湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

食べるとポカポカ体があったまって、ほっとできる湯豆腐。

特に寒い時期によく食べるのですが、美味しいですよね。

冷奴ももちろん美味しいですが、温かいお豆腐もまたなんとも言えないぐらい後を引きませんか?

さっぱり食べられるし、疲れている時なんかも大活躍してくれます。

そんな湯豆腐、ついつい作りすぎてしまったなんてことも。

残った後って賞味期限が気になりますよね。

湯豆腐の賞味期限がどのくらいなのか、いつまで食べても大丈夫なのか、など詳しくご紹介いたします。

困った時に参考にしてみてくださいね。

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?

 

湯豆腐の賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

湯豆腐に使う豆腐の種類によっても変わってくると思います。

豆腐は本来、3日から5日、長くて10日ぐらいしか賞味期限がありません。

中には、消費期限となっているものも。

たまに保存できるタイプとして2ヶ月大丈夫というのもありますよ。

でも、どれも未開封の時に有効な日数なので、開封した時点で変わってくるでしょう。

熱殺菌された豆腐の場合、10日と長く日持ちはするのですが、パックに入っているお豆腐のお水が黄色濁って売っていますよ。

湯豆腐を作ったら当日から次の日までに食べ切る方が安全です。

遅くとも3日以内には食べ切ってくださいね。

加熱しているとは言え、時間がたつにつれて味も風味も落ちてしまい美味しくなくなってしまいますよ。

私も作った次の日に食べたことがあるのですが、その時点でもできたてに比べて味が落ちてきていました。

新鮮なお豆腐を使ったにもかかわらずです。

やっぱり作りたてが1番ですよ。

 

通販で温泉湯豆腐セットというのも買うことができるとか。

こちらの商品の場合は、製造日含めて消費期限5日となっています。

 

 

湯豆腐の賞味期限

  • 自分で作るもの:  作ってから2日以内。遅くとも3日まで。(様子を見ながら)
  • 市販のもの: 消費期限5日。(メーカーにもよる。)

 

賞味期限切れの湯豆腐はいつまで食べられる?

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限が切れた湯豆腐っていつまで食べても大丈夫でしょうか?

もともとお豆腐は賞味期限が記載されているものがほとんどなので多少すぎたとしても食べられます。

すぐに傷むことはありません。

ただし、空気に触れる機会が多くなるので目に見えない細菌は発生している可能性は大でしょう。

何度も加熱して食べると、だんだん味や風味も落ちてくるので、美味しさは半減してしまいます。

賞味期限が過ぎた湯豆腐を食べられないことはないですが、あまりオススメはしません。

どうしても、賞味期限が過ぎたものを食べるときは、必ず食べる前に傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてくださいね。

豆腐の賞味期限にも左右されますよ。

新しいものを使って作ったなら、多少日持ちする期間も伸びる可能性はあります。

でもちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて処分しましょう。

ネットでは、このような意見もありましたよ。

 

 

湯豆腐って腐るとどうなるの?

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

湯豆腐が腐ると次のようになりますよ。

  • 酸っぱい味がする。
  • 粘りが出ている。
  • 変なニオイがしている。
  • お豆腐の入っているお水がすごく濁っている。
  • 糸を引いている。
  • カビが生えている。
  • 変色している。
  • 食べた時に舌がヒリヒリする。

というような感じになっていたら食べるのをやめて処分してくださいね。

賞味期限が過ぎたものは、見た目が変ではなくても傷んでいるということもあるので、気をつけましょう。

湯豆腐が余ったときの保存方法は?

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

湯豆腐が余った時の保存方法はこちら。

お湯で湯がいたお豆腐をタッパーなどの密封できる容器にお水と一緒に入れて、冷ましてから冷蔵庫へ。

湯がいていたお湯とは別のお水を用意してくださいね。

食べるときはお水を捨て新しいお水にはなし、再度また温めてから食べてください。

お出汁などあらかじめ入れて作った湯豆腐の場合、そのままお汁と一緒にタッパーなどの容器に入れて保存すると良いですよ。

でも、できるだけ早めに食べ切るようにしてくださいね。

必ず粗熱を取ってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

湯豆腐の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

湯豆腐の賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどうなるのか、保存方法も含めご紹介いたしました。

湯豆腐は、使うお豆腐の新鮮さによって賞味期限も左右されてきます。

市販で売っている湯豆腐のセットなら消費期限となり製造から5日。と記載されているものが多いですよ。

時間が経つにつれて風味も味も劣化していってしまいます。

でも、できだけ美味しいうちに食べ切る方が良いでしょう。

作った日から遅くとも3日以内までには食べてくださいね。

賞味期限が過ぎたものを食べるときは、食べる前にしっかり傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてください。

ちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて処分しましょう。

美味しい湯豆腐、あまり日持ちするものではありません。

作ったら美味しいうちになるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です