スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

暑くなってくると、スイカの時期がやってきますね。

スイカはさっぱりとしていて、食欲がなくても食べやすいですよね。

大人だけでなく、子どもも食べやすいのであらゆる年代の人が好き好んで食べることができます。

そんなスイカですが、まだ食べたことがない赤ちゃんにもスイカを初めてあげてみたいなと思っているパパやママもいるかと思います。

そこで、今回はスイカを赤ちゃんに与えても良い時期や離乳食で取り入れる場合の注意点などお伝えしていきます。

スイカは子どもに何歳から食べさせていいの?

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

子どもにスイカを食べさせて良い時期ですが、基本的に初期からOKです。

それぞれの時期に分けて少しお話していきましょう。

離乳食初期

初期は生後5~6ヶ月の時期です。

この時期はまだ安定していない時期なので、スイカを果汁にしたり、すりつぶしたりして与えるようにしましょう。

離乳食中期

中期は、生後7~8ヶ月です。

この時期は少しずつ食べられるものが増えている最中かと思います。

スイカをあげるときには、種をしっかり取り除き薄切りにしたり、切り刻んだりして与えましょう。

離乳食後期

後期は9~11ヶ月です。

この時期にもなると大分しっかり噛めるようになってきます。

スイカをあげるときには、種をしっかり取り除いて薄切りにして与えましょう。

離乳食完了期

完了期は1才以降です。

スイカをあげるときには、種をしっかりと取り除いて、1口大のキューブ型や薄切りなどその子にあった食べやすい状態にして与えるようにしましょう。

離乳食のスイカはそのままあげても大丈夫?加熱すべき?

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

スイカはそのままあげても大丈夫なのですが、月齢が小さい場合には加熱してからあげた方が安心です。

というのも、実はアレルギーなどの心配があるときにスイカを加熱するとスイカに含まれるアレルゲンが半減するので、発症リスクが低下します。

また、夏は食中毒などの危険性も高まるので加熱することで菌の心配などをしなくても良いので、小さいうちには加熱することをオススメします。

大体目安でいうと、初期から中期くらいまでですかね。

そのあとは加熱しなくても大丈夫でしょう。

小さい子どもにスイカを食べさせるときの注意点は?

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

スイカを食べさせるときの注意点はいくつかあるのでみていきましょう。

アレルギー症状に注意

スイカはウリ科の食べ物です。

ウリ科の食べ物は稀にアレルギーを発症することがあります。

特に口腔内のアレルギーを発症することが多く、口の中の違和感、痒みなどが出現しやすいです。

他にも発疹や嘔吐、下痢といった症状も起こりやすいので、初めて食べる場合には耳かき1杯程度から初め必ず様子を見るようにしてください。

 

種はしっかり取る

スイカは種がたくさんあります。

全て取り除くのは手間ではありますが、月齢の小さい子どもが食べてしまうと上手く飲み込めず窒息してしまう可能性もあります。

ですので、必ず取り除くようにしましょう。

 

必ずその子にあった形態や大きさで食べさせる

子どもの月齢、離乳食の進み具合など個々に食べられる範囲が違ってきます。

ですので、必ず自分の子にあった形態で食べさしてあげるようにしましょう。

 

食べさせる量に注意する

スイカは水分も多いですし、糖分もそれなりにあります。

食べさせすぎると下痢などしやすいですし、食べさせすぎには注意するようにしましょう。

完了期であっても1日あたり50g程度が目安なので、それ以下の量を適度に上げてくださいね。

 

初めての場合には、病院の空いている時間に食べさせる

先ほどのアレルギーとの関連の話しですが、初めて食べる場合には何が起こるか分かりません。

必ず病院の空いている時間に食べさせて何かあれば速やかに受診出来るようにしておきましょう。

 

スイカを使った離乳食おすすめレシピは?

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?

スイカを使った離乳食レシピを見ていきましょう。

離乳食初期編

シンプルにスイカペースト

材料:スイカ20g

①スイカの種を取り除く

②スプーンなどで潰して裏ごしする

③裏ごししたものを耐熱皿に入れてラップをかけて電子レンジへ

④600wで1分ほど加熱

⑤ラップを外して冷めたら完成

 

離乳食中期編

スイカ寒天ゼリー

材料→スイカ200g、水(スイカと合わせて250cc)、粉寒天:小さじ1

①スイカの種をとり、スプーンなどで潰す

②潰したスイカを濾して汁だけを取り出す。

③スイカと水を合わせて250cc作り、粉寒天ととに鍋に入れる

④火をつけてかき混ぜながら沸騰させて、沸騰したら弱火にして30秒ほど煮詰め火を止める

⑤小さめのタッパーなどの容器に液を流し入れて粗熱が取れるまでまつ

⑥粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫で冷して固まったら完成

 

離乳食後期~完了期編

スイカ蒸しパン

材料→すいか150g、小麦粉70g、ベーキングパウダー小さじ1、牛乳適量

①すいかを包丁を使ってみじん切りにする

②みじん切りにしたものとスイカの汁も全てボウルに入れる

③小麦粉とベーキングパウダーを振るいながら入れる

④ダマにならないようにしっかり混ぜる

⑤粉が残るようなら牛乳を少し入れて伸ばす

⑥耐熱皿や型などに生地を流し入れて電子レンジに入れる

⑦600wで2分ほど加熱する(加熱が足りない場合には10秒ずつ追加)

⑧食べやすい温度まで冷まして完成

スイカは何歳から食べていいの?離乳食ではそのままあげる?加熱すべき?のまとめ

スイカを子どもに食べさせて良い時期などご紹介しました。

・スイカは離乳食初期から与えて大丈夫

・初期から中期頃までは加熱してあげると安心

 

小さい子どもに与えるときの注意点

・アレルギー症状に注意

・種はしっかり取る

・必ずその子にあった形態や大きさで食べさせる

・初めての場合には、病院の空いている時間に食べさせる

 

離乳食にオススメレシピ

・初期→すいかペースト、中期→寒天ゼリー、後期~完了期→蒸しパン

すいかは離乳食初期から食べることができます。

子どもにとってはそのまま食べると少し食感がざらっとしているので食べにくいかもしれないですが、そういった時にはスイカの汁だけを使って料理すると喜んで食べてくれるかもしれません。

ぜひ今年の夏はスイカデビューをさせてみてはいかがでしょうか。

また、スイカの豆知識についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です