梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅昆布茶は、飲用しても調味料の一部として使っても美味しいですよね。

昆布の良い味の中に梅の酸っぱさや爽やかさがプラスされてほっと出来る味ですよね。

そんあ昆布茶ですが、粉末タイプで売られているものが多いですがどのように保存しておけば長く楽しめるかご存じでしょうか。

またお茶にももちろん賞味期限があるのですが、どのくらいもつでしょうか。

そこで、今回は梅昆布茶の賞味期限や正しい保存方法をご紹介していきます。

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅昆布茶の賞味期限ですが、開封前と開封後で違うのでそれぞれみていきましょう。

開封前の賞味期限

開封前の賞味期限は、約2年ほどとなっています。

ただし、年単位で日持ちする梅昆布茶ですが、保存方法がしっかりしていないと年単位では持ちません。

ですので、正しい場所で適切に保存する必要があるので、実践してみてくださいね。

またメーカーなどによって若干期限が異なることもあるので必ずお手元のパッケージを確認するようにしてくださいね。

開封後の賞味期限

開封後の賞味期限は、2~3ヶ月程度となっています。

ただし、開封してしまうと条件によっては直ぐにダメになってしまうこともあります。

基本的にお茶類はデリケートなので、開封したら出来るだけ早めに飲みきったほうが良いでしょう。

 

賞味期限切れの梅昆布茶はいつまで飲める?

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限が切れてしまった梅昆布茶ですが、実は直ぐにダメになるということは少ないでしょう。

というのも、もともと梅昆布茶は乾燥された状態で粉末状になっているものが多いです。

乾燥しているので水分がなく、また添加されているのは塩など腐りにくい食品なのでそう簡単にはダメにならないでしょう。

しかし、保存状態によってはその乾燥している状態も一変してしまうこともあります。

また時間が経過すると味が落ちてしまったり、風味が弱くなってしまったりすることもあります。

ですので、それらを踏まえた上で期限切れ後のものを扱うようにしてくださいね。

ちなみに、目安をお話しすると・・・

開封前のものは期限が切れてから半年以内

 

開封後のものは期限が切れてから1ヶ月程度

上記日数程度は大丈夫なことが多いでしょう。

もしも飲む場合には、しっかりと確認したうえで下記でご紹介する腐った状態に当てはまらないか探し、大丈夫と判断した場合には自己責任でおねがいします。

梅昆布茶って腐るとどうなるの?

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅昆布茶は比較的長持ちしますし、傷みにくい食材ですが、完全に腐るとどのような状態になるでしょうか。

腐ってしまった梅昆布茶の状態

・カビが生える

 

・色が茶色っぽく変色する

 

・変なニオイがする

 

・塊が出来て固く崩れない

 

・飲んでみると苦みや舌がピリピリ痺れる

などの状態が見られます。

特に梅昆布茶は、湿気に弱く時間が経ったり、保存があまいと粉末が固まってしまい湿気ってしまいます。

軽く湿気っている状態で塊が簡単に崩せるのなら、品質は落ちていますがまだ飲めることが多いです。

しかし、湿気の状態がヒドく塊が大きくかつ崩れないようなら劣化が進んでいるので飲まない方が良いでしょう。

また湿気ることによって乾燥状態の梅昆布茶に水分が加わってしまいカビが発生してしまいます。

カビてしまうと、黒くなったりフワフワしたものが付きます。

こういった場合には飲むことが出来ないので注意してくださいね。

梅昆布茶の正しい保存方法は?

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅昆布茶の正しい保存方法は、どのようにすれば良いでしょうか。

開封前の保存の仕方

開封前の梅昆布茶の保存は基本的に常温でOKです。

ただし、高温や湿気、光などが苦手なので出来るだけ涼しい場所で保存してください。

たまにシンク下やコンロ脇などで保存する方がいますが、こういった場所は湿気や温度が高くなるので絶対に置かないようにしてくださいね。

 

開封後の保存の仕方

開封後は実は冷暗所と冷蔵庫2パターンに分れます。

開封して使う頻度が思ったよりも少ない場合には冷蔵庫にいれて一定の温度で保存した方が良いのですが、もしも頻繁に使うようなときには冷暗所保存が良いのです。

というのも、先ほど何回か梅昆布茶は湿気に弱いとお話ししましたが、もしも冷蔵庫へ入れて置いて頻繁に出し入れする場合に、梅昆布茶に急な温度変化が起こってしまい、パッケージ内部で結露が発生してしまいそれが湿気やカビの原因になってしまうからです。

ですので、開封後の保存は使う頻度や長期的に保存するかどうかなどで判断すると良いでしょう。

どちらで保存するとしても、必ず口をしっかり閉じて必要に応じてジップロックなどに入れて二重保存したり、容器を移したりすると良いでしょう。

梅昆布茶の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

梅昆布茶の賞味期限などご紹介しました。

・開封前の賞味期限は、約2年

・開封後の賞味期限は、2~3ヶ月程度

 

腐ってしまった梅昆布茶の状態

・カビが生える

・色が茶色っぽく変色する

・変なニオイがする

・塊が出来て固く崩れない

・飲んでみると苦みや舌がピリピリ痺れる

 

・保存は開封前なら冷暗所、開封後は使う頻度に応じて冷暗所または冷蔵する

梅昆布茶は未開封なら年単位で持ちますが、開封後は空気に触れたりするのでグッと短くなります。

美味しく飲むためにも正しく保存して早めに飲みきってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です