さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

秋に旬を迎えるさつまいも。

ふかしたり、焼いたり、煮たり、いろいろな食べ方ができてホクホクしていてとても美味しいですよね。

日持ちもするので、たくさんまとめてお家でストックしている方もいるのではないでしょうか?

学校とか幼稚園で芋掘りなんか、あるとたくさんお家に持って帰ってきますよね。

そんなサツマイモ、しばらく置いているうちに芽が出てしまったという経験をした方いませんか?

芽が出たさつまいもって食べても大丈夫なのかどうか、不安になりますよね。

ジャガイモのように毒だったらどうしよう。。

食べてお腹が痛くなっても困るしなんて、色々頭をよぎります。

今回は、サツマイモの芽が出た時にどのようにしたら良いのか、芽を食べても問題ないのかなど詳しくご紹介いたします。

困った時に参考にしてみてくださいね。

芽が出たさつまいもは食べられる?毒はないの?

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

芽が出たさつまいもって食べても大丈夫なのかって気になりませんか?

ジャガイモの芽は毒があるので、必ず捨てましょう。ってありますよね。

でもさつまいもの芽についてあまり、聞いたことがありません。

さつまいもの芽には、毒がないので、食べることができるのです。

さつまいもって元々土の中に埋まってできますよね。

さつまいもは、根と茎の機能を両方持っている担根体なのです。

だから常に、体で栄養を蓄えては、芽を出したり、根っこを出したりしているのですって。

植物の球根みたいと思うと想像しやすいかもしれませんね。

ずっと置いておくと、芽が出てきたり、根っこが出たりするのです。

さつまいもって、私たちが食べている実の部分だけでなく、芽はもちろんのこと、葉っぱや蔓も食べられるのです。

芽や葉っぱ、つるがあった時は、捨てないでくださいね。

他の部分と同様にたくさん栄養が含まれていますよ。

さつまいもの芽は食べられるの?

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

結論から言うと、はい食べられます!

ジャガイモのように毒があるわけではないので、捨てる必要がないのです。

芽がでると、さつまいもの栄養分がそちらに取られてしまうので、実の部分はあまり美味しくなくなってしまうと言う欠点があります。

芽の部分って、さつまいもの本体と同じように、食物繊維が豊富なのです。

さらにビタミンEやβカロテンも含まれていて、ほうれん草の数倍とも言われているのです。

ビタミンCやビタミンBもたくさん含まれているので、すごく栄養があるのです。

さつまいもの賞味期限は2ヶ月から3ヶ月ですが、芽も同じぐらい賞味期限がありますよ。

芽は、塩漬けにして保存することも可能なのです。

芽が出たさつまいもの下処理方法は?

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

芽が出てしまったさつまいもの下処理方法はこちら。

芽を美味しく食べることができるのですが、その前必ず下処理が必要になりますよ。

下処理方法

  1. さつまいもの芽のツルの部分を切り取り、芽のツルの部分の葉の方から下へ向けて筋とりをします。
  2. 全て筋を取ったら水に浸します。
  3. その後、食べやすい大きさに切ってさっとお湯で下ゆでをします。
  4. 柔らかく煮えたら、お水にさらし、ざるにあげて水気を切ったら下処理おしまい。

 

芽が出てしまったさつまいもは、そのまま成長させることも可能です。

芽が出た時点で、栄養が芽の方に取られてしまうのでさつまいも本体はあまり美味しくなくなっていますよ。

 

観葉植物のように育ててみるのも良いでしょう。

芽が出ている部分から3cmくらい下のさつまいもの部分を切って、水につけるだけ。

お芋の部分が少し水から出るようにいけてくださいね。

全てつけてしまうと腐ってしまうので注意しましょう。

 

さつまいものツルをたくさん取ってから、土に植えるとさつまいもを育てることも可能なのです。

芽が出たさつまいもを見つけた時は、芋づるも作ってみてくださいね。

苗を作る方法はこちら。

  1. 芽が出てきたさつまいもなら、葉を7枚から8枚まで伸ばします。
  2. 上から4枚から5枚のところで切ったら苗ができます。

これを斜めに植えるか、水平に植えるか葉のつき方によって変わってくるので、様子をみてくださいね。

実際に植えてみるとこのようになりますよ。

 

さつまいもの芽を使ったおいしいレシピは?

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!

さつまいもの芽を使った美味しいレシピはこちら。

さつまいもの芽を使う時は、アクや筋があるので、必ず下処理してから食べるようにしてくださいね。

茎の部分を使ったレシピ

マヨネーズ和え

材料: さつまいもの芽、マヨネーズ、七味

作り方:

  1. 下処理した、芽の部分を食べやすい大きさに切ります。
  2. 塩を入れたお鍋でさっと湯がきます。
  3. 粗熱が取れたら、マヨネーズを入れてさっとあえて、好みで七味をかけたら出来上がり。

さつまいもの芽の部分は、少し苦味があるので、マヨネーズなどと和えて食べると食べやすくなって良いですよ。

辛子マヨネーズにしたり、粒マスタードを入れたり、ツナと一緒に和えても美味しいですよ。

葉の部分を使ったレシピ

さつまいもの葉や芽の部分の天ぷら。

材料: さつまいもの芽、葉、さつまいも、卵1個、冷水150ml、薄力粉1カップ

作り方

  1. ボウルに卵を入れて、しっかり切るように混ぜる。
  2. 1の中に冷水を入れてよく混ぜます。
  3. 2の中に、薄力粉を入れてさっくり混ぜておく。
  4. 下処理をして食べやすい大きさに切ったさつまいもの芽、葉、カットしたさつまいもをそれぞれ天ぷらの液にくぐらせて、180度の油で揚げたら出来上がり。

塩や醤油などをつけて食べると美味しいですよ。

必ず、さつまいもの芽の部分を使う時は、下処理をしてから使ってくださいね。

葉の部分はそのまま使えます。

サクッと食べられて美味しいですよ!

さつまいもに芽が出たけど食べられる?毒の心配は?下処理方法も徹底調査!のまとめ

さつまいもに芽が出たけど食べられるのか、どのように下処理をしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

さつまいもと同じく、さつまいもの芽の部分にも栄養がたっぷり入っていて、食べることができるのです。

普段のお野菜もさらにたくさんの栄養が含まれている魅力的な部分でもありますよ。

ジャガイモのように毒がありません。

芽を見つけた時は、捨てては勿体無いですよ!

そのままでは食べられませんが、しっかり下処理をすれば美味しくいただけます。

ぜひ安心して食べてくださいね。

また、サツマイモの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です