潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

行楽シーズンなどになると潮干狩りをしに行く方もいることでしょう。

しかし、潮干狩りでたくさんのあさりを取ったときにどのように保存して持ち帰るか悩みますよね。

また、持ち帰ったあとどのくらいあさりが持つのか、料理をするときの塩抜きはどのようにするかなどの方法も気になりますよね。

そこで、今回は、潮干狩りでとったあさりの保存方法や塩抜きの方法、保存別の賞味期限などお伝えしていきます。

潮干狩りでとったあさりの保存方法は?

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

潮干狩りでとったあさりは、最初の保存状態でそのあとの鮮度が決まってくるので非常に大切ですので、しっかりと覚えていきましょう。

潮干狩りをしたあとのあさりの保存と持ち帰りかた

①あさりを水道水であらう

採ったあとのあさりは、砂などの汚れがついているので、まず軽く洗います。

そして、水で洗うと一時的に貝がの口がギュッと固く閉じるので、外の影響を受けることがないので、傷みにくくなるというメリットがあります。

②よく水分を切る

水で洗ったあとは、出来るだけ水を切るようにしてください。

ザルなどを事前に持って行き、ザルで洗ってそのまま水切りをするのが簡単かもしれません。

③クーラーボックスや発泡スチロールの中にあさりを入れる

水切りしたあさりを保存容器の中に入れます。

そして、保冷剤も一緒に入れて冷たい環境を保ったまま保存します。

保冷剤は直接あさりに当たらないように注意してくださいね。

もしも、あさりにくっついてしまうときには、保冷剤を新聞紙などで包んで保冷剤とあさりの距離を離すようにしてください。

④海水を持ち帰る

ペットボトルやタンクなどの容器に海水を入れて持ち帰ります。

海水は砂抜きをするときに使用するので、少し多めに持ち帰ると良いでしょう。

海水を持ち帰れない場合は、家にある食塩でも代用は可能ですが、海水の方がよりしっかり出来るので極力海水を持ち帰るようにしてください。

 

海水につけてまま持ち帰りはあまりオススメしない!

クーラーボックスなどに海水とあさりを入れて持ち帰るという方もいると思います。

確かに、海水につけたまま持ち帰ると、砂抜きが出来たり、採ったときと環境が同じなので一見良い方法に見えます。

ただ、海水につけて帰ると、車などの振動で中の水が揺れて貝も一緒に揺られる可能性が高く、貝がストレスを受けて弱ってしまったり、死んでしまったりすることもあります。

ですので、海水につけることなく先ほどお伝えした通りに保存し持ち帰ることをおすすめします。

 

潮干狩りでとったあさりの塩抜き方法は?

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

潮干狩りでとったあさりは、市販のものと違い塩抜きという工程を行う必要があります。

砂抜きは聞いた事があるけど、砂抜きは聞いた事がないという人もいるので、合わせてお伝えしていきますね。

 

砂抜きとは?

砂抜きとは、あさりなどの貝の中に蓄積された砂や汚れなどを貝自身に吐き出させるものです。

砂抜きをきちんとしないと、食べた時にあの嫌なジャリジャリ感が消えることがありません。

砂抜きの方法

①持ち帰ってきたあさりをボウルなどの容器に入れて水道水を入れる

 

②貝の殻を擦る合わせるようにして良く洗う

 

③ザルにあさりをいれて水を切る

 

④バットなどに出来るだけ重ならないようあさりを並べる

(底上げタイプや網がついているものだと砂が吐き出しやすかったり、他のあさりが再吸収しないのでおすすめです。)

 

⑤持ち帰った海水をあさりが浸かるくらいたっぷりと入れる

(海水がない場合には、3%程度の塩水を作り使用する:水500mlに塩大さじ1程度)

 

⑥パッドに新聞紙を被せて、冷暗所に置く

 

⑦5~6時間程度静かに置いておく

 

⑧時間が経過したら新聞紙を外し、海水から取りだして再度流水で軽くあらい水切りして完成

※注意※

①砂抜きをすると、あさりが勢いよく吐き出すので、水が周りに飛び散ることがありますので、濡れても大丈夫なように下に新聞紙やタオルをひいたり、濡れても大丈夫なようなところにおいてください。

 

②海水を使わず、塩水を手作りする場合には、塩分濃度を守るようにしてください。

塩分が少ないとしっかり砂抜きが出来ませんし、濃すぎるとあさりが窒息してうまく吐き出すことが出来ません。

 

塩抜きとは?

