瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

瓜と冬瓜って知っていますか?

一瞬見たらどっちがうりでどっちが冬瓜!?って迷ってしまいまそうですよね。

どちらも瓜科の野菜で夏が旬なのです。

瓜と冬瓜ってどう違うのか、どのように見分けたら良いのかなど、詳しくご紹介いたします。

瓜とは?

瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

瓜ってどんな野菜なのでしょうか?

ウリ科のきゅうり属に分類されるもので、白瓜やハヤトウリを示していることが多いのです。

もともと中国やインドで栽培されていたのですが、縄文時代の時に日本に入ってきたと言われています。

食べられるようになったのは江戸時代からとか。

瓜って漢字は中国の漢字を使っているのです。

90%が水分でできているのです。

夏の時期が旬でお漬物や煮込み料理に使ったりします。

食感がシャキシャキしていて、美味しいですよ。

生のままお漬物にしても食べることができます。

味はあっさり淡白な味なのです。

もともと緑色の皮をしているのですが、熟れてくると白くなってくるのです。

瓜って暖かい地域で栽培されるのが適しているので、日本だと沖縄とか愛知県が生産の大部分を占めているそうですよ。

美味しくて新鮮な瓜はとてもずっしりしています。

できるだけ重いもので皮が白くなっていないものを選んで買ってくるようにしましょう。

瓜はたくさんカリウムが含まれていますよ。

冬瓜とは?

瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

冬瓜はウリ科のとうがん属の植物なのです。

かぼちゃやスイカなどの仲間なんです。

瓜と同じで、95%水分でできているのです。

サイズもとても大きくて形も楕円のものや丸いものなどいろいろあるのです。

冬瓜はインドが原産国で日本には5世紀に入ってきたと言われているのです。

低カロリーでみずみずしくてさっぱりしています。

煮物にしたり、スープにしたりするととても美味しいのです。

冬瓜と書いてありますが、このお野菜も夏が旬なのです。

長く日持ちする野菜として、冬まで持つとされていたから、冬瓜と名付けられたそうですよ。

瓜と同じくカリウムをたくさん含んでいて、体内調整にとてもやくに立つ野菜なのです。

緑色の皮が、熟れてくると、皮の表面に白色の粉が出てくるのです。

冬瓜は生では食べず、必ず調理してから食べるのが一般的です。

瓜のおいしい食べ方やおすすめのレシピは?

瓜の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法は?

瓜をどのように食べると美味しいのでしょうか?

オススメのレシピをご紹介します。

瓜の漬物

材料: 瓜1個、生姜少々、大葉5枚、鷹の爪、塩こぶ大さじ1、塩、寿司酢少々

作り方

  1. 瓜を半分に割って中のタネを取り除く
  2. 5mmぐらいのあつさに切って塩をふってもみ、10分ぐらいそのままにしておく。
  3. お水が出てしんなりしてきたら、軽く絞ってジップロックに入れます。
  4. 生姜の千切りと大葉の千切りも3の中に加えます。
  5. 鷹の爪、塩こぶ、寿司酢を4の中に入れて空気を抜いて密封します。
  6. 軽くもんで平らにし、数時間冷蔵庫に入れてそのままおいておいたら、出来上がり。

さっぱり食べることができ、シャキシャキした食感もとても良いですよ。

お酢は好みで入れてみてくださいね。

ご飯がすすみますよ。

瓜の炒め物

材料: 白瓜1本、お酒大さじ1、醤油大さじ3、お酢大さじ1、唐辛子少々、ごま油、白ゴマ

作り方

  1. 白瓜を縦に半分に切って、タネを取り出します。
  2. 両はしを落として、食べやすい大きさにスライスします。
  3. お酢、お酒、お醤油、を混ぜておく。
  4. フライパンにごま油をひいて、赤唐辛子をさっと炒めてから、白瓜を入れて炒めます。
  5. 焼き色がついてしんなりしたら、3のタレを入れてさっと炒め合わせます。
  6. 器によそってから白ごまをふったら出来上がり。

炒めても美味しいですよ。

柔らかな瓜を食べることができます。

味もよくしみてくれるので、ご飯がすすみます。

辛いのが嫌な場合は、唐辛子を入れるのをやめてくださいね。

冬瓜のおいしい食べ方やおすすめのレシピは?

瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

冬瓜の美味しい食べ方はこちら。

冬瓜のあんかけ

材料: 冬瓜半分から1個、鶏ひき肉100g、お水400ml、醤油大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2、水溶き片栗粉、ごま油

作り方

  1. 冬瓜を半分に切って、タネとワタを取り除いてから、皮をむいてください。
  2. 食べやすい大きさに冬瓜を切ります。
  3. 鍋にお水を入れて沸騰したら、3分ぐらい冬瓜を入れてさっと煮ます。
  4. 煮たらすぐに取り出しておく。
  5. フライパンにごま油を入れて鶏ひき肉を炒めます。
  6. お鍋にお水、醤油、みりん、酒を入れて煮立たせ、その中に冬瓜と鶏ひき肉を入れて落し蓋をして弱火で煮ます。
  7. 冬瓜に竹串がすーっと刺さったら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら出来上がり。

さっぱりと食べれるし、夏バテにもとても良いお料理です。

冬瓜がトロトロして、味もよくしみて美味しいですよ。

私も好きでよく作ります。

瓜と冬瓜ってどう違うの?食べ方のおすすめや簡単レシピは?

瓜と冬瓜の違いについてお伝えしました。

瓜はウリ科のきゅうり属、冬瓜はウリ科のとうがん属の野菜なのです。

どちらもほとんど水分でできています。

瓜は生で食べることもできる野菜で、お漬物にしたりすることもありますよ。

冬瓜は生で食べず、煮たり焼いたりと調理して食べることがほとんどです。

どちらも夏が旬の野菜。

あっさり食べられるのでとても良いですよ。

カリウムもたくさん含まれているので、体の中を整えるのにもとてもやくにたつ野菜です。

美味しい瓜や冬瓜を食べて暑い夏を乗り越えてくださいね。

瓜や冬瓜の賞味期限や保存方法については、こちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です