ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?

下味冷凍をしたり、カット野菜を保存したり、と、活躍の幅が広いジップロック。

耐久性が高く、密閉性にも安心感があるため、使っているという方が多いのではないでしょうか?

下味冷凍をした料理をそのままレンジ加熱できたら…湯煎にかけられたら…なんて考えたりしますが、破裂などが怖くてなかなかできていないのが現状。

そこで、ジップロックの耐熱性について調べてみました^^

 

※この記事ではジップロックの袋タイプについてご紹介しています!

容器のタイプについてはこちらをご覧くださいね^^

ジップロックの耐熱は一体どれくらいなの?

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?【出典】Asahi  KASEI ziploc

ジップロックは、袋タイプ・容器のタイプなど、様々な商品が旭化成から発売されています。

中でも袋タイプは数種類に分かれていることをご存知でしたか?

シリーズによって耐熱温度・特徴も少し違うようですので、下の表にまとめてみました!

商品名 特徴 耐熱温度
フリーザーバッグ ・厚手素材

・冷凍、レンジ解凍可能

・密封ジッパーで液体ものも安心

約100℃
イージージッパー ・ジップ部分にスライド式のつまみがあり開閉が楽

・冷凍、レンジ解凍可能

スタンディングバッグ ・約8.8cmのマチ付きで袋が自立

・冷凍、レンジ解凍可能

・口が広い

ストックバッグ ・冷蔵、常温保存用

・密封ジッパーで液体ものも安心

約80℃
お手軽バッグ ・小さいものの収納に適している
Q、「ジップロック®」のバッグシリーズの耐熱温度は何度ですか。

 

A、「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」の耐熱温度は約100℃です。

「イージージッパー」の耐熱温度は約80℃です。

【出典】Asahi KASEI Q&A

ジップロックの耐熱を検証!湯煎の場合は?

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?【出典】Asahi  KASEI ziploc

ジップロック袋タイプは、コンテナタイプに比べて耐熱温度が低くなっています。

旭化成のホームページQ&Aによると、火をつけたままの湯煎は不可と回答されていました。

Q、「ジップロック®」のバッグシリーズは湯煎に使えますか。

 

A、鍋に火をかけた状態での湯煎には使用しないでください。鍋肌に触れた部分が耐熱温度を超える可能性があります。

【出典】Asahi KASEI Q&A

湯煎にかけたい場合、まず鍋の底に布巾などを敷き、ジップロックの袋を入れたときに直接鍋底につかないようにします。

その状態で沸騰直前まで湯を沸かし、火を必ず止めてからジップロックを浸しましょう

ちなみにジップロックは「密閉」と記載はありますが、「完全防水」ではありませんので、水が入り込む可能性はあります。

その点にも注意が必要ですね。

ジップロックの耐熱は?炊飯器での調理はOK?

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?

ジップロック×炊飯器と検索すると、レシピが結構たくさん出てきます。

炊飯器の保温モードを利用した低温調理ができます^^

炊飯器の保温モードは約70℃。庫内が70℃なので釜はもう少し熱くなるのですが、ジップロックが溶け出す約100℃までにはなりません。

炊飯モードにしてしまうと耐熱温度を超えてしまいますのでNGです。

よって、炊飯器は保温モードであればジップロックごとの調理が可能です!♪

 

ただし注意点が一つ。

食中毒などを引き起こす菌などを死滅させるために、食品衛生法で示されているのは「中心温度75℃1分以上」の加熱が必要ということ。

先ほど申し上げた通り炊飯器の保温モードは70℃ですので、中心温度が75℃以上となるには、かなり長時間の過熱が必要です。

食材の分厚さ、調理開始時の食材の温度などによっても過熱時間は変わりますので、心配な方は過熱後に中心温度を測るようにしましょうね!

Amazoなどで安価で購入できますので、おすすめです。

created by Rinker
タニタ(Tanita)
¥1,713 (2021/09/26 17:25:51時点 Amazon調べ-詳細)

ジップロックの耐熱!レンジでチンは大丈夫?

created by Rinker
ジップロック
¥600 (2021/09/26 15:47:17時点 Amazon調べ-詳細)

ジップロックは、残念ながらレンジで加熱はできません

「フリーザーバッグ」「イージージッパー」「スタンディングバッグ」は耐熱温度が約100℃でレンジ解凍までは可能ですが、

レンジで加熱をする場合、熱が直接当たる箇所などは100℃以上になる場合がありますので不可能です。

created by Rinker
ジップロック
¥362 (2021/09/26 17:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

「保存後、レンジで加熱して食べたい」という想定の場合は、ジップロックコンテナを使って保存すると良いですよ^^

こちらは耐熱温度が約140℃で、レンジ加熱可能な商品です!

【参考】Asahi KASEIーziploc コンテナー

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?のまとめ

ジップロックの耐熱はどれくらい?湯煎・レンジ・炊飯器での調理は可能?【出典】Asahi  KASEI ziploc

いかがでしたでしょうか?

ジップロックは商品がかなり豊富なだけに、用途・目的に合わせた商品をきちんと選ぶ必要があります。

ここでご紹介したジップロック袋タイプは保存には手軽でとても向いています!

しかしレンジ加熱をしたい場合などは向きませんので、コンテナタイプなども併せて使うと良さそうです^^

まとめ

 

・ジップロックバッグの耐熱温度は約80〜100℃

・湯煎にかけるときは鍋底に布巾を敷き、火を止めてからジップロックを入れる

・レンジ加熱はNG

・レンジ解凍までは可能

・炊飯器利用は、保温モードならOK

ぜひご参考になさってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です