玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎの皮や皮を剥いたときに黒い斑点があることが結構あります。

単に汚れているだけのようなときもあれば、色が黒いからカビのような気もするし実際のところの正体はなんだろうと不思議に思いますよね。

斑点が少しだけなら取り除けば食べられそうな気もしますが、カビだとしたら口にするのは躊躇いますよね。

そこで、今回は玉ねぎに付着する黒い斑点の正体や対処法などご紹介していきます。

玉ねぎの黒い斑点の正体はカビ?

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎの皮や玉ねぎを剥いたときに黒い斑点のようなものや黒っぽいようなものがつくことがあります。

ただの汚れのように見えますが、実はこれはカビの一種です。

正体は黒カビなのですが、普段私たちが目にするような黒カビとはまた種類が違ってきます。

この玉ねぎに付着するカビは、玉ねぎの表皮に発生して玉ねぎの中の白い部分までにはほとんど侵食しません。

ですので、皮に発生したものがうっすら玉ねぎの外側に着くことがありますが、ほとんどの場合カビが付いていても玉ねぎ自体には何も問題はないと言うことが多いのです。

玉ねぎに発生するカビの種類は?

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎに生えてくるカビは大きく分けて3つの色に分けられてきます。

それぞれの色別のカビについて少しお話ししていきましょう。

黒カビ

先ほど上記でお話ししましたが、玉ねぎのカビで多いのがこの黒カビです。

この黒カビは、アスペルギルス・ニガーというカビです。

アスペルギルス・ニガーというカビは土壌中に生息するもので土壌に植わっている野菜などに発生しやすくなっています。

実際に玉ねぎも土の中で育っていくので黒カビによる被害を受けやすくなっています。

収穫した直後や貯蔵中など保存環境が良くないとカビが発生し私たちが購入して食べる時に目立つようなことが多くなるのです。

もちろん購入後、保存環境が悪くても簡単に発症してしまいます。

ちなみに、アスペルギルス・ニガーというカビによって玉ねぎにカビがよく生えるので別名『黒カビ病』とも呼ばれてます。

 

白カビ

玉ねぎに白カビが生えた場合には、フザリウム・オキシスポルムというカビが原因です。

この白カビも土壌に生息しているカビですが、黒カビとは発生場所が違ってきます。

白カビの場合には、根に生えて内部まで浸食してきます。

実際にタマネギ乾腐病(かんぷびょう)という伝染病として発生しています。

白カビは毒性が高く、加熱などしても死滅はしません。

それどころかどんどん浸食してくるので、食べることは出来ないので白カビが生えてしまったときには注意してくださいね。

 

青や緑のカビ

玉ねぎに青や緑っぽい色のカビが生えた場合には、ペニシリウムというカビが原因です。

このカビは玉ねぎ特有のものではないですが、みかんなどの柑橘系や食パンなどにも発生しやすいカビとなっています。

あまり頻度は少ないですが、玉ねぎに生えてしまったときには、食べることは出来ないので破棄してくださいね。

 

玉ねぎのカビは取り除いたり洗ったりすれば食べられる?

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎについてしまったカビですが、種類によっては取り除いたりすれば食べることが出来ます。

食べられるカビ・・・黒カビ

 

食べられないカビ・・白カビ・青や緑のカビ

先ほども上記でお話ししましたが、黒カビは弱毒性ですが、白や青カビは毒性が強く食べることは出来ません。

ですので、カビの色には注意するようにしてください。

ちなみに、黒カビも取り除けば食べることは可能ですが、黒カビも中まで浸食していて茶色っぽく変色したりブヨブヨしていたりした場合には取り除いても食べることは出来ません。

あくまでも皮や表面にうっすらついていて中まで黒いカビが繁殖していないということが条件です。

玉ねぎの表面に付いている黒いカビは大抵の場合水洗いをして軽く擦ると汚れが落ちます。

また、落ちない場合には、包丁などでその部分を大きめにカットすれば大丈夫なので、取り除いてから食べるようにしてくださいね。

玉ねぎのカビを防ぐ保存方法は?

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!

玉ねぎにカビが生えないようにするには、保存方法が大切になってきますので、是非覚えてみてくださいね。

①高温多湿を避けて風通しのよいところで保存する

玉ねぎに発生するカビも高温多湿の環境で起こります。

ですので、出来るだけ風通しのよい場所で保存することが望ましいとされています。

保存は基本的に常温保存です。

玉ねぎ同士が重ならないように間隔をあけたり、ネットなどに吊して保存するのも良いでしょう。

 

②新聞紙や乾燥剤を使って保存する

より良い保存をするなら新聞紙に包んだり乾燥剤を使用するのがオススメです。

新聞紙に包むことで湿気などから守ることが出来ますし、長く持たせたいならオススメです。

また新聞紙がない場合には、乾燥剤を入れておくだけでも違うので試してみてくださいね。

created by Rinker
新越化成工業
¥528 (2021/09/23 22:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

玉ねぎの黒い斑点はカビ?取れば食べられる?カビの種類や防ぐ方法も!のまとめ

玉ねぎに付着する黒い斑点の正体などご紹介しました。

・黒い斑点はカビである

・黒カビは、アスペルギルス・ニガーというカビ

・白カビは、フザリウム・オキシスポルムというカビ

・青や緑のカビは、ペニシリウムというカビ

 

・取り除けば食べられるカビ・・・黒カビ

・取り除いても食べられないカビ・・白カビ・青や緑のカビ

 

玉ねぎのカビを防ぐための保存方法

①高温多湿を避けて風通しのよいところで保存する

②新聞紙や乾燥剤を使って保存する

黒カビは割と高確率で発生しやすいカビなのですが、取り除けば食べることが出来ますので、正しく保存してカビの発生を抑えて、また発生しても広げないように工夫しておくと良いでしょう。

是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です