鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!

土用の丑の日などもありますが、暑くなってくると鰻の蒲焼きを食べる機会も多くなりますよね。

スーパーなどでも簡単に購入出来るので、お店に行かなくてもご自宅で鰻丼など鰻をおいしく食べることが出来ますよ。

そんな鰻の蒲焼きですが、食べる当日に買うことが出来れば良いですが、そうではないときもありそんな時に気になるのが、賞味期限などですよね。

そこで、今回は鰻の蒲焼きの賞味期限や余ったときの保存方法などご紹介していきます。

また、うなぎチェーン店のおすすめはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

鰻の蒲焼きの賞味期限はどれくらい?

鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!

鰻の蒲焼きの賞味期限はどのくらいもつのでしょうか。

保存方法別にお話していきましょう。

常温保存の賞味期限

常温保存の場合ですが、こちらは真空パックなどの日持ちするものに限っては常温保存出来るものがあるでしょう。

普通にパックされているものに関しては常温は無理なので注意してくださいね。

ちなみに、真空パックなど常温出来るものの期限はそのメーカーなどによって違いますが、2週間~1ヶ月程度は持つでしょう。

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存した場合ですが、2~3日程度の日持ちになります。

ただし、真空パックなどのレトルトパウチのものは2週間~1ヶ月程度日持ちします。

売られ方によっても日にちが異なってくるので、必ず購入した物を確認するようにしてくださいね。

冷凍保存の賞味期限

冷凍保存した場合ですが、これはどんな鰻のパッケージの仕方でも1ヶ月程度の日持ちとなるでしょう。

ただし、冷凍庫の環境なども考えると冷凍してから2~3週間を目安に食べきるようにしましょう。

賞味期限切れの鰻の蒲焼きはいつまで食べられる?

鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!

賞味期限の切れてしまった鰻の蒲焼きですが、簡易的にトレイにラップで包装されてるようなものは、食べることは難しいでしょう。

というのも、そもそも冷蔵では2日~3日ほどしかもちませんし、時間が経つと魚独特の臭みやぬめりなどが出てきてしまいます。

ですので、期限切れに食べることは正直厳しいでしょう。

ただし、真空パックのもので明らかに最初の包装がしっかりとしている場合には、ある程度大丈夫なこともあります。

あくまでも目安ですが、数日から1週間程度は食べられるかもしれません。

しかし、食べるときにはしっかりと確認した上で自己責任でお願いします。

鰻の蒲焼きのって腐るとどうなるの?

鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!

鰻の蒲焼きが腐ってしまうとどのような状態になるでしょうか。

その特徴を見ていきましょう。

腐った鰻の蒲焼き

・全体にぬめりが出てくる

 

・ネバネバとした糸をひく

 

・生臭いニオイがする

 

・カビが生える

 

・変な色の水分が出てくる

 

・食べると酸っぱさや舌がピリピリと痺れる感じがする

などの状態が見られます。

鰻の蒲焼きの場合、焼いてありますが傷むと直ぐに分かるぐらいの変化が起こります。

特にニオイなどは独特ですので、見た目の変化もそうですが意外とニオイで分かるかと思います。

意外としっかり保存していても傷みが結構早いので、腐ってしまったものは絶対に口にすることのないようにしてくださいね。

また、うなぎのタレの継ぎ足しについてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

鰻の蒲焼きが余ったときの保存方法は?

鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!

鰻の蒲焼きが食べきれずに残ってしまうこともあるかと思います。

そんな時はどのように保存するのが良いでしょうか。

早速見ていきましょう。

保存ですが、結論的には冷蔵または冷凍での保存となります。

直ぐに食べる場合には冷蔵、少し時間が空くようなら早めに冷凍することをおすすめします。

冷蔵保存の仕方

①うなぎの蒲焼きをラップでしっかりと空気の入らないように包む

②ジップロックなどの密閉袋にいれてしっかり空気を抜き封をする

③冷蔵庫のチルド室に入れて完成

冷蔵保存する場合には、鰻の蒲焼きが乾燥しないようにしっかりとラップをすることが重要です。

 

また、ジップロックで二重にすることで、ニオイ移りやタレの汚れなどを防ぐ事につながります。

 

そしてチルド室に入れることで、より安定して保存することが出来るでしょう。

 

冷凍保存の仕方

①鰻の蒲焼きについているタレを流水で流し落とす

②キッチンペーパーなどを使いしっかり鰻の水分を拭き取る

③ラップで鰻の蒲焼きをしっかり包む

④ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

⑤金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑥急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

冷凍する場合には、タレを必ず流し落としましょう。

 

タレがついていると解凍して温める際に焦げてしまいやすく失敗する原因になるので手間ですが行うようにしてください。

 

ちなみにタレを落としても、味は少し弱いですが染みているのでそれなりに味はありますし、温めるときに新たにタレを用意してかけるととても美味しくなりますよ。

解凍方法

解凍方法は、自然解凍をオススメします。

食べる前日または半日ごろに冷蔵庫に移してゆっくり解凍するようにしましょう。

水分が出てくることがありますが、その場合はペーパーなどで拭き取ってくださいね。

 

温め方

温めるときには、オーブントースターを使うのがオススメです。

ふんわりして香ばしい焼き上がりになるかと思います。

我が家はいつもこの方法で温めています。

下記の方法は冷蔵のものを温めるときにも使えます。

①オーブントースターの網にアルミホイルを敷く

②鰻の皮を下にしてトースターに入れる

③鰻の上に料理酒を小さじ1~2程度かけて上からアルミホイルをふんわり被せる

④600wで5~7分ほどトースターにかける

⑤アルミホイルを外して鰻の蒲焼きのタレを鰻にかける

⑥アルミホイルはせずにそのまま1分程度温めて完成

※タレをかけたあとは焦げやすいので様子を見ながら温めてくださいね。

 

鰻の蒲焼きの賞味期限は?日持はどれくらい?余った時の保存方法も!のまとめ

鰻の蒲焼きの賞味期限などご紹介しました。

・常温保存は真空パックなどのものに限り出来て期限は1ヶ月程度

・冷蔵保存の賞味期限は2~3日

・冷凍保存の賞味期限は1ヶ月程度

 

腐った鰻の蒲焼き

・全体にぬめりが出てくる

・ネバネバとした糸をひく

・生臭いニオイがする

・カビが生える

・変な色の水分が出てくる

・食べると酸っぱさや舌がピリピリと痺れる感じがする

 

・鰻の蒲焼きが余ったら、冷蔵か冷凍保存をする

 

鰻の蒲焼きは真空パック以外のものは当日中に食べきるのが理想ですが、どうしても食べきれない場合には早めに冷凍保存など対応すると、鮮度を保ったまま保存することが出来るので是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

また、うなぎ丼やうな重の付け合わせにあう料理はこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です