しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

煮物、炒め物、そしてちょっとした一品料理に役立つしらたき。

これからの季節は鍋料理には欠かせない食材になりますね。

また、脇役の食材のみならず、ヘルシー食材として、しらたきをメインにしたレシピも増えてきているようです。

値段もお手頃で使い勝手も良いとなると、気になるのが賞味期限。

保存方法、賞味期限など、いくつかの疑問を調べてみました。

・しらたきの賞味期限はどれくらい?

 

・賞味期限切れのしらたきはいつまで食べられる?

 

・しらたきって腐るとどうなる?

 

・しらたきの保存方法は?冷凍もできるの?

また、いろんな加工食品の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

しらたきの賞味期限はどれくらい?

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

通常、しらたきはパックの中に水が入った状態で売っています。

お豆腐と似たような状態なのですが、お店によっては冷蔵ではなく、常温で置いてあるところもあります。

賞味期限もまったく違うようです。

開封前

30日~90日程度

開封後

1週間程度

開封前に保存してある水はアルカリ性のものでこれがしらたきの長期保存を可能にしています。

この水を抜いてしまうと、賞味期限が保たれなくなるので短くなります。

開封した後の詳しい保存方法は下記に詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

賞味期限切れのしらたきはいつまで食べられる?

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

開封前のしらたきは常温保存ができて、しかも、長期保存ができるので、うっかり賞味期限が過ぎてしまいがちです。

常温保存の際、直射日光が当たらないところ、しかも高温多湿でないところでの保存が条件になっています。

この状態で保存した場合、しばらくは腐ることがないようです。

パックされる前に、高温で殺菌処理されていて、アルカリ水にも殺菌作用があるので、雑菌が入りにくなっているのです。

ただし、賞味期限が過ぎたら時間が経つとともに、劣化も考えられます。

パッケージが劣化して水分が漏れることも十分に考えられますので、賞味期限が過ぎたらなるべく早めに使うようにした方が良いでしょう。

合わせて読みたい
しらたきと糸こんにゃくの違いとは?

江戸時代に関東地方では現在と同じ製法である、こんにゃく粉を水で溶いてできた固まっていないぜりー状のものを、細い穴から押し出してお湯で固めたものを「しらたき」と呼んでいました。同じ頃に関西地方では、板こんにゃくを細く切って糸状にした物を「糸こんにゃく」と呼んでいました。現在はしらたきも糸こんにゃくも同じ製法で作られていて、区別する方法がなくなっています。主に、関東地方では「しらたき」、関西地方では「糸こんにゃく」と呼ばれているようです。

しらたきって腐るとどうなる?

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

賞味期限が長いしらたきですが、保存状態や、賞味期限がだいぶ過ぎてしまったら、腐ります。

その時の見分け方をお伝えします。

未開封

・パッケージが膨らんでいる

 

・液体が濁っている

 

・ドロドロに溶けている

開封後

・悪臭がする

 

・触ったら崩れる

以上のような状態が見られたら腐っているので、すぐに処分しましょう。

また、細くなって縮んだ状態のもは腐っているわけではないので食べることはできます。

ただし、食感が変わってしまっているので、本来のしらたきの味はあじわえません。

しらたきの臭み「アク抜き」は電子レンジでもできるの?

一般的に「アク抜き」というと茹でる方法ですが、電子レンジでも簡単にできます。

1、軽く水洗いして、水気をきる

2、食べやすい長さに切って、耐熱容器にしらたきを入れる

3、しらたきがひたるくらいの量の水をいれる

4、レンジで5分(500w)加熱したあと、ざるにあげて水気をきる

しらたきの保存方法は?冷凍もできるの?

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

しらたきはお店によっては常温で売っていたり、冷蔵だったりとさまざまです。

家庭での保存はどのようにしたら良いか、詳しくご説明します。

常温保存

お店で常温で売っていたり、パッケージに「直射日光、高温多湿を避けて保存」と記載してあるものは常温保存できます。

パントリーなどに保存しましょう。

冷蔵保存

未開封の場合・・・そのまま保存

開封済の場合・・・保存容器に袋の中の液体も一緒に保存します。万が一、液体を捨ててしまった場合は水道水でも可能です。水道水を入れた場合は、2日1度水を取り替えるようにしましょう。1週間以内が目安ですが、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

冷凍保存

しらたきは水分が多く含まれているため、基本的に冷凍には向いていません。

解凍する時に水分が抜けて繊維質だけが残り、食感が変わってしまうのです。

ただ、煮物料理など水分を含むようなお料理には水分が抜けたしらたきも使い勝手がよくなります。

【保存方法】

1、使いやすい形にカットする

2、軽く塩を振ってもみ込み、あく抜きの為に1~2分ゆでる

3、しっかり水気を切り、小分けにしてラップに包み保存袋に入れて冷凍する

解凍は自然解凍か熱湯で解凍します。しっかり水気を切ってから料理に使います。

1か月以内に使い切りましょう。

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?のまとめ

しらたきの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

 

しらたきについて詳しくまとめてみました。

・賞味期限は開封前は30日~90日、開封後は冷蔵保存で1週間程度

 

・賞味期限が切れてもしばらくは食べられる

 

・腐ると悪臭がし、ドロドロに溶ける

 

・冷蔵保存の際は袋の中の液体と一緒に保存する

 

・冷蔵保存も可能だが、煮物料理など水分を含む料理に適している

しらたきは必要な時に買って、賞味期限を確認する前に消費していたので、賞味期限が90日ということに驚きました。

常温保存も可能で冷蔵庫の場所の確保の心配もなし。

余ってしまったら、冷凍保存で煮物に使えたりと、しらたきは実はかなり重宝する食材だったのですね。

他の食材の引き立て役から、メインのお料理に使えたりと、料理の幅が広いしらたき。

新しいレシピに挑戦して、ヘルシーライフに大活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です