うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

うなぎを食べる時に必ず必要なうなぎのタレ。

甘くて美味しいですよね。

このタレをかけるだけでも、ご飯がどんどん進んでしまうぐらいです。

子供の時、うなぎを食べるよりタレの方にひかれて、よく食べていた覚えがあります。

いくら美味しくても、1回では全て使いきれないこともありませんか?

保存する時に気になるのが賞味期限ですよね。

うなぎのタレの賞味期限がどのくらいなのか、どのように保存するのが良いのか、他の使い道があるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

また、うなぎの賞味期限についてはこちらにまとめています。

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

うなぎのタレの賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

うなぎについているタレだけだと、足らなくてエクストラでタレを買ってきたものの、全て使いきれなくてそのままということもあるのですよね。

残ってしまったものをずっと冷蔵庫に入れっぱなしだった〜。。という経験もありませんか?

市販のタレは、だいたい、3ヶ月ぐらいになっています。

12ヶ月というのもありますよ。

メーカーによっても多少違ったりもするので、買ってきたときによく確認しておくと良いでしょう。

手作りで作った場合は、保存料とか入っていないので1週間ぐらいが目安になってきます。

開封して使っているものはどちらにしても、早めに使い切るのが良いでしょう。

市販のものも手作りのものも、1週間以内には使い切ってしまうのが安全です。

しょうゆとみりん、砂糖だけで作ったうなぎのタレの場合は、上手に保存しておけば、2ヶ月から3ヶ月、さらにもっと長く保存が可能なのです。

中に入っている調味料でも変わってくるので注意しましょう。

うなぎのタレ

  • 市販のもの: 3ヶ月〜 12ヶ月というのもある。(中に入っている調味料によって変わってくる。)
  • 手作りのもの: 1週間前後
  • 開封ずみ: 1週間前後。なるべく早めに使い切る。

※ 市販のタレを開封した場合、目安は1週間ですが、タレの材料に醤油やみりん、酒以外の水分が入っていたら3日以内には使い切った方が良いそうですよ!

created by Rinker
うなぎのたれ
¥820 (2021/07/23 15:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

賞味期限切れのうなぎのタレはいつまで使える?

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

賞味期限が切れたうなぎのタレは使っても大丈夫なのでしょうか?

未開封のものなら、多少すぎても使うことは可能です。

もともとうなぎのタレは、傷みにくいのです。

でも、傷んでいる可能性もあるので、賞味期限がすぎたものを食べるときは、食べる前によく傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてくださいね。

ちょっとでも変な味がするとか、いつもと違う感じがしたら、使うのをやめて処分しましょう。

開封したものは、賞味期限内であってもなるべく早めに使い切ってくださいね。

ちなみに、うなぎのタレの継ぎ足しが腐らないのかどうかについてはこちらにまとめているので、参考にしてください。

うなぎのタレの正しい保存方法は?

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

うなぎのタレの保存方法はこちら。

未開封のものはそのまま冷蔵庫に入れて保存しましょう。

開封した場合は、瓶などに入っている場合は、しっかり蓋をしめて冷蔵庫で保存してください。

ジップロックなどにさらに入れてしっかり密封して保存するのも良いですよ。

手作りで作ったものは、煮沸消毒してある瓶に入れて保存しましょう。

3日一度火を入れて加熱しておくと良いですよ。

どちらの場合も、蓋の部分についたタレはしっかり拭き取ってから蓋をして保存してくださいね。

うなぎのタレが余った時の活用法は?

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!

うなぎのタレが余った時どのようにしていますか?

ご飯だけにひたすらかけて食べる以外にも実は色々活用できるのです。

  • さんまやイワシをタレを使って蒲焼に。
  • 豚丼。
  • 焼き鳥や鳥の照り焼き。
  • ハンバーグの照り焼き。
  • 野菜炒め。
  • 焼き椎茸。
  • 煮物の味付けに。
  • 卵にタレを混ぜて卵焼きを作る。
  • 煮卵を作る。
  • タレを混ぜておにぎりを作る。

など色々使えるのです。

甘辛なタレは意外となんでも合います。

新たな発見につながることもあるかもしれませんよ!

照り焼きや、蒲焼にするにはそのまま使うことができるので便利です。

さんまやイワシをひらいてから小麦粉をはたいて焼いた後、タレにつけておけば良いのです。

うなぎのタレって意外といろんなお料理に合うので、残った時にぜひ使ってみてくださいね。

うなぎのタレの賞味期限はどれくらい?保存方法は?余った時の活用法も!のまとめ

うなぎのタレの賞味期限がどのくらいなのか、保存方法をどのようにしたら良いのか、余った時に他にも活用できるのかなど詳しくご紹介いたしました。

うなぎのタレは、意外と長く日持ちします。

市販のは未開封で3ヶ月から12ヶ月ぐらいですよ。

メーカーによっても違うので、買ったら賞味期限をよく確認してみてくださいね。

手作りのものは、防腐剤など入っていないので、1週間ぐらいを目安にしておくと良いでしょう。

市販のものも、手作りのものも、どちらも冷蔵庫で保存してください。

開封したものは、なるべく早めに使い切るようにしてくださいね。

うなぎのタレは他にも色々なお料理に使えて便利です。

丼物や、他のお魚を使って蒲焼にしたり、照り焼きのタレとして使ったりと簡単に使うことができますよ。

ご飯もススムおかずが出来上がります。

うなぎのタレをそのまま冷蔵庫に眠らせておくのは勿体無いですよ。

ぜひ、他の料理に使って堪能してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です