うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

子供から大人まで誰もが好きなうどんとそうめん。

喉越しも良くてたまに食べたくなりませんか?

温かくしても冷たくしてもどちらも美味しいですよね。

さっぱり食べられるので食欲がないときもとても重宝する食材の1つです。

そんなうどんとそうめん、カロリーや糖質など気にしたことがありますか?

あまり気にしたことないという人も多いのではないでしょうか?

食べすぎるともしかしたら、太るということもあるかも!?

うどんとそうめんのカロリーや糖質などについて詳しくお伝えします。

もしかしたら、えっ!と驚くこともあるかもしれませんよ。

うどんとそうめんのカロリーの違いは?

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

うどんとそうめんのカロリーって気にしたことってありますか?

イメージ的にはどちらも低そうな感じがしますよね。

でも実際にどうなのでしょうか?

数値で見るとこうです。

茹でた状態で100g中のカロリーはこちら。

  • うどん 105kcal
  • そうめん 127kcal

あるのです。

めんの太さから言ったら、そうめんの方が細いので、カロリーは低いかと思っていましたが、実は、うどんよりそうめんの方がカロリーがあるのですって。

数値だけ見るとびっくりですよね。

ちなみに、茹でる前は

  • うどん 348kcal
  • そうめん 356kcal

になるのです。

でもどちらも基本の原材料が同じです。

小麦粉、お水、お塩しか使わないで作られています。

お素麺もうどんもほとんど脂質を含んでいないのです。

全て糖質からできていると言って良いほど。

おうどんとそうめんは太さも違うので、お素麺の方がうどんより細いのでそれだけ多くの量が入るのです。

だから必然と多少カロリーも高くなるというわけですね。

基本的にはどちらもそんなに変わりません。

うどんとそうめんの糖質の違いは?

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

それでは、糖質はどうなのでしょうか?

茹でた後の100g中含まれている糖質の量はこちら。

  • うどん 糖質21.6g
  • そうめん糖質25.8g

茹でる前では、100g中

  • うどん  69.5g
  • そうめん 70.2g

となっています。

どちらも材料は小麦粉とお水と塩からできているのです。

ほとんど糖質からできている麺なのです。

ちなみに手延べそうめんの場合は、糖質が67.1gになっています。

炭水化物なので、これだけしか食べないと、栄養のバランスが悪くなってしまいます。

うどんとそうめんはどちらが太りやすい?

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

うどんとおそうめんってどちらが太りやすいのでしょうか?

結論から言うと、どちらもほぼ同じです。

あえて言うなら、糖質がうどんより多いそうめんです。

両方とも炭水化物なのでうどんとそうめんだけ食べているとビタミンが不足してしまうのです。

体のエネルギーの効率も悪くなってしまうので、どうしても太りやすくなってしまうのです。

うどんとそうめんは太さの違いだけで小麦粉、お水、塩からできているので基本同じです。

おそうめんの方が太りやすいかもしれませんよ。

それは、スーッと入っていってしまうので、ちゃんとよく噛んで食べないこともあるかと思います。

そうなるとどんどん早食いになってしまい、消化も悪くなって、さらにどんどんたくさんの量を食べてしまう可能性があるのです。

結果的には量が多くなって太ってしまうと言うことになるのです。

炭水化物をエネルギーに変える時ってビタミンB1が必要なのです。

だから、炭水化物だけずっと食べると、エネルギーに変わらないで蓄積されてしまうのです。

おそうめんやおうどんを食べるときは、サラダやお肉、海藻類、ミネラルなど他のものも一緒にとると栄養バランスも良くなって良いですよ。

低カロリー低糖質の麺類は?

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?

低糖質の麺類ってどんなのがあるのでしょうか?

カロリーのことを考えて食べるときは、次のものがオススメです。

  • 春雨 脂質も低くて、食物繊維も豊富ですよ。歯ごたえもあって食べ応えもあります。
  • お蕎麦 お蕎麦だけでなく、トッピングに野菜やお肉などを加えると良いですよ。
  • 中華麺 意外と糖質が低いのです。中華麺を使うときは、野菜をたっぷり使うと良いですよ。
  • スパゲッティー ソースによってカロリーや油脂が変わってきますよ。

トッピングやソースによって、カロリーも変わってきます。

それぞれどの麺を選ぶにしても、できるだけお野菜やタンパク質、ミネラル、海藻類などを使うようにして作ってください。

栄養のバランスも良くなります。

低カロリーや程糖質の麺類には、始めから糖質0gの麺も売っていますよ。

例えば 紀文から平麺、丸麺、それぞれ糖質0gの麺を買うこともできます。

すでにトマトクリームとか、カレーうどんなどすでに味がついている糖質0gの麺もあります。

そう言うのも利用してみるのも良いかもしれません。

ただし、味付きの場合は、その味によってカロリーも変わってきます。

クリーム系を選んだときは、糖質が0gであってもカロリーが高くなったりするので注意してくださいね。

うどんとそうめんのカロリーや糖質の違いは?太るのはどっち?のまとめ

うどんとそうめんのカロリーや糖質についてお伝えしました。

どちらも原材料は小麦粉、お水、塩で同じ。

カロリーや糖質に関しては、若干うどんよりおそうめんの方が多いです。

太さにも関係してくるのですが、おそうめんの方が細いので喉越しも良くついつい食べ過ぎてしまうと言うこともありますよね。

その点、おうどんは太めなので、おそうめんほど食べなくても満腹感を得られるでしょう。

だからあえて言うなら、おうどんよりおそうめんを食べる方が太りやすいと言えます。

両方とも炭水化物。

これだけだと、栄養的にもバランスも悪く体の中に蓄積されてしまうだけになってしまうので、エネルギーに変えるためにも、野菜や海藻、お肉などと一緒に食べるようにしましょう。

バランスよく美味しく食べてくださいね。

また、うどんやそうめんの賞味期限や保存方法についてはこちらに詳しくまとめているのであわせて参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です