さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!

さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!

秋になると必ずと言って良いほど秋刀魚食べたくなりますよね。

脂がのっていて、塩焼きにするだけでもとても美味しいです。

ついついあると食べ過ぎてしまうのですよね。

ご飯のお供にもぴったり。

煮込んでも、焼いても、加工しても、さらにお刺身として食べてもどれもほっぺが落ちてしまうぐらい美味しいものです。

今回は、さんま について、食べ過ぎると体に悪いのか、どのくらいのカロリーがあるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

さんまを食べ過ぎると太ったり腹痛になったりするの?

さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!

美味しくてついつい食べ過ぎてしまう さんま ですが、食べ過ぎると太ったり、腹痛になったりすることもあるのだとか。

でも、本当にそのようなことが起こるのでしょうか?

糖質はほぼないのですが、カロリーが高めの魚です。

だから、たくさん食べれば、それだけ脂分も取ることになり太ってしまいます。

さんまにはオメガ3脂肪酸がたくさん入っていて、食べ過ぎると、糖尿病を引き起こすきっかけになってしまったりすることもあるそうなのです。

そしてもっと嬉しくないことは、DHAやEPAを取り過ぎてしまうと、体の中で酸化してしまってかえって悪さをしてしまうそうなのです。

そうすると、活性化酸素を増やしてしまうことにも繋がり、老化促進を起こしてしまうとか。

せっかく体に良いものを食べたのに、こうなってしまったら悲しいですよね。

DHAやEPAは血液をサラサラにする効果もあるので、取りすぎると出血が止まりにくくなったり、鼻血が出てきたりしてしまうとか。

なんでも、食べ過ぎは禁物だということ。

いくら体に良い栄養素が入っていても、1日に食べる量はしっかり守ってくださいね。

さんま一匹あたりのカロリーや糖質は?

さんま 1匹あたりのカロリーや糖質ってどのくらいなのでしょうか?

普段食べているとあまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

ズバリこうなります!

サンマ100gあたり

食べ方 方法 カロリー 糖質
サンマ(100g)生自体 297kcal 0.1g
刺身 335kcal 0.2g
塩焼き 270kcal 0.1g
開き干し 261kcal 0.1g

お刺身で食べるより焼いてある方がカロリーが低いのですね。

焼いているときに脂が落ちるということ。

ヘルシーに食べたいなら、焼き魚もしくは、開き干しになっているものを食べると良いのですね。

お料理別になるとこうなるのですって。

お料理別 カロリー 糖質
みりん干し 409kcal 20.4g
味付けの缶詰 268kcal 5.6g
蒲焼き缶詰 225kcal 9.7g
竜田揚げ 398kcal 14.8g

 

味付けなどでも色々変わってきますね。

さんまって他のお魚に比べると高カロリーな魚と言えるのです。

通常のお魚の平均的なカロリーは、116kcalとされています。

そう考えると、生の時点で297kcalはあるので高めですよね。

でも、栄養素がたっぷり入っているので、食べ方に気をつけながらたくさん食べたいところです。

さんまの1日当たりの適量は?

さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!

さんまの1日当たりの適量としては、1尾でしょう。

100gでカロリーは、297kcalもあるので、調理方法にもよりますが、1尾を目安にしておくと安心です。

ちなみに、中くらいのさんま1尾を焼いて食べた場合、DHAは約1200mg、EPAは約550g含まれているそうですよ。

1尾だけだと物足りないという人も多いでしょう。

でも、ここはグッとこらえて。

1尾をしっかり味わって食べてくださいね。

さんまの太らない食べ方は?

さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!

さんま のカロリーは高めということがわかりました。

太らない食べ方でいちばんのオススメは、やっぱりシンプルに塩焼きです。

余分な脂分を落として食べることができるので、カロリーをダウンさせることができますよ。

さんまの食べ過ぎはどうなる?太らない食べ方や気になるカロリーも!のまとめ

さんまの食べ過ぎはどうなるのか、太らない食べ方や、カロリーなど詳しくご紹介いたしました。

脂がのっているさんま 。

栄養価も高く、たくさん食べたくなりますよね。

でも、実は高カロリーな魚だったのです。

そして食べ過ぎると、糖尿病を引き起こしたり、老化を促進させてしまったり、鼻血が出やすくなったりと色々悪いことも起こってしまいます。

1日の目安量は1尾となっています。

いくら美味しいとはいえ、食べ過ぎは禁物ですよ。

さんまは、いろいろな食べ方ができますが、ヘルシーに食べたいのなら焼き魚がオススメ。

食べる量を守って、美味しいさんま、ぜひ堪能してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です