生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

生姜をすりおろす手間が省けて便利な物と言えば生姜チューブですよね。

好きな時に、好きな量を使えるので重宝しやすい調味料と言えるでしょう。

しかし、そんな便利な生姜チューブですが、頻度が少なければ期限などが気になるところかと思います。

そこで、今回は生姜チューブの賞味期限や正しい保存方法などご紹介していきます。

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

生姜チューブの賞味期限は、開封前と開封後では異なってきます。

それぞれの賞味期限についてお話していきましょう。

開封前の賞味期限

開封前の賞味期限は、6ヶ月~1年ほど日持ちします。

メーカーなどによって賞味期限の日数が違うので、必ずパッケージを確認してそれを目安にしてみてくださいね。

 

開封後の賞味期限

開封後の賞味期限は、1ヶ月程度です。

一度開封してしまうと、ぐっと期限が短くなってしまうので、早めに使い切りましょう。

ただし、開封後でももう少し持つ場合もあります。

それは、冷凍した場合です。

開封後冷凍すると、3ヶ月~6ヶ月程度持たせることが出来ます。

保存方法については後ほどお話していきますね。

賞味期限切れの生姜チューブはいつまで食べられる?

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限の切れてしまった生姜チューブですが、未開封であればすぐにダメになる可能性は少ないかもしれません。

そもそも、生姜自体は傷みにくい食材ですので、余程のことがなければ未開封であれば食べられるでしょう。

ただし、あくまで目安ですのでその時の状態にもよりますが、期限後2~3ヶ月、最大でも半年程度は大丈夫でしょう。

しかし、未開封でも風味などは落ちてしまったりしているので、少しでもおかしいと思ったりしたときには食べるのは止めて破棄するようにしてくださいね。

また、開封済みのものに関してですが、こちらはあまり食べないほうが良いでしょう。

というのも、開封してしまうと空気に触れる率が高くなってしまい酸化し変色が起こったり品質が低下してしまうからです。

さらに、以下でご紹介するような腐った状態に近づいている可能性が高いので開封したら出来るだけ早めに使い切るようにしましょう。

生姜チューブって腐るとどうなるの?

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

生姜チューブが腐ってしまうと、どのような状態が見られるでしょうか。

腐った生姜チューブの状態

・かびが生える

 

・色が変色して茶色から黒などになる

 

・悪臭がする

 

・カピカピになる

 

・変な色の水分が出てくる

などの状態が見られます。

期限が切れる前に起こる変色は腐ってる!?

生姜チューブを使っていると、まだ期限が来ていないのに茶色く変色してしまうということはありませんか?

この茶色に変色するのはよくあることなのですが、これはどういった意味を示しているのでしょうか。

実は、この変色は酸化によって起こっている症状です。

酸化してしまうと、色が変化するだけでなく味やニオイなども低下して最終的に傷んで食べられなくなってしまいます。

全体的に茶色くなって腐っているということなので、食べることなく破棄するようにしてくださいね。

 

生姜チューブの正しい保存方法は?

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

生姜チューブの正しい保存方法は、開封前と開封後では異なってくるので、それぞれの方法を見ていきましょう。

開封前の保存方法

開封前の保存は、常温保存でOKです。

ただし、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保存するようにしましょう。

 

開封後の保存方法

開封後の保存は、基本的には冷蔵保存です。

冷蔵保存する場合には、蓋をしっかりしめて保存するようにしましょう。

 

長く保存するなら冷凍もあり!?

先ほど賞味期限のところでも少しお話しましたが、実は生姜チューブは冷凍することが可能です。

冷凍することで冷蔵保存するより長く持つため、使い切れないまたは長く使いたいという場合には早めに冷凍するのがオススメです。

それでは、早速冷凍する方法を説明していきますね。

①ラップの上に1回分の量を絞る

 

②出来るだけ平らにならしてから空気をしっかり抜いて包む

 

③ラップで包んだものをジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

 

④金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

 

⑤急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

冷凍すると味などが心配という方もいますが、そこまで急激な変化はないので冷凍しても特に問題無く食べられるでしょう。

解凍方法

凍った生姜チューブを解凍するときには、使いたい数時間前に冷蔵庫へ移して自然解凍するようにしてください。

生姜チューブの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

生姜チューブの賞味期限などををご紹介しました。

・開封前の賞味期限は、6ヶ月~1年

・開封後の賞味期限は、1ヶ月

 

腐った生姜チューブの状態

・かびが生える

・色が変色して茶色から黒などになる

・悪臭がする

・カピカピになる

・変な色の水分が出てくる

 

・生姜チューブの保存は、開封前は常温、開封後は冷蔵

・長く保存したいときには、冷凍保存することも可能

 

生姜チューブは開封してしまうと期限が短くなってしまいますが、冷凍保存することも可能なので長く使いたいときには早めに保存すると最後まで便利に使えますよ。

方法などは是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

また、いろんな調味料の賞味期限についてはこちらに詳しくまとめているので、合わせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です