豆乳で手作り湯葉がうまくできない!分厚い湯葉の作り方や残った豆乳の使い道は?

豆乳で手作り湯葉がうまくできない!分厚い湯葉の作り方や残った豆乳の使い道は?

まろやかな味で、とろんとしていて、好きな人にとってはたまらない湯葉。

お店で食べるのはもちろんのこと、お家でも作って食べたくなりますよね。

でも、お家だと、なかなか思うようにいかなくて。

出来上がったら、あれ?  こんなんじゃなかったのに。。ってショックを受けることも。

どのように作ったら、美味しい湯葉が出来上がるのかって気になりますよね。

今回は、豆乳を使って湯葉を作るときに、どのようにしたら良いのか、失敗しないで作れるコツや、豆乳が余ってしまったときにどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたします。

コツを掴んでぜひ美味しい湯葉をお家で作っちゃいましょう!

豆乳で湯葉を手作りする方法は?

豆乳で湯葉を作るにはどのようにしたら良いのでしょうか?

湯葉の作り方

材料: 無調整の豆乳、 フライパン、保存容器

作り方

  1. 湯葉ができたら入れておく保存容器に豆乳を1cmぐらい入れて準備する。
  2. フライパンに無調整の豆乳を2から3cmぐらい入れます。
  3. 2を火にかけます。最初は中火でそのあと、弱火にします。
  4. 沸騰させないようにそのまま火にかけ、表面全体に膜が張るまでじっと我慢。
  5. お箸を使ってそっと湯葉を引き上げます。
  6. それを用意しておいた保存容器に入れます。
  7. 豆乳がなくなるまで繰り返して作ったら出来あがり。

無調整の豆乳を温めるだけ作ることができるので意外と簡単ですよ。

ホットプレートを使用して作る方法もあります。

その場合は、ホットプレートを80度の温度にして作ると良いですよ。

 

豆乳で湯葉を手作りするとき失敗しないコツは?

 

豆乳で湯葉を作るときのコツはこちら。

  • 豆乳を沸騰させすぎないようにする。
  • 膜が全体にはるまでじっと我慢しておく。
  • 湯葉を取り出すときに、周りをはしで剥がしながらゆっくり引き上げる。
  • 無調整の豆乳を使う。

ということに気をつけながら作ってみてくださいね。

膜が張ってきたかなというときにすくってしまうと、切れてしまったり、うまく引上げれなかったりするので、全体に膜がしっかりできるまでじっと我慢してくださいね。

沸騰させすぎてしまうと、豆乳が分離してしまうのでうまくいかなくなってしまいます。

豆乳は必ず無調整のもので純のものを使うようにしましょう。

ものによっては、大豆成分が少ないものもあるので、そうすると上手に湯葉ができなくなってしまうので気をつけてくださいね。

分厚い湯葉の作り方は?

豆乳で手作り湯葉がうまくできない!分厚い湯葉の作り方や残った豆乳の使い道は?

分厚い湯葉を作るためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

すくってみたら、すごく薄くて。食べた気がしないという経験をした方もいると思うのです。

分厚い湯葉を作りたいときは、豆乳の成分が重要です。

濃厚かつ、無調整の豆乳を選びましょう。

お豆腐が作れる豆乳などを使用して作ると分厚いしっかりとした湯葉を作ることができますよ。

豆乳を火にかけると、膜が張ってきます。

じっと待って、自分の好みの厚さになるまで引き上げないでください。

しっかり待つことで、厚みのある湯葉ができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

分厚い湯葉の作り方のコツ。

  • 濃厚な無調整豆乳を使うこと。
  • じっくり待つこと。
created by Rinker
マルサン
¥1,789 (2021/09/24 11:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

湯葉づくりで残った豆乳の使い道は?

豆乳で手作り湯葉がうまくできない!分厚い湯葉の作り方や残った豆乳の使い道は?

湯葉をひたすら作っても、どうしても豆乳が残ってしまうのですよね。

その豆乳をどうするべきかと、悩むところです。

この温めた豆乳もすごく栄養がありますよ。

イソブラボンが凝縮されているので体にとても良いのです。

豆乳リゾットの作り方

材料: 湯葉を作り終わった後の豆乳、冷やご飯、コンソメ、玉ねぎ、ベーコン、とろけるチーズ、塩コショウ

作り方

  1. 玉ねぎ、ベーコンを刻んで、600wのレンジで2分ぐらい加熱して火を通しておく。
  2. 湯葉を作り終わった後の豆乳に、冷やご飯コンソメを入れてグツグツ煮ておく。
  3. 2がどろっとしてきたら、その子に、火を通した玉ねぎとベーコンを入れます。
  4. 塩と胡椒で味を整えて、チーズをかけとろけたら出来上がり。

ホットプレートなどで湯葉を作っているときは、そのままそこでリゾットも作れるので良いですよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

豆乳で手作り湯葉がうまくできない!分厚い湯葉の作り方や残った豆乳の使い道は?のまとめ

豆乳で手作り湯葉を上手に作る方法や、コツ、分厚い湯葉の作り方など詳しくご紹介いたしました。

お家で湯葉を作るときのコツは

  • 無調整の豆乳を使う。
  • 沸騰させすぎないで弱火から中火でじっくり作る。
  • 膜が全体にはるまで我慢してまつ。

ということに注意すれば、誰でも簡単に美味しい湯葉ができますよ。

膜が張ってもじっくり待つことで、分厚い湯葉も作ることができます。

残った豆乳も捨てずに最後まで美味しくいただきましょう。

栄養たっぷり入っている豆乳で作る湯葉。

ぜひお家で作ってみてくださいね。

また、湯葉の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、参考にしてください。

>>湯葉の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です