炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

炊飯器は家電の中でも使用頻度が高いものです。

買ってから数年もするといつもとなんだか違うかなといった症状が出ることもあって故障かなと困惑してしまうこともあるかと思います。

そもそも炊飯器の寿命とかってどのくらいなのか疑問に思うところですよね。

そこで、今回は炊飯器の寿命や寿命が来たときの症状、買い換えのタイミングなどご紹介していきます。

炊飯器の寿命は何年くらい?

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

炊飯器の寿命ですが、メーカーなどの違いも多少ありますが、3年から5年、最大でも10年ほどしか持たないとされています。

早い物だと購入してから3年という衝撃的なスピードですが、なぜこんなにも寿命が短いのでしょうか。

寿命の短さや差には、実は理由があるのです。

内釜と本体の関係性

実は、炊飯器が3~5年ほどしか持たないと言われていますが、こちらは内釜の寿命であることがほとんどです。

内釜には、特殊なコーティングがされていて比較的強いとされていますが、やはり毎日使ったり、お米を内釜の中で洗ってしまうという間違いを起こしてしまうことで、徐々に剥がれてしまいます。

一旦剥がれてしまいとそのペースは速くなってしまい、どんどん内釜は劣化して使えなくなってしまうのです。

また内釜だけでなく、ふきこぼれなどを防止するために使われているパッキンは2~3年ほどしかもちませんし、タイマーなどを表示しているリチウム電池は4~5年ほどで、内部に関しては比較的早い寿命が来てしまうのです。

ちなみに、外側の本体の部分は、5~10年ぐらいと比較的長持ちしますので、内釜の寿命が来てしまったら、内釜だけを交換して使うという人もいます。

炊飯器の寿命を表す症状やサインは?

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

炊飯器の寿命が来てしまったり、そろそろ怪しいなと思ったときにはどのような症状が起こるのでしょうか。

1.ご飯が炊けない

寿命が来てしまうと、ご飯がそもそも炊けなくなってしまいます。

スイッチを押して炊飯が開始されても、中の温度センサーが上手く働かなくなったりして、水に浸ったままの生米のままだったり、炊けても芯が残ってしまいご飯として食べられるような状態ではないことがあります。

2.ご飯が臭う

内部を清潔にしてもご飯が炊きあがったときに、生臭いようなニオイや悪臭がするようになったらすでに寿命が来ている可能性があります。

3.炊飯器から異常な音やモーター音が聞こえる

炊飯しているときに、モーターの音が異常に大きくなったり、機械がうなるような変な音がしているまたはするようになったら、寿命か故障の可能性が高いです。

4.炊いているときに吹き出し口から水が溢れてくる

炊いているときに本来蒸気が出てくる場所から水が溢れたり、周りから水が溢れてくるようならパッキンの故障や寿命のサインです。

5.内釜のコーティングが剥がれてくる

内側のコーティングが剥がれてくると、お釜がボコボコした感じになったり、色が変わったようになります。

コーティングが剥がれることで、上手く炊けなくなったり、ニオイの原因になったりするので寿命が近づいているサインとなってきます。

炊飯器を買い替える時期の目安はいつ頃?

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

炊飯器が壊れたかな寿命が来たかなと思ったら、買い替える必要があるかもしれませんが、まず即購入ではなく原因を探ってみるのもありです。

・お米の種類を変えたりしていませんか?

・規定の量の水を適切に入れていますか?

・お掃除を怠っていませんか?(特に内釜のパッキンなど)

・お米を内釜の中で洗っていませんか?

