママもいることでしょう。

さくらんぼは種を処理すれば基本的にそのまま食べられる果物ですが、赤ちゃんに与える場合には、皮を剥いたりしないといけないのでしょうか。

そこで今回は、さくらんぼを何歳から赤ちゃんに与えて良いのか、皮はむくべきなのか、与え方などを含めてお伝えしていきます。

さくらんぼを離乳食で与えるのは何歳から?

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

さくらんぼを離乳食で使える時期ですが、一体どのくらいからでしょうか。

実は、さくらんぼは意外と早い時期から与えることは可能です。

生後5~6ヶ月の離乳食初期から与えても良い果物なので上手に取り入れてみてください。

 

ちなみに、時期別に与え方も少しお話ししていきましょう。

離乳食初期

離乳食初期は生後5~6ヶ月の時期です。

この時期は、さくらんぼの種と皮を取り除き、すりつぶしてから加熱して与えましょう。

数回食べても特に問題もなく経過していれば、加熱処理はしなくても良いです。

 

離乳食中期

離乳食中期は生後7~8ヶ月です。

この時期は、さくらんぼの種と皮を取り除き、すりつぶしてから与えるようにしましょう。

 

離乳食後期

離乳食後期は生後9~11ヶ月です。

この時期は、種を取り除いてから食べやす切り刻んでから与えるようにしましょう。

 

離乳食完了期

離乳食完了期は生後1才以降です。

この時期は、種を取り除いてから4分の1程度に切って与えるようにしましょう。

 

さくらんぼをそのまま食べさせていいのはいつから?

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

さくらんぼは大きくなればそのまま食べさせても大丈夫ですが、小さいうちは何かと手を加えてあげることが必要です。

さくらんぼの皮をむいたりしなくても良いのは離乳食後期ぐらいからですが、まだ種はとり除いてあげる必要があるので、完全にそのまま食べさせるという感じではありません。

完了期がきた1才でもまだ種を取り除いてあげる必要があります。

どうしても、さくらんぼは小さいですし、種もあるので誤飲の危険性が高いので完全1人で食べられるようになるまでには時間がかかるかもしれません。

完全にそのまま出せるとしたら、個人差もありますが早くても3才以上、遅くても5才くらいが妥当じゃないでしょうか。

3才くらいなら大分食事も落ち着いて出来る子が増えてきますし、種の存在やよく噛んで食べることを説明すれば大丈夫なはずです。

ただし、いくらそのまま食べられるようになったからと言って、いきなり突き放すのではなく月齢が小さければ小さいほど食べるときには必ず見守ってあげてくださいね。

さくらんぼを離乳食で使うとき皮はむく?

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

さくらんぼを離乳食で使う時に気になるのが皮の存在ですよね。

皮があるとどうしても赤ちゃんは飲み込んだりすることが出来ません。

ですので、ある月齢までは皮をむいてあげるようにしてください。

ちなみに、皮をむいてあげる目安ですが、中期の8ヶ月あたりまでです。

中期頃までは皮をむいて与える方が赤ちゃんにも安心です。

 

さくらんぼの皮のむきかた

さくらんぼは小さいので皮をむこうとすると結構難しいかもしれません。

そのまま手で向くと実がぐしゃっとしたり、包丁などでそぎ落とすと実がなくなってしまうことがあります。

そこで、確実にむけるむきかたをお伝えしますね。

その方法は、さくらんぼを一度冷凍するだけです。

さくらんぼをよく洗って、水気をしっかりペーパーなどで拭き取り、ジップロックなどの密閉袋に入れて冷凍します。

そして使いたいときに、冷凍庫から取りだして半解凍になったら皮をめくっていくとするっとむけます。

さくらんぼは冷凍すると1ヶ月程度日持ちしますし、皮をむかなくてはいけない月齢であれば冷凍しておくほうが後に楽なこともあるので、是非試してみてくださいね。

さくらんぼを赤ちゃんに与えるときに注意することは?

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?

さくらんぼを赤ちゃんに与える時には注意することがいくつかあります。

①アレルギーに注意

さくらんぼでアレルギーが出るのは稀ですが、果物はアレルギーが出やすいものが多いので注意しましょう。

アレルギーの症状は発赤や発疹、下痢、嘔吐など一般的な症状から、アナフィラキシーショックまで重度なものに渡ります。

特に初めて食べるときには平日の病院の空いている時間帯に少量から初めて必ず経過観察をするようにしましょう。

少しでもおかしいと思ったら直ぐに与えるのは中止して必要に応じて病院へ受診しましょう。

 

②誤飲に注意

さくらんぼは、誤飲しやすい食べ物です。

ふとしたときに誤って飲み込んでしまったり、種を取り除かずに飲んで窒息する危険性もあります。

必ず食べさせる時にはその時の月齢に合わせて、また必ず隣で見守るようにしてくださいね。

 

③与える量に注意

さくらんぼは果物ですので、果糖が含まれています。

あまり食べさせすぎてしまうのは、身体に負担がかかるので必ず適正量を守るようにしてくださいね。

適正量の目安

 

☆離乳食初期・・・2~3粒(10g程度)

 

☆離乳食中期・・・3~4粒(20g程度)

 

☆離乳食後期・・・4~5粒(30g程度)

 

☆離乳食完了期・・5~6粒(40g程度)

また、さくらんぼの種についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

さくらんぼは離乳食で何歳から?皮はむく?そのまま食べていいのはいつから?のまとめ

さくらんぼを赤ちゃんに与えるときについてご紹介しました。

・さくらんぼは、手を加えてあげれば初期から食べられる果物

・中期ころまではさくらんぼの皮をむいて与える

・そのまま食べられるのは3才以降を目安にする

 

さくらんぼを与える時の注意点

①アレルギーに注意

②誤飲に注意

③与える量に注意

さくらんぼは早い時期から与えることが出来ますが、ある程度年齢がいくまでは1人で食べさせるのは危険なので必ず種を取ってあげたり、切ってあげたり食べやすいようにしてあげてくださいね。

是非今回の記事を参考にお子さんがおいしく食べられるように工夫してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です