さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

さわらは刺身で食べたり、普通に焼いたり、西京焼きなどにして食べることが多い魚ですよね。

あまり癖もないので小さいお子さんや魚が苦手なんて人も割と食べやすいのではないでしょうか。

そんな、さわらですが賞味期限などはどれくらいなのでしょうか。

なんとなく魚はあまり日持ちしないイメージですよね。

そこで、今回はさわらの賞味期限や長持ちさせる保存方法についてご紹介していきます。

さわらの賞味期限はどれくらい?

さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

さわらの賞味期限は保存方法によって異なってくるのでそれぞれみていきましょう。

常温保存の賞味期限

さわらの保存は常温保存では出来ません。

常温で置いておくと鮮度が落ちてしまい食べることが出来ません。

買ってきたらすぐに冷蔵などの保存をし、調理するときもギリギリまでは冷蔵庫などにいれておき常温で置く時間を少なくするようにしてください。

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存での賞味期限は、1~2日程度となっています。

買ってきたときの状態などにもよりますので、まずは購入したときのパッケージなどに記載されている日付を確認して守るようにしてくださいね。

冷凍保存の賞味期限

冷凍保存した場合の賞味期限は、2週間程度となっています。

保存は出来ますが、鮮度を保ったままのおいしい状態で食べるなら早めに食べきる方が良いでしょう。

また、冷凍庫内の環境によっては霜が降りたりして冷凍焼けしてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

賞味期限切れのさわらはいつまで食べられる?

さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

 

賞味期限が切れてしまったさわらですが、常温、冷蔵は食べることが出来ないでしょう。

というのも、さわらは水分が多い魚ですので、時間が経過するごとに水分が外へ逃げ出したりして傷んでいきます。

また、食中毒の危険性も高まってきてしまうため、期限は必ず守るようにしてください。

ただし、冷凍したさわらの場合には、期限が切れても数日は大丈夫なことがあります。

目安ですが、冷凍は期限が切れてから1~3日ほどでしょう。

あくまでも目安ですので、必ず状態を確認した上で自己責任で食べるようにしてください。

さわらって腐るとどうなるの?

さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

さわらは鮮度が落ちやすく傷みやすいですが、腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐ったさわらの状態

・ヌルヌルしたりぬめぬめしたりする

 

・お腹の部分がぶよぶよ柔らかい

 

・鼻をつくような悪臭がする

 

・ドロドロと溶けている

 

・水分が出てくる

などの状態が見られるようになります。

どのような魚もですが、腐るととても生臭く強烈なり、ぬめりがでたり水分が出たりと直ぐに腐っていると分かります。

腐った魚は食中毒の危険性が高くなるので、注意が必要です。

 

アニキサス中毒にも注意!!

アニサキス中毒を聞いたことはありませんか?

ここ近年でアニキサスという言葉をテレビなどで聞く機会があったので知っているという方も多いのでないでしょうか。

アニキサスというのは、寄生虫の一種です。

長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えサバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、などの魚介類に寄生します。

もちろんさわらにも寄生します。

そのアニキサスは魚の中の内臓から筋肉へと時間を経過すると移動してきます。

我々人間が刺身や加熱不十分なものなどの魚のを食べた時に、アニキサスが付いている場合があります。

このアニキサスが付いているものを食べてしまうと、人間の胃壁や腸壁に刺入して食中毒の症状を引き起こします。

症状

 

胃アニキサス症の場合:食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じる

 

腸アニサキス症の場合:食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じる

 

 

これらアニキサス中毒にならないためには、予防が大切です。

予防法:

 

①内臓が付いている場合には、買ってきてすぐに取り除く

 

②新鮮な魚を選び持ち帰る際には氷などで冷して持ち帰る

 

③内臓は食べない

 

④調理するときには目視で確認していたら除去する

 

⑤加熱調理する場合には、60度以上1分以上加熱すると死滅する

 

⑥-20度以下で24時間以上冷凍すると死滅する

 

⑦刺身で食べる時にはよく噛んで食べる

など予防出来ることもあるのでしっかり確認しておいてください。

さわらの長持ちする保存方法は?

さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

さわらを保存する方法は、冷蔵または冷凍となります。

それぞれ保存するときに少し工夫するだけで大分日持ちが違いますので、是非試してみてくださいね。

ちなみに、今回は多くの人が購入してくるであろう切り身の状態のさわらの保存方法となります。

冷蔵保存する場合

①パックからさわらを取り出す

②キッチンペーパーなどでさわらの表面に付いている水分を拭取る

③新しいキッチンペーパーでさわらをつつむ

④ラップをペーパーの上からかけて包む

⑤ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

⑥パーシャル室またはチルド室に入れて完成

※パーシャル室・・・0度~-3℃程度の室温が設定されている

※チルド室・・・0℃前後の室温が設定されている

冷凍保存する場合

冷凍する場合も基本的に流れは冷蔵保存の仕方と同じです。

①パックからさわらを取り出す

②キッチンペーパーなどでさわらの表面に付いている水分を拭取る

③新しいキッチンペーパーでさわらをつつむ

④ラップをペーパーの上からかけて包む

⑤ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

⑥金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑦急速モードまたは通常モードで冷凍して完成

解凍方法

冷凍したさわらを解凍するときには、使いたい半日~前日に冷蔵庫へ移してゆっくり解凍するようにしてください。

水分が出てくると思いますので、それらは臭みの原因になるので必ず拭取るようにしてくださいね。

さわらの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

さわらの賞味期限などご紹介しました。

・冷蔵保存での賞味期限は、1~2日程度

・冷凍保存での賞味期限は、2週間程度

 

腐ったさわらの状態

・ヌルヌルしたりぬめぬめしたりする

・お腹の部分がぶよぶよ柔らかい

・鼻をつくような悪臭がする

・ドロドロと溶けている

・水分が出てくる

 

・さわらを保存するときには、水分を拭取りペーパーやラップで包んで密閉袋に入れて冷蔵または冷凍で保存するとより長持ちする

さわらは水分が多いので、水分を取り除きその後もペーパーやラップなどで二重にしておくと傷みが防止出来ます。

早めに食べ方がもちろん良いですが、時間が空く場合には是非今回の方法を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です