しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

1年中手に入るきのこ類ですが、特に秋の季節になると、きのこはよりおいしくなりますよね。

きのこの中で特に手に入りやすく、料理にも使いやすいので購入する頻度も多いのがしめじですよね。

そんなしめじですが、たまに買ってきて放置しておくとカビが生えてしまったりすることがあるのですが、一部分だったりする場合、まだ食べられるのではないかと考えてしまうことがあるかと思いますが実際はどうでしょうか。

そこで、今回はしめじに生えたカビについて対策などご紹介していきます。

しめじに生えたカビは危険?食べられるかどうかの見極めポイントは?

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

しめじに生えるカビは複数ありますので、まず色別にみていきましょう。

白い色

実はしめじに多いのがこの白い色のものです。

ですが、白い色のものに関しては、カビであるケースとカビではないというケースの2種類が存在します。

ですので、白いものが付いているときには、第一段階でカビかどうか見極めが必要になってきます。

白いカビの特徴

・しめじ全体に付着する(カサから根元まで)

 

・薄く平につく

白いカビの場合には、しめじ全体にうっすら広がっていき白くなっていきます。

粉っぽいような感じで、カビが生えるとしめじも柔らかくなっていたり水分が出てきたりするのでカビであるということに気づくでしょう。

毒性があるので食べるのは止めましょう。

カビではない白いものの正体

しめじなどきのこ類には一見してみるとカビに見えるけれど、実はカビではないものが付着することがよくあります。

この正体は気中菌糸といういわば、しめじの一種というか一部です。

もともと、きのこは菌糸という糸のような塊からある菌から育ちますが、生育途中で菌は必要となくなりきのこが完成していきます。

きのこが出来ると、菌糸は空中などに出てきてきのこから消えるはずなのですが、なんらかの原因で菌糸がもとのきのこに戻ろうとしたときに、きのこから栄養を吸収する形できのこのカサ付近などに現れてくるのです。

気中菌糸の特徴は・・・

・しめじのカサ中心に付着する

 

・フワフワとした綿のような感じ

 

・盛り上がって見える

など、カビとは違って気中菌糸はフワフワとしていてパッと見は綿のような感じです。

 

緑色や青色

緑色や青色のものは、カビです。

緑っぽいカビも白色のカビ同様に全体に付着していきますが、特に目立つのは根元付近です。

根本付近に緑や青色がかっていて、かつ少しぐにゃっとしているのが特徴的です。

毒性があるので食べるのは止めましょう。

まれにカビではない場合も!

これは、本当に稀のようなのですが、実は根元だけが緑色が少し付いているケースもあるようです。

この場合には、カビではなくである可能性が高いそうです。

というのも、生育するときの棚に付いていた藻が誤ってしめじに付着したまま成長して出荷されるとこのような緑色の藻が付くことがあるそうです。

ただし、出荷するときにはチェックをしているのでほとんど可能性としては少ないですが、稀に見落としでそのまま店頭に並んでしまうのです。

藻の場合には、色だけが目立ちしめじ自体の鮮度は落ちていないことがほとんどです。

 

黒色や茶色

黒や茶色のものは、正真正銘カビなので注意しましょう。

毒性があるので食べるのは止めましょう。

しめじに生えたカビは洗うと取れる?

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

しめじに生えてしまったカビですが、一部分だった場合など洗えば落ちるのではないかと考えるのではないでしょうか。

しかし、実際にしめじに生えてしまったカビは洗っても完全に落ちることはないですし取れません。

また、カビが生えてしまった時点でしめじがぐにゃっとしていたり、水分が出ていてしなっていたりする可能性があるので洗わず迷わず破棄するようにしてくださいね。

ただし、ここではカビのお話しですが、これが白いふわふわの気中菌糸の場合には実は洗えば簡単に落ちます。

また、洗わなくてもペーパーなどで軽く拭取るだけできれいになるのが特徴的です。

もしカビに似た気中菌糸なら取り除いて使用してみましょう。

しめじにカビが生えていたら加熱すれば大丈夫?

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

しめじにカビが生えていた場合、加熱しても食べることは残念ながら出来ません。

というのもカビは加熱しても死滅はしませんし、まして毒性が強くあります。

加熱したところで食べることは出来ないのでカビが生えてしまったら速やかに破棄するのが正解です。

誤ってカビの付着したものを食べてしまうと食中毒のような症状をきたす可能性が高いので注意してください。

また、先ほどもお話ししましたが、カビではない菌中菌糸の場合には加熱して食べるのはOKです。

ただし、菌中菌糸が付着しているしめじに関しては若干風味が落ちてたりするので、早めに食べることをオススメします。

しめじのカビを防ぐ方法は?

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?

しめじにカビが生えないように防ぐ方法は保存方法にあります。

保存方法は冷蔵と冷凍で出来るのでそれぞれの方法を説明していきますね。

カビを生えにくくする冷蔵方法

①パックされているしめじを取り出す

②石づきを取り除きしめじをバラにする

③キッチンペーパーでバラにしたしめじを包む

④③をジップロックなどの密閉袋に入れて空気を抜き封をする

⑤野菜室に入れて完成

しめじはパック売りなどされていると思いますが、その状態のまま保存してしまうと水滴が出てしまいカビが発生してしまう可能性があります。

 

水滴の発生を抑制するためにまずパックから取りだすということが重要です。

 

石づきをとってバラにしてからペーパーで包む方がよりよいですが、大変ならそのまましめじ全体をペーパーで覆うだけでもOKです。

 

カビを生えにくくする冷凍方法

①パックからしめじを取り出す

②石づきをカットしてばらす

③ペーパーで水滴や汚れを軽く取りのぞく

④ジップロックなどの密閉袋などに重ならないように入れて空気を抜き封をする

⑤金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑥急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

しめじは冷凍して2週間以内に使い切るようにしてください。

 

また解凍はせずに凍ったまま使うようにしてください。

 

解凍すると水分が出てベチャッとして食感が変わります。

しめじに緑や白のカビ!加熱したり洗うと食べられる?カビを防ぐ方法は?のまとめ

しめじにつくカビなどについてご紹介しました。

・しめじに付くカビは、白、青、緑、茶色、黒などがありどのカビも毒性があるので食べるのは危険

・菌中菌糸は白カビに似ているが、取り除いたり加熱すれば食べられる

・しめじについたカビは洗っても落ちないし加熱しても食べられない

・カビを発生させない保存は冷蔵または冷凍で保存

・冷蔵で保存するときには水滴が発生しないように注意する

しめじにつくカビは菌中菌糸など似たものもあるので、パッと見じゃ分からないことも多々あります。

時間が経過しているほどカビの可能性が高いですが、まずは今回ご紹介した特徴などと照らし合わせて確認してみてください。

また、判断に困るときには食べることなく新しいものを購入することをおすすめします。

しめじの賞味期限については、こちらに詳しくまとめているので参考にしてくださいね。

>>しめじの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐ったときの見極め方や保存方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です