白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白花豆と白いんげん豆、色が同じでどちらも似たような形で見分けがつかないですよね。

一瞬パッと見たら、あれどっちだっけ?ってなるでしょう。

でも、決定的な違いがあるのです!

これさえ知っていたら間違うことはないという事実が。

今回は、白花豆と白いんげん豆の違いや、美味しい食べ方など詳しくご紹介いたします!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

白花豆と白いんげん豆の違いは?

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白花豆と白いんげん豆の違いはこちら。

豆の大きさが違う

白花豆の方が白いんげん豆よりも大きいのです。

白花豆は、50円玉ぐらいの大きさがありますよ。

味も違う

2つのお豆、どちらも水に浸してから煮るのですが、白花豆の方が食べ応えのある感じになるのです。

1粒でも満足感が得られちゃうのです。

ホクホクとしていてほんのり甘みがありますよ。

白いんげん豆の方が淡白な味わいで、甘さもほのかな感じです。

いろんなお料理に使いやすいのが特徴ですよ。

 

白いんげん豆と、白花豆は、遠い親戚だそうです。

白いんげん豆よりも白花豆の方が、低温地帯を好むそうで、主に北海道や長野県の高冷地などで栽培されています。

白花豆のゆで方や美味しい食べ方は?

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白花豆の美味しい茹で方と食べ方をご紹介します。

材料: 白花豆 200g、お水、茹でるためのお水1000ml、差し水、砂糖180g、塩小さじ1/2、お鍋、落し蓋

やり方

  1. 白花豆を洗います。
  2. お鍋に白花豆とお水を豆がかぶるぐらい入れます。
  3. 一晩寝かせておきます。
  4. 一晩寝かせておいた白花豆にお水をさらに入れて、火にかけます。
  5. 沸騰したら、中のお水を捨て、もう一度水を入れ火にかけます。これを2回繰り返します。
  6. 2回繰り返した後、綺麗に洗います。
  7. お鍋にあらった白花豆とお水1000mlを火にかけ沸騰したら弱火にし、落し蓋をして2時間コトコト煮込みます。
  8. 茹で汁がなくなってきたら、お水を足し、豆の皮が柔らかくなったら火を止めます。
  9. 半分の砂糖を8の中に入れて、中火にかけます。
  10. 残りの砂糖とお塩をさらに入れてから5分加熱し、火からおろして粗熱が取れたら出来上がり。

ちょっと手間がかかりますが、このようにすれば、美味しい白花豆を食べることができますよ。

甘く煮た白花豆を作っておけば、そのまま食べても良いし、ケーキなどを作るときに使うことだってできますよ。

さらに、甘く煮たものなら、潰して白あんとしても使うことができちゃいます。

お茶請けにも良いので是非試してみてくださいね。

参考までに

白いんげん豆のゆで方や美味しい食べ方は?

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白いんげん豆の茹で方や食べ方はこちらです。

材料:  白いんげん豆、お水、お鍋

茹で方

  1. 白いんげん豆をさっと洗います。
  2. お鍋に白いんげん豆を入れて、かぶるぐらいお水を入れて一晩つけておきます。
  3. 別なお鍋でお湯を沸かし、その中に、一晩つけて戻した白いんげん豆を入れて煮ます。
  4. 20分から30分様子を見ながら茹で、少し歯ごたえが残るぐらいになったら出来上がり。

茹でた、白いんげん豆は冷凍保存もできるので、使いたいときにさっと使えて便利ですよ。

茹でた白いんげん豆は、サラダにしたり、キーマーカレーに入れたり、スープに入れたりして食べることが可能です。

どのお料理にも合うのでとても良いですよ。

こんなお料理もありました。

美味しそうですね〜。

白花豆と白いんげん豆は互いに代用できる?

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!

白花豆と白いんげん、大きさの違いや味の違いがあるものの、料理によってはお互いに代用することも可能ですよ。

それぞれ、甘く煮ることも、そのままの素材の味を生かして使うことも可能です。

どちらも栄養価が高いし、とても美味しいですし。

そして遠い親戚同士の豆たちです。

食べた瞬間、イメージが違ったなんてこともあるかもしれませんが、そこは目をつぶってみてくださいね。

白花豆と白いんげん豆の違いは?ゆで方や食べ方のポイントも調査!のまとめ

白花豆と白いんげん豆の違いや、茹で方、食べ方など詳しくご紹介いたしました。

この2つ実は遠い親戚どおしだそうですよ。

大きさは、全然違うのですが、色は同じです。

味も、あっさりタンパクなものと、どっしりして甘さがあるものと分かれているのです。

白花豆は、そのまま甘く煮たものを食べたりすることが多いですが、白いんげん豆は、スープやカレー、サラダなどに入れたりすることもあり、どんなお料理にもピッタリ合うので使い勝手が良いですよ。

ぜひ、普段の食事に取り入れて、健康的な生活を目指してみてくださいね。

ヘルシーだし、お財布にも優しいもってこいの食材ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です