しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!

しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!

もぐもぐ上手に食べられるようになってきたから、そろそろキノコ類も食べさせてあげたいなぁって思った時、いつから食べさせて良いのかって悩みませんか?

食物繊維やアミノ酸ビタミンDもたっぷり入っているので食べさせてあげたいですよね。

でもあの独特な食感で、うまく飲み込めるのか、そして喉につまらせないかって心配になったりもしませんか?

しめじをいつから使っても良いのか、そして使うときの注意点など、詳しくご紹介します。

子供の成長を助ける栄養素がたくさん入っているしめじ。

工夫してあげてみませんか?

しめじを離乳食で使うときの量の目安は?

しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!

しめじを離乳食で使うときは、いつから使っても良いのでしょうか?

一般的に言われている時期は、9ヶ月から11ヶ月ごろ丁度カミカミ期、離乳食の後期からと言われているのです。

細かく刻んだとしてもどうしてもあのしめじ独特の食感が残っているので噛めるようになってからあげるのが良いとされているのです。

煮ても柔らかくならないので仕方ないかもですね。

もし、中期であげたいなぁ。うちの子は大丈夫そうと思ったら、かさの部分だけを使ってみるのも良いですよ。

茎の部分に比べたら食べやすくなります。

ミキサーにかけたり、とろみをつけてあげたりすると上手にごっくんできますよ。

量としては、しめじ1本ぐらいです。

できるだけ柔らかい部分を選んで使うようにしましょう。

初めてあげるときは少量から。

様子を見て少しずつ増やしてくださいね。

一般的に言われている時期は目安にすぎないので、よーく子供を観察してその子のペースにあわせてあげるようにしましょう。

焦りは禁物ですよ!

しめじを使った離乳食レシピ!中期におすすめは?

しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!

しめじを実際に使った離乳食のレシピをご紹介します。

一般的には中期にはあげないほうが良いとされているのですが、お子さんの成長によっては大丈夫な場合も。

子供に合わせてあげるようにしてくださいね。

しめじのスープ

材料: しめじ(かさの部分のみ)3本、人参10g、玉ねぎ10g、キャベツ10g、じゃがいも20g

作り方

  1. しめじをかさの部分だけ小さく切ります。
  2. 人参、たまねぎ、キャベツ、じゃがいももそれぞれみじん切りにします。
  3. お鍋に全てのお野菜を入れてお野菜がかぶるまでお水を入れて柔らかくなるまで煮ます。
  4. 柔らかくなったら、ミキサーにかけて出来上がり。

ミキサーにかけることで飲みやすくなりますよ。

うまく噛めない子でも安心して飲ませてあげることができます。

ジャガイモが入っているのでとろみも良い感じにつきますよ。

野菜の旨味のみで食べるスープです。

しめじを使った離乳食レシピ!後期におすすめは?

しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!

しめじを使った離乳食レシピで後期に良いレシピをご紹介します。

麻婆豆腐

材料: 豚ひき肉10g、豆腐20g、玉ねぎ大さじ1、ミニトマト1個、しめじ1本、ブロッコリー穂先少々、だし汁100ml、味噌少量、水溶き片栗粉、ごま油

作り方

  1. ミニトマトを湯むきしてタネを取り除いてから潰します。
  2. しめじもみじん切りにします。
  3. 玉ねぎをみじん切りにしてから電子レンジで50秒加熱して柔らかくします。
  4. だし汁に1のトマトと2のしめじ3の玉ねぎを入れて5分にます。
  5. ブロッコリーの穂先、ひき肉を3の中に入れて煮て、最後に豆腐を崩して入れます。
  6. 5分ほど煮たら、火を止めて味噌と水溶き片栗粉を入れて混ぜます。
  7. 再度火にかけてとろみがでたらできあがり。

とろみがついているのでとても食べやすくなりますよ。

できるだけ細かく刻むことがポイントです。

後期になってくると上手に食べられる子も。

しめじは、なるべく柔らかい部分を使うようにすると良いですよ。

しめじを離乳食で使うときの量は?中期・後期にふさわしいレシピも!のまとめ

しめじを離乳食で使うときの量やいつから使うのが良いのかなど詳しくお伝えしました。

しめじは、煮てもクタクタに柔らかくなることはありません。

どうしてもキノコ独特の食感が残ってしまうのですよね。

一般に言われているのは、カミカミがしっかりできる時期、7ヶ月から9ヶ月ごろの後期からが良いとされています。

上手に噛めないと飲み込めないということもあるのですよね。

気をつけないと、喉に引っかかるということも。

そうなってしまったら大変です。

時期は目安にすぎないので子供のペースに合わせてあげるようにしましょう。

もし、中期ごろから取り入れたいと思ったら、まずは、しめじのかさの部分からあげるようにしてくださいね。

ミキサーにかけたり、とろみをつけたりするとより食べやすくなりますよ。

子供の様子をみながら、刻みかたを変えるのも良いですよ。

もし噛みにくそうにしていたらより細かく刻むようにするとか。

お子さんのスピードに合わせてあげてくださいね。

食物繊維やアミノ酸、ビタミンDなど子供の成長に良いとされている栄養素がたっぷり入っているしめじ。

消化には時間がかかる食材なので食べ過ぎは禁物です。

上手に取り入れてたくさん食べさせてあげてくださいね。

また、しめじの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので合わせて参考にしてください。

たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です