ウニの黒い線は食べられる?新鮮なものの見分け方も大調査!

ウニは、高級品とも言われていますよね。

そんなウニを食べるとき、ふとこの黒い線は何だろうと疑問に思ったり、鮮度の良い物ってどんなものだろうと疑問に思う方もいることでしょう。

せっかく食べるなら美味しいウニを食べたいですよね。

そこで、今回はウニの黒い部分の正体や鮮度の良い物や悪い物の見分け方などご紹介していきます。

ウニの黒い線は何?食べても大丈夫なの?

ウニの黒い線は食べられる?新鮮なものの見分け方も大調査!

オレンジ色のウニをよく見てみると、なんやら黒い線のようなものが入っている場合がありますよね。

この黒いものは取り除いた方が良いのか、それとも食べても問題がないのか気になりますよね。

実は、結論からお話すると、ウニの黒い線は食べても特に問題はないので、取り除くことなく食べられます。

では、この黒いものの正体ですが、海苔や昆布といった海藻です。

 

ウニは、主食の一部として海藻を食べて成長します。

その食べた海藻が消化しきれず残ってしまった状態があの黒い線のようなものにつながるのです。

実際、ウニを採る漁師さんなどは、この海藻がついたままのウニを食べている人が多いようです。

なので、特に気にすることなく食べてもOKです。

 

ちなみに、大丈夫と聞いてもなんとなく気になるということもあるかもしれません。

その場合は、取り除いても良いのですが、結構この黒い線が広範囲なこともあって、全てを取り切る頃には、食べる部分が少なくなるまたは、ほとんどなくなってしまうなんてことも少なからずあるので、そこだけ注意してくださいね。

 

ウニが変色!食べない方が良いうにの見極め方は?

ウニの黒い線は食べられる?新鮮なものの見分け方も大調査!

海藻が付いていて黒っぽい線が見えるだけなら、変色とは言わないので食べても大丈夫なのですが、時間が経過したりすると鮮度が落ちてきて、色がくすんできたり全体的に黒や茶色に変色してきてしまいます。

ウニが変色してきたらもちろん食べるのは控えるようにしてくださいね。

また、変色の他にも食べない方が良いウニの見極め方があるのでそちらも合わせてご紹介していきますね。

食べない方が良いウニ

・鼻をつくような悪臭がする

 

・ウニ全体が乾燥していて固くなる

 

・ウニがグジャっとしていて形が変形している

 

・糸を引く

 

・カビが生える

などの症状が1つでも当てはまった場合には、ウニが傷んできていて食べないほうが良いものなので、注意するようにしてくださいね。

新鮮なうにの見分け方は?

ウニの黒い線は食べられる?新鮮なものの見分け方も大調査!

せっかく食べるなら美味しくて新鮮なものを選びたいですよね。

ウニは、殻付きのものと実がパッケージされたものが売っていますので、それぞれの見分け方を簡単にですがお伝えしていきます。

殻付きのウニの見分け方

・ウニのトゲが動いているもの

 

・ウニの口の部分がギュッと閉じている物

 

・ウニを持ったときにずっしり重みがあるもの

などが、殻付きのウニを見つける方法です。

 

殻付きのウニは、なかなか鮮度を見分けるのが難しいですが、上記のような特徴を持っているウニは多くの場合鮮度が良いとされいます。

 

パッケージされているもの

殻が剥かれて、実だけになっているものでは、板にのっているものと塩水漬けにされて瓶詰めにされたものの2種類があります。

板ウニの見分け方

・ウニの粒がしっかり肉眼で見える

 

・ウニの形がふっくらしている

 

・ウニの実がツヤっとしている

 

・磯の良いニオイがする

などが新鮮な板ウニを見つける方法です。

 

色などでも判断出来そうですが、実は板ウニの場合には、ミョウバンで実を締めています。

ミョウバンを使う事で、防腐剤の役割を果たし、色や実崩れなどをを防止する効果がでます。

鮮やかなオレンジは鮮度が良く見えますが、多少日が経っていても、ミョウバンの効果もあるので、鮮度をみる場合では、あまり色での判断はしないようにしましょう。

 

塩水につけられたウニの見分け方

・ウニをつけている塩水に濁りがない

 

・ウニの実の形がしっかりしているもの

 

・製造年月日の日が浅いもの

などが、塩水につけられたウニを見つける方法です。

 

塩水でつけられている物は、なかなか鮮度が見づらいのですが、鮮度が落ちてくると塩水が濁ってきたり、実が溶けてしまうことがあるので、1番は、塩水の色に注目すると良いでしょう。

 

ウニの黒い線は食べられる?新鮮なものの見分け方も大調査!のまとめ

ウニについて色々とご紹介してきました。

・ウニの黒い線は、海苔や昆布などの海藻類なので食べても大丈夫

 

食べない方が良いウニ

・色が全体的に茶色や黒っぽくなる

・鼻をつくような悪臭がする

・ウニ全体が乾燥していて固くなる

・ウニがグジャっとしていて形が変形している

・糸を引く

・カビが生える

 

殻付きのウニの見分け方

・ウニのトゲが動いているもの

・ウニの口の部分がギュッと閉じている物

・ウニを持ったときにずっしり重みがあるもの

 

板ウニの見分け方

・ウニの粒がしっかり肉眼で見える

・ウニの形がふっくらしている

・ウニの実がツヤっとしている

・磯の良いニオイがする

 

塩水につけられたウニの見分け方

・ウニをつけている塩水に濁りがない

・ウニの実の形がしっかりしているもの

・製造年月日の日が浅いもの

 

ウニは比較的鮮度も落ちやすく、鮮度を見分けるのは、慣れていないとなかなか難しいようですが、ここでご紹介したことを生かしていただいて是非美味しいウニを召し上がってみてくださいね。

また、うにの賞味期限や保存方法、カロリーや糖質についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です