これだけの確認でも、当てはまることがあれば改善できる余地はあります。

 

原因が見つからず明らかに買い替える時期にきているときには、以下の目安のポイントを参考にしてみてくださいね。

・先ほど紹介した寿命の症状やサインが出たとき

先ほど寿命の症状などをお話しましたが、それらの症状がでてしまったら完全に寿命なので、その時が買い替えのタイミングというか時期なので、躊躇せずに購入してください。

壊れたまま使い続けるのはとても危険です。

・使用年数

使用している年数を確認して5年以上10年以内なら故障などしてなくても、買い替えの時期と判断して良さそうです。

あまり長く使用しても結局は寿命が来るわけですし、なんなら保証期間なども終わっている可能性もあり無償での交換などは出来なくなるので、買い替えたほうがお得という場合もあります。

・修理費用と新しく購入したときの費用の差

故障したときなどですが、修理に出すより新品を買った方が安くつくというケースがあります。

故障の種類や使用年数などによっては、修理が難しかったり時間がかかってしまったり、結局修理代も高くなってしまうということがあるので、どちらが結局のところお得なのかを考えて、買い替えの方がとなったときにはその時がタイミングでしょう。

・もっとおいしいご飯が食べたいとき

やはり、毎日使うものなので、どんなに丁寧に使っていようが劣化はしてしまいます。

今は安いものでも機能が充実しているものがありますし、もしも今お使いの炊飯器に不便なところなどある場合には、買い替えることを検討しいても良いのかもしれません。

炊飯器を長持ちさせる方法やお手入れのポイントは?

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!

寿命が短いといえど、やはり長く使いたいものですよね。

そこで、炊飯器を長持ちさせる方法やお手入れのポイントをご紹介していきます。

1.内釜の中でお米を研がない

内釜のコーティングは剥がれやすく、お米を洗ってしまうとその刺激でどんどん剥がれてしまいます。

基本的にどのメーカーでも内釜を使ってお米を研ぐことは禁止されています。

お米を研ぐときにはザルなどで洗ってから内釜に移すなどしてくださいね。

2.保温機能は出来るだけ使わない

実は、保温はあまり内釜にはよくないことなのです。

そもそも内釜はあまり高い熱がこもることが苦手で、長時間保温機能をセットしてしまうと内釜の消耗につながってしまうのです。

炊きあがったものは出来るだけ保温はせず、容器やラップなどに移すなど対応するようにしましょう。

3.内側の蓋がとれるタイプは毎日洗い取れないタイプは拭き掃除

炊飯器の種類によっては内蓋が外れるタイプのものがあります。

外れるものに関しては毎日スポンジと食器用洗剤を使い優しくあらいしっかり乾燥をさせましょう。

ちなにに、内蓋についているパッキンは劣化しやすいので、無理に引っ張ったり強く洗わないように注意してくださいね。

外れないものに関しては、毎日拭き掃除などをして清潔に保つようにしましょう。

4.取り扱い説明書通りの使い方をする

なんやかんやでこれが一番大切です。

種類によって異なってくるので、必ず説明書を読み、その炊飯器にあった方法での使い方や掃除の仕方などを試すようにしてくださいね。

炊飯器の寿命は何年くらい?買い替え時期の見極め方や長持ちさせる方法も!のまとめ

炊飯器の寿命などご紹介しました。

・炊飯器の寿命は総合的に3~5年、最大10年ほどしか持たない

・内釜は3~5年、パッキン2~3年、リチウム電池4~5年、外側本体5~10年

 

・炊飯器の寿命を表す症状

1.ご飯が炊けない

2.ご飯が臭う

3.炊飯器から異常な音やモーター音が聞こえる

4.炊いているときに吹き出し口から水が溢れてくる

5.内釜のコーティングが剥がれてくる

 

炊飯器を買い替える時期の目安

・寿命の症状やサインが出たとき

・使用年数

・修理費用と新しく購入したときの費用の差

・もっとおいしいご飯が食べたいとき

 

炊飯器を長持ちさせるための方法やポイント

1.内釜の中でお米を研がない

2.保温機能は出来るだけ使わない

3.内側の蓋がとれるタイプは毎日洗い取れないタイプは拭き掃除

4.取り扱い説明書通りの使い方をする

 

炊飯器は毎日使う物なので、より長く使いたいと思いますが、寿命的には意外と短いということはご理解いただけたかと思います。

どんなものも使い続ければ寿命が来ますが、良いタイミングで買い替えをしたり長持ちさせるように気をつけながら使ってみたり、是非今回の記事を参考に今使っている炊飯器を見直して見るのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です