塩抜きとは、あさりなどの貝の中に含まれている海水成分を外へ吐き出させるものです。

塩抜きをしないと、食べた時にしょっぱさや塩辛さが残ります。

ちなみに、塩抜きは、塩抜きをした後にする工程です!!

 

塩抜きの方法

①砂抜きしたあさりをザルなどにあげる

 

②常温の状態で1~1時間半ほど置いておく

 

③時間が経過したら流水で貝を擦りあわせるようにして洗う

 

④水をしっかり切って完成

 

潮干狩りでとったあさりの塩抜きに失敗したら?

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

工程をしっかりしたのに、塩抜きに失敗してしまうこともあるかもしれません。

塩抜きに失敗するとどうなるかというと、単にあさりが塩辛く感じて料理によっては少し味がしょっぱくなってしまったり濃くなってしまうことがあります。

正しく行えば、塩抜きに失敗ということはまずないと思いますが、もし失敗してしまった場合には、すでに料理に使ってしまった場合は、料理自体の味を少し薄めに調整するか、食べられないほどの塩辛さなら残念ながら食べずに破棄するしかないでしょう。

もし、まだあさりが残っているようなら、塩抜きの時間を+1~2時間ほど延ばして様子をみるようにしてください。

潮干狩りでとったあさりは何日もつ?

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?

潮干狩りでとってきたあさりですが、早く食べきってしまうことに越したことはないですが、大量に採ってきた場合、食べきれないということも多いですよね。

食べきれないときには、冷蔵保存か冷凍保存することが出来ます。

 

それぞれで保存したときの目安はというと・・・

冷蔵保存で・・・2日程度

 

冷凍保存で・・・2~3週間程度

 

どちらのあさりも砂抜き・塩抜きをしたあとに保存します。

どちらの保存も良いですが、特に冷凍がおすすめです。

冷凍するとあさりの栄養がギュッと凝縮されて旨み成分もアップされるので、最初から冷凍してしまうのもありです。

 

ちなみに、それぞれの保存の仕方もお伝えしておきます。

 

冷蔵保存の仕方

①砂抜き・塩抜きを終わらせる

②新聞紙またはキッチンペーパーを軽く濡らして殻付きのままのあさりを包む

③②をビニール袋などに入れる

④冷蔵庫へ入れて完成

 

冷凍保存の仕方

①砂抜き・塩抜きを終わらせる

②ジップロックなどに密閉袋に小分けにした殻付きのままのあさりを入れる

③空気をしっかり抜き封をする

④出来るだけ平らにして金属トレーにのせて冷凍庫へ入れる

⑤急速モードなければ通常モードで冷凍開始

 

解凍方法

冷凍したあさりは、解凍せずに凍ったまま料理に使いましょう。

 

潮干狩りでとったあさりの保存方法は塩抜きしてから冷蔵庫?それとも冷凍?のまとめ

潮干狩りで採ったあさりについて色々とご紹介しました。

・潮干狩りをしたあとのあさりの保存と持ち帰りかた

①あさりを水道水であらう

②よく水分を切る

③クーラーボックスや発泡スチロールの中にあさりを入れる

④海水を持ち帰る

 

・砂抜きの方法

①持ち帰ってきたあさりをボウルなどの容器に入れて水道水を入れる

②貝の殻を擦る合わせるようにして良く洗う

③ザルにあさりをいれて水を切る

④バットなどに出来るだけ重ならないようあさりを並べる

⑤持ち帰った海水をあさりが浸かるくらいたっぷりと入れる

⑥パッドに新聞紙を被せて、冷暗所に置く

⑦5~6時間程度静かに置いておく

⑧時間が経過したら新聞紙を外し、海水から取りだして再度流水で軽くあらい水切りして完成

 

・塩抜きの方法

①砂抜きしたあさりをザルなどにあげる

②常温の状態で1~1時間半ほど置いておく

③時間が経過したら流水で貝を擦りあわせるようにして洗う

④水をしっかり切って完成

 

・潮干狩りで採ったあさりは、冷蔵保存で2日・冷凍保存で2~3週間日持ちする

潮干狩りで採ったあさりは、自分で採ったという達成感などもあるかと思います。

採ったあとも正しく保存や砂抜きや塩抜きなどの下処理をしっかりして、最後まで楽しく美味しく食べられると良いですね。

また、あさりの賞味期限についてはこちらに詳しくまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です