さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

さんまが美味しい時期になってきました。

さんまと言えば塩焼きですよね。

ふっくらとした身と良いニオイが食欲をそそりますね。

そんなさんまの塩焼きですが、焼いてから直ぐに食べられれば良いですが直ぐに食べることが出来ない場合や焼いておいてあとでゆっくり食べたいなんてこともあるかと思います。

ただそんな時に気になるのが賞味期限ではないでしょうか。

そこで、今回はさんまの塩焼きの賞味期限や正しい保存方法をご紹介していきます。

さんまの塩焼きの賞味期限はどれくらい?

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

さんまの塩焼きはどのくらい賞味期限がもつのでしょうか。

保存方法別に期限が違ってくるのでそれぞれみていきましょう。

常温保存の賞味期限

さんまの塩焼きは常温保存することが出来ます。

常温での賞味期限は、当日中です。

ただし、部屋の温度が涼しいということが大前提です。

まだまだ暑い日などが続くので暑い時には他の保存方法をするようにしてくださいね。

 

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵での賞味期限は、1~2日程度です。

冷蔵でも保存は出来ますが、正しく保存しないと乾燥してしまったり傷みが進んでしまいますので、後ほどご紹介する保存法をしっかり読んで実践してみてくださいね。

 

冷凍保存の賞味期限

冷凍での賞味期限は、2~3週間程度です。

比較的長く保存出来ますが、冷凍しても劣化は進んでいきますし、おいしく食べるのであれば冷凍後1週間以内に食べきるようにすると良いでしょう。

賞味期限切れのさんまの塩焼きはいつまで食べられる?

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

賞味期限が切れたさんまの塩焼きですが、食べるのは止めておきましょう。

他の食品だと冷凍だと少し期限が切れても大丈夫ということもありますが、さんまの塩焼きは冷凍でも食べるのは厳しいでしょう。

というのもさんまの塩焼き自体傷みが早い食べ物です。

魚ということが大きな要因なのですが、塩焼きするときに内臓や骨などをつけたまま丸ごと焼き保存すると、そこから傷み始め全体に腐り始めてしまいます。

どうしても傷むスピードは止められないので賞味期限が切れる頃には腐りかけている可能性が高くなるので食べるのは止めて起きましょう。

さんまの塩焼きって腐るとどうなるの?

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

さんまの塩焼きは傷みが早いとお伝えしましたが、実際に腐ってしまうとどのような状態になってしまうのでしょうか。

腐ったさんまの塩焼きの状態

・鼻をつくような悪臭がする

 

・身がくじゃっとドロドロになる

 

・変な色の水分が出てくる

 

・カビが生える

 

・ネバネバした糸を引く

 

・食べると苦みやエグミ、酸っぱい味がする

 

・舌がピリピリする

などの状態が見られます。

特に生臭さや酸っぱいニオイなど傷み始めると強烈なニオイを発してきます。

またカビなども発生しやすく直ぐに傷んだ状況は分かるかと思います。

腐ってしまったさんまの塩焼きを食べると食中毒の危険性が高くなってしまうので少しでもおかしいと思ったら食べずに破棄するようにしてくださいね。

さんまの塩焼きが余ったときの保存方法は?

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!

さんまの塩焼きが余ったときには、冷蔵または冷凍するようにしましょう。

常温でも保存することは可能ですが、日持ちや安全性など考慮して今回は冷蔵&冷凍の保存方法をご紹介していきますね。

冷蔵保存の仕方

①さんまの塩焼きを冷ます

②冷めたらさんまの塩焼きをラップでしっかりと包む

③②をジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

④チルド室があればチルド室、なければ冷蔵室に入れて完成

ワンポイント

冷蔵庫で保存するときに、丸ごと保存することも出来ますが、どうしても時間が経つと風味などが変わってしまいます。

そこで、保存するときには骨や内臓などを取り除き身をほぐしてからラップに包んでジップロックに入れて保存する方法もオススメです。

また、酸化をしやすい塩焼きにレモン汁などの柑橘類のエキスをさんまにかけると酸化が抑えられて傷みが遅くなるので良いですよ。

created by Rinker
ポッカサッポロ フード&ビバレッジ

 

冷凍保存の仕方

①さんまの塩焼きの粗熱をとる

②骨や内臓を取り除き身だけにする

③ラップに身を置き空気が入らないようにしっかり包む

④ジップロックの中に入れてしっかり封をする

⑤金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑥急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

さんまの塩焼きを冷凍する場合には、身だけをほぐして冷凍すると日持ちします。

 

内臓などを一緒に保存してしまうと解凍するときに水分が出たり生臭さなどの原因になったりします。

 

また身がボロボロになって美味しく無いので、必ず取り除くようにしましょう。

解凍方法

凍ったさんまの身を解凍する場合には、食べる数時間前に冷蔵庫へ移してゆっくり解凍するようにしてください。

解凍したあとは、どうしても身がパサついてしまうので、料理酒などお酒を少しだけふりかけて電子レンジで温めるとふっくらして美味しくなりますよ。

さんまの塩焼きの賞味期限は?日持ちはどれくらい?保存方法も!のまとめ

さんまの塩焼きの賞味期限などご紹介しました。

・常温での賞味期限は、当日中

・冷蔵での賞味期限は、1~2日程度

・冷凍での賞味期限は、2~3週間程度

 

腐ったさんまの塩焼きの状態

・鼻をつくような悪臭がする

・身がくじゃっとドロドロになる

・変な色の水分が出てくる

・カビが生える

・ネバネバした糸を引く

・食べると苦みやエグミ、酸っぱい味がする

・舌がピリピリする

 

・さんまの塩焼きの保存は冷蔵または冷凍で、冷蔵の場合にはレモンなどかけて酸化防止し、冷蔵の場合には身だけを保存すると良い

さんまの塩焼きは保存することが出来ますが、やはり焼きたてには敵いません。

美味しく食べるのなら焼いてすぐがオススメですが、正しく保存すれば日持ちはするので今回の記事を参考に試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です