梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!

さっぱりと甘さとその飲みやすさから人気の梅酒ですが、梅酒ってどのくらいの期間持つかご存じですか?

梅酒は腐りにくい、または腐らないなど何かしらの情報を耳にしたことがある方もいるかと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。

梅酒は市販のものもあれば、時期的にご家庭で作っている方もいるかと思うのでそれぞれ知っておきたいところですよね。

そこで今回は梅酒の賞味期限や正しい保存方法を市販品と手作り品に分けてお伝えしていこうと思います。

梅酒の賞味期限はどれくらい?

梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!

梅酒の賞味期限はどれくらいもつのでしょうか。

市販品と手作りそれぞれ見ていきましょう。

市販品の梅酒の賞味期限

未開封の場合

未開封の場合ですが、賞味期限の目安は大体2年ほどです。

実は、梅酒は糖分やアルコール糖度が高いので未開封であれば菌の繁殖なども極めて少ない、つまり腐りにくいということから法律上賞味期限の記載をしなくても良い事になっているのです。

ですので、実際にラベルなどを確認してもどこにも賞味期限が書いていないということがあり得るのです。

しかし、腐りにくいと言っても保存の仕方などもあるので、2年くらい経つと梅酒が熟成されていることによって段々と味や風味が変わってくる時期になるのです。

ですので、美味しく飲むのであれば2年以内がベストという訳なのです。

開封後の場合

開封後の賞味期限は未開封のものより短くなります。

紙パックのもの・・・6~10ヶ月

 

瓶入りのもの・・・1~2年

容器が違うだけで賞味期限が違ってきますが、紙パックの場合には、どうしても空気に触れてしまう頻度が高くなってしまい、劣化が早まってしまいます。

瓶の方がしっかり密閉できますし、構造上の話し空気の遮断が上手く出来るのでより長く持たせるのであれば瓶のものを購入すると良いでしょう。

 

手作りの梅酒の賞味期限

手作りの梅酒の賞味期限ですが、こちらも2年ほどが目安です。

ただし、正しい作り方で消毒などもしっかりしているのが前提です。

手作りの物も作り方を間違えてしまえば、2年より短い期間でダメになることもありますし、反対をいうと正しく出来て、管理もしっかりしていれば2年以上持つこともあります。

 

賞味期限切れの梅酒はいつまで飲める?

梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!

賞味期限の切れた梅酒ですが、実は切れて直ぐにダメになるということはありません。

先ほどお伝えした通り、梅酒は腐りにくいので余程のことがなければ賞味期限を過ぎても飲めることが多いです。

目安でお伝えすると・・・

市販品・未開封のものは期限切れ後・・1~2年

 

市販品・開封済みのものは期限切れ後・・紙パック半年、瓶1年

 

手作り品のものは期限切れ後・・・数年

このくらいは、期限が切れていても飲むことが出来るでしょう。

2年を過ぎると段々風味などは落ちますが、逆にコクやまろやかさが出て出来たてのころより美味しいという人もいるので、一概に期限を気にするという必要はないでしょう。

ただし、このあと説明するのですが、腐っている状態に当てはまるようなことがあったら飲むことは出来ないので、必ず状態を確認してくださいね。

梅酒って腐るとどうなるの?見極め方は?

梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!

梅酒は腐りにくいですが、腐らないという訳ではありません。

では、完全に腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐ってしまった梅酒の状態

・カビが生える

 

・梅酒の良いニオイではなく酸っぱさや強烈な悪習がする

 

・飲んだ時に酸っぱさや舌のしびれなどを感じる

などの状態が見られます。

パッと見分かりづらいこともありますが、分かりやすいものでいうとカビとニオイです。

カビが生えたりすると梅酒の中にフワフワしたものが浮いていたり沈殿したりしていますし、ニオイは強烈な酸っぱさを発します。

こんなときは大丈夫!

実は梅酒は長期的に保存していると色が濃くなったり、下層部が濁ったりすることがあります。

一見すると腐っているのかと勘違いしやすいですが、この状態はセーフです。

梅酒は熟成が進むと濃い茶褐色になっていきますし、濁りは、梅の成分が抽出されて出来た物なので腐っている訳ではありません。

味が変などなければ飲んでも大丈夫ですが、早めに飲みきる方が良いかもしれません。

梅酒の正しい保存方法は?

梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!

梅酒の正しい保存方法ですが、市販品と手作り品ではやや違うところもあるのでそれぞれ見ていきましょう。

市販品の梅酒の保存方法

未開封の場合

未開封のものは常温保存が出来ます。

ただし、直射日光を避けた風通しの良い場所です。

開封済みの場合

開封済みに梅酒に関しては容器の種類に関係なく冷蔵保存となります。

注ぎ口を清潔に保ちしっかりと蓋を閉めた状態で冷蔵庫へ入れるようにしてくださいね。

 

手作りの梅酒の保存方法

手作りの梅酒に関しては常温保存で大丈夫です。

ただし、こちらも直射日光を避けた風通しの良い冷暗所での保存が基本です。

手作りのものは市販品のものよりアルコール度数も高いものを使いますし、また冷蔵保存してしまうと上手く熟成が出来ないので、常温で置いておく必要があるのです。

梅酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?見極め方や保存方法も!のまとめ

梅酒の賞味期限などご紹介しました。

・市販の梅酒未開封の場合の賞味期限は2年

・市販の梅酒開封済みの場合の賞味期限は紙パックのもの6~10ヶ月、瓶入りのもの1~2年

・手作りの梅酒の賞味期限は2年ほど

 

腐ってしまった梅酒の状態

・カビが生える

・梅酒の良いニオイではなく酸っぱさや強烈な悪習がする

・飲んだ時に酸っぱさや舌のしびれなどを感じる

 

梅酒の正しい保存方法は、市販品の開封前は冷暗所、開封後は冷蔵、手作りは冷暗所で保存する

梅酒は市販のものも手作りの物もしっかり保存管理すると長く楽しむことが出来ます。

最後まで美味しく飲めるようにぜひ今回の記事を参考に保存してